ISO感度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ISO感度(アイエスオーかんど、イソかんど、ISO speed )は、国際標準化機構(ISO)で策定された写真フィルムの規格であり、あるフィルムがどの程度弱い光まで記録できるかを示す。従来のASA感度とDIN感度をまとめて記したものである。

概要[編集]

ISO感度は、ISO100/21°、ISO200/24°、ISO400/27°、ISO800/30°…などがある。一段高い感度を使用すると、シャッタースピードを1段速くするか絞りを1段絞っても適正露出を得ることが出来る。例を挙げて言うと、ISO200/24°は光を受け取る能力がISO100/21°の2倍あるためISO100/21°の半分の強さの光まで記録することが可能である。

高感度になるほど数値が大きくなり、感光度が増すため、暗い場面や高速の被写体をより速いシャッタースピードで撮影することができる。ただし、一般にはフィルムの粒子がより粗くなるため、画質を求める場合には低感度のフィルムが使用されることが多い。

フィルム感度の規格[編集]

現行のISO感度規格[編集]

ISO感度の現行の規格としては、カラーネガフィルムのための ISO 5800:1987[1] がある。また、関連する規格としてモノクロネガフィルムのための ISO 6:1993[2] およびカラーリバーサルフィルムのための ISO 2240:2003[3] がある。これらの規格では算術表記(従来のASA感度)と対数表記(従来のDIN感度)の両方を表示するよう定められている [4]

フィルム感度が2倍になるごとに算術表記の数値は2倍となり、対数表記の数値は 3° 増える。例えば、感度が ISO 200/24° のフィルムは光に対して ISO 100/21° のフィルムの2倍敏感である[4]

多くの場合は対数表記は省略され、例えば "ISO 100” のように算術表記のみが記される[5]

表記の変換[編集]

対数表記 S° を算術表記 S に変換するには

S = 10^{\left( {S^\circ - 1} \right)/10}

という式を使い[6]、次節の表を用いて最も近い値の標準的感度に丸める。

同様に、算術表記を対数表記に変換するには

S^\circ = 10 \log_{10} S + 1

という式を使い、四捨五入して整数にする。

表記の対応表[編集]

種々のフィルム感度の表記を下記の表に示した。ただしそれぞれの測定方法が異なるので目安になるに過ぎない[7]

ISO 算術表記
(ASA感度)
ISO 対数
(DIN感度)
米シャイナー 独シャイナー ウェストン ゼネラルエレクトリック GOST (en)
(旧ソ連、1987年以前)
フィルム銘柄の例
6 最初のコダクローム
8 10°
10 11° 16[7] 22[7] 8[7] 12[7] コダクローム8mmフィルム
12 12° 11 ゲヴァカラー8mmリバーサルフィルム
16 13° 11 アグフアカラー8mmリバーサルフィルム
20 14° 19[7] 25[7] 16[7] 24[7] 16 アドックスCMS20
25 15° 22 古いアグフアカラー、コダクローム25
32 16° 21[7] 27[7] 24[7] 40[7] 22 パナトミックX
40 17° 32 コダクローム40
50 18° 23[7] 29[7] 40[7] 64[7] 45 フジRVP
64 19° 45 コダクローム64、エクタクロームX
80 20° 65 イルフォ−ドコマーシャルオルソ
100 21° 26[7] 32[7] 80[7] 125[7] 90 コダカラーゴールド、プロビア
125 22° 90 イルフォードFP4+、プラスX
160 23° 130 フジカラープロ160C/S、ハイスピードエクタクローム
200 24° 29[7] 35[7] 160[7] 250[7] 180 フジカラースーペリア200
250 25° 180
320 26° 250
400 27° 32[7] 38[7] 320[7] 500[7] 350 Tマックス、トライX、イルフォードHP5+
500 28° 350
640 29° 560 ポラロイド600
800 30° 700
1000 31° 700 P3200Tマックス、イルフォードデルタ3200
1250 32°
1600 33° 1400–1440 フジカラー1600
2000 34°
2500 35°
3200 36° 2800–2880
4000 37°
5000 38°
6400 39°

デジタルカメラ[編集]

デジタルカメラにおいては、CCDイメージセンサなどの固体撮像素子の感度をISO100「相当」などと表現することがある。フィルム同様高感度になるほど暗い場所での撮影がより速いシャッター速度で可能になるが、ノイズが多くなり、フイルムでいう粒状性の荒れとほとんど同様の事態が生じる。そのため撮影感度の選択もフイルムの場合と同様に被写体条件などによって選択するのが好ましい。

基本的に低感度設定にする程画質は向上すると考えてよいが、デジタルの場合は素子の設計により、低感度過ぎても逆に画質が悪化することがある(ノイズは低減される反面、ハイライト部やシャドー部の白飛びや黒つぶれが出やすくなったり、発色やコントラストがどぎつい傾向になる場合が多い)。そのためニコンのデジタル一眼レフなどでは常用感度を200以上とし、それ以下をどうしても低感度撮影を必要とする場合の減感扱いとしている。デジタル化が一般化した現在では画質重視の場合は推奨感度での撮影が多くなり、明るい条件で低シャッター速度や開放絞りが表現意図上必要な場合ぐらいしか低感度撮影の必要性はなくなっている。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『クラシックカメラ専科No.2、名機105の使い方』朝日ソノラマ

関連項目[編集]