ミラーレス一眼カメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界初のミラーレス一眼カメラ
パナソニック・ルミックスDMC-G1

ミラーレス一眼カメラ(ミラーレスいちがんカメラ)とはデジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダー液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称である。

ミラーレス一眼の呼称は、従来の一眼レフカメラと比較して、撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに導くための反射ミラーが存在しないことに由来する。ミラーレス式カメラミラーレス機などとも称される。市場では画質・表現力が同等のデジタル一眼レフカメラとひとくくりに分類され、デジタル一眼カメラもしくはレンズ交換式カメラという表現を用いるメーカーや販売店、価格比較サイトも見られる。

メーカーによっては「ミラーレスと呼んで欲しくない」とするメーカー[1]や、独自の名称を使用しているメーカーも存在している[2]

CIPAは統計上の呼称として「ノンレフレックス」を使用する[3]が、これにはミラーレス一眼の他に、コンパクトシステムカメラ、レンズ交換式レンジファインダーカメラ、カメラユニット交換式カメラなどが含まれた総称となるので注意が必要である。

概要[編集]

厳密な定義はないが、2013年現在では「レンズ交換が可能なデジタル一眼レフカメラから、光学式ファインダー(レフレックスファインダー)に関係する構造を除くことで小型軽量化を図ったもの」と認知されている[4][5]。光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーを内蔵したもの、液晶ディスプレイをファインダーとして使用するもの、電子ビューファインダーが着脱可能なものなどが存在する。イメージセンサーは、コンパクトデジタルカメラと同サイズの1/2.3型から、4/3型(フォーサーズ)サイズ、APS-Cサイズなど、メーカーによってさまざまなサイズのセンサーを用いたカメラが販売されている。構造的には「レンズ交換を可能にしたコンパクトデジタルカメラ」と考えることもできる。

そもそも一眼レフカメラとは撮影画像とファインダー画像を一致させるために発明されたものであり、撮影用レンズを通った光をフィルムの手前に置いたミラーで反射させ、その光を光学式ファインダーに導くことで実現した。この機構はフィルムカメラ時代には複雑高価であったが、デジタルカメラにおいてはイメージセンサーで捉えた画像を電子式ファインダーに表示するだけで同じことを簡単に実現できる。このため、光学式ファインダーを省くことで小型軽量化を実現する新形式のレンズ交換式デジタルカメラが開発・商品化され、一眼レフカメラのデジタル化の中で派生した形式として「ミラーレス一眼」と称されると、重くて大きなカメラは持ち歩きたくないが綺麗な写真が撮りたい、という顧客層を中心に受け入れられた。

歴史[編集]

一眼レフカメラをデジタル化する試みは1986年頃から始まった。当時は既存のフィルム式一眼レフのオプション品として、フィルムバックにイメージセンサーを取り付けた形で提供されていた[6]が、1991年に世界初のデジタル一眼レフカメラ、コダックプロフェッショナルデジタルカメラシステムDCS100が発売された。これはフィルム式一眼レフニコンF3をベースに130万画素のCCDセンサーを搭載したものであった[7]。その後、フィルムカメラが市場から駆逐されデジタルカメラがカメラ市場の主流となる中でデジタル一眼レフの低価格化が進み、デジタルカメラ市場における一眼レフの割合は台数ベースで1割、金額ベースで3割を占めるまでになった(2010年3月、日本市場)[8]。しかし、外観・構造においては基本的にフィルム時代の一眼レフと変わらない状態が続いた。

その中で、デジタル一眼レフ市場で劣勢に立たされていたフォーサーズ陣営が巻き返しを図って新たに「マイクロフォーサーズシステム」規格を策定し、2008年8月5日に発表した[9]。これはレンズ交換式でありながら、ライブビュー専用規格としてミラーボックスを持たない構造(ミラーレス)とすることでフランジバックを約半分まで縮めるもので[10]、光学式ファインダーを省いたこのミラーレス機は、様々な点で一眼レフ機とは異なるレンズ交換式カメラの新形式である。1か月後の2008年9月12日にはパナソニックが世界初のミラーレス一眼「LUMIX DMC-G1」を発表、10月31日から発売が開始され[11]、その後オリンパスからもミラーレス一眼が発売された。ミラーレス機はイメージセンサーを常に動作させ続けなければならないため、その発熱や消費電力が問題となる。最初のミラーレス機がフォーサーズ陣営から登場した背景としては、ライブビューやコントラスト検出AFを前提とした低消費電力のイメージセンサーが2006年の時点ですでに実用化されていたことが挙げられる[12][13]

その後両社のミラーレス機がいずれも売上を伸ばし、2010年上半期の日本市場においては、レンズ交換式カメラの中でミラーレス機の占める割合は台数ベースで20%前後に達した[14]。 ミラーレス市場への他社の参入も見られ、まず、サムスン電子が2010年2月からAPS-Cミラーレス機「NX10」を韓国や欧州などの市場で順次発売[15]ソニーもAPS-Cミラーレス機「NEX-5」「NEX-3」を2010年6月に発売すると[16]、日本市場においては、レンズ交換式カメラの中でミラーレス機の占める割合は台数ベースで32.5%に達した[14]

ミラーレス機の登場後、メーカー別シェアにも変化が表れ始めている。日本でのレンズ交換式カメラ市場は、2009年度でキヤノンが39.1%、ニコンが31.3%と旧来からのカメラメーカーが高いシェアを維持してきたが[17]、ミラーレス機の普及は市場に大きな変化をもたらしており、2011年秋にはペンタックスとニコンが、2012年秋には最大手のキヤノンが相次いで参入、2015年にも世界市場で一眼レフ機を逆転するとの予測もある[18]

代表的なミラーレス一眼カメラ[編集]

マイクロフォーサーズシステムでは撮像素子のサイズを規格として定めているが、ほかのマウント規格には、撮像素子のサイズが定められておらず、異なるサイズの撮像素子を採用し得るものもある[19]。以下に示す撮像素子のサイズは現行機のものである。

カメラ メーカー・機種およびシステム 撮像素子サイズ マウント
Olympus Pen img 3486.jpgPanasonic Lumix GF1 img 3537.jpg マイクロフォーサーズシステム 約17.3mm×13mm(4/3型) マイクロフォーサーズマウントを採用
Samsung NX10.jpg サムスン・NXシリーズ APS-Cサイズ NXマウントを採用
FUJIFILM X-Pro1

FUJIFILM X-E1

Xマウントを採用
ペンタックス K-01 Kマウント[20]を採用
Canon EOS M Blogger Event 02 cropped.jpg キヤノン EOS M EF-Mマウントを採用
Sony NEX-5.jpg Eマウントシステム Eマウントを採用
35mmフルサイズ
Pentax Q 01n2000.jpg ペンタックスQ 約6.2×4.6mm(1/2.3型)

約7.6×5.7mm(1/1.7型)

Qマウントを採用
Nikon 1シリーズ[2] 13.2×8.8mm(1インチ型[21] ニコン1マウントを採用

長所[編集]

  • ミラーがないため、一眼レフに比べて小型軽量である。
  • 光学系の構造が簡単であり、故障が少ない。
  • ミラーがないため動作音が小さい。フォーカルプレーンシャッターによる小さな音がするのみである。電子シャッター搭載機では完全な無音撮影が可能。
  • ミラーショックによるブレがない[22]
  • 動画撮影機能との親和性が高い。
  • イメージセンサーが常に動作しているため、画像認識を利用したさまざまな機能(顔認識、被写体追尾など)が実現できる。
  • ファインダーに豊富な撮影情報を表示することができる。
  • 光学式では精度的に困難であった視野率100%のファインダーが簡単に実現できる。
  • 機械部品や光学部品が少なくなるため、コスト面で有利。また他分野からの新規参入も比較的容易である。[23]
  • 小型ボディでもファインダー倍率を大きくできる。一眼レフでは一般的にボディが小さく軽いものはファインダー倍率が低くなる。
  • プレビュー(絞り込み)ボタンによって撮影前にボケ具合(被写界深度)が確認できる。光学式でもプレビューは可能だが、実際の撮影画像とはボケ具合に違いが生じ、確認中はファインダー像が暗くなる。
  • フランジバックを短い設計にしている機種は、マウントアダプターを用いて使えるレンズマウントの種類が多い。
  • 一眼レフに比べてバックフォーカスを短く出来るため、専用レンズの光学設計が容易になり、レンズ(特に標準~広角)の明るさ(F値)改善、小型軽量化、低価格化、などが可能となる。
  • ファインダーのプレビュー画像も電子的に補正できるため、電子補正を前提としたレンズ設計が可能になり、レンズ設計における収差補正の自由度が格段に向上する。その結果、諸収差の良好な補正とレンズの小型軽量化の両立が可能となる。具体的には電子的補正が難しい非点収差は光学的に徹底的に補正したうえで、歪曲収差は電子的に補正するといった設計手法が用いられている。
  • トイカメラ風やジオラマ風などといった特殊効果をリアルタイムに確認できる。

短所[編集]

  • AFの速度が遅い。
    • ミラーレス機のAFは、一般的にはイメージセンサーで捉えた映像のボケ具合を見ながらピントを合わせてゆく「コントラスト検出方式」であり、同方式は一般的にピントが手前と奥のどちらにどれだけずれているのかを検出できないため、ピントが合うまでに時間がかかることが多い。一方、一眼レフで使われるAFは「位相差検出方式」であり、ピントがどちらにどれだけずれているのかをAFセンサーで検出できるため、ピントが合うまでの時間を短くすることができる。
    • もっとも近年[いつ?]は、コントラスト検出方式のアルゴリズム改良や、位相差検出の機能を組み込んだイメージセンサーの採用等により、AF合焦速度が一眼レフとほぼ同等ないしは凌駕する機種も登場している。
    • コントラスト検出方式は動体予測AFも不得手だが、像面位相差検出方式を採用した機種は充分な光量のある環境下では一眼レフと同様の動体予測AFを行うことができるとされる。
  • 電子式ファインダーの性能が不十分である。
    • 表示に若干のタイムラグがある。
    • コントラストが低いため、白とびや黒つぶれが発生する。状況によっては被写体の確認すら困難になりかねない。
    • ファインダーの種類にもよるが、特に解像度が低くファインダー倍率が低いものでは精密なマニュアルフォーカスが困難である。その欠点を補うべくマイクロフォーサーズにおいてはフォーカスリングの操作に同調して自動で拡大表示されるなどの工夫がなされている。
    • 晴天時の屋外では周囲の自然光よりもモニタのバックライトが暗いため、背面モニタの視認性が著しく低下し、被写体の確認が困難になる。対策として、接眼して使用する電子ビューファインダーを内蔵したり、オプションで搭載できるようにしている機種もある。
  • 小型化のためにはレンズマウントの変更が不可欠であるため、過去のレンズ資産を継承しづらい。そのため現時点においては、AFやAEの機能をフルに生かせる交換レンズの種類が少ない。使用にはマウントアダプターが必要であったり、AFやAEなどの動作に制限が加わるリスクがある。
  • 撮像素子やファインダーが常に動作しているため、ユーザー側でバッテリーを長持ちさせる工夫ができず、センサーの熱ノイズが増加するといった問題がある。一方、一眼レフでは液晶画面を消灯することでバッテリーの消費を抑えることができ、熱ノイズの増加も少ない。
  • 一眼レフと比べ、ファインダーに像が反映されない時間が長く被写体を追従するのが困難になる場合がある。この理由としては以下のものが挙げられる。
    • 撮影時にシャッターの余分な開閉動作が必要。この点については対応策として電子先幕シャッターを採用することにより機械的な開閉動作を減らし、ファインダーに像が反映されない時間やレリーズタイムラグを短縮している機種も登場してきている。
    • 撮影とファインダー表示に同じセンサーを兼用しているため、撮影済画像をイメージセンサーから読み出している間はファインダー像を表示できない。この点についての抜本的な解決はなく、ファインダーに像が反映されない時間を一眼レフカメラ並みに短縮した機種は現時点[いつ?]では登場していない。

ミラーレス機に近いコンセプトを持つもの[編集]

ミラーレス機に近い設計思想を持つものとしてリコー・GXRがある。レンズと撮像素子をモジュール化して撮像素子ごと交換できるようにしたものであり、ミラーレス機のひとつとして扱われることもある[24]。 ユニットによって撮像素子のサイズは異なり、1/1.7型CCDセンサーのRICOH LENS S10、1/2.3型CMOSセンサーのP10、APS-CサイズCMOSセンサーのGR LENS A12シリーズが発売された。 2011年9月には、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載しライカMマウントレンズの装着が可能なレンズマウントユニット「GXR MOUNT A12」がリリースされた。

また、ミラーがなくレンジファインダー(光学式ファインダーの一種)を持つデジタルカメラとして、ライカM8M9セイコーエプソンR-D1シリーズがある(2010年現在)。ミラーにまつわる弱点がなく小型軽量化が可能という点でミラーレス機に通じるが、従来型の光学式ファインダーによる撮影を前提としているため、ミラーレス機には含めることはない。ミラーレスカメラの中にも、富士フイルムX-Pro1のように、実像式光学ファインダーと電子ビューファインダーを組み合わせたハイブリッド型ファインダーを搭載する機種もある。

これらのカメラはミラーレス機には含めないが、「ノンレフレックス」には含まれる[3]

脚注[編集]

  1. ^ ミラーレスと呼ばないで欲しい――「FUJIFILM X-Pro1」とは何かITmediaデジカメプラス 2012年01月13日
  2. ^ a b ニコンではレンズ交換式アドバンストカメラと称している。
  3. ^ a b 【CP+】CIPA、ミラーレスカメラなどの呼称を「ノンレフレックス」にデジカメWatch 2012年2月9日
  4. ^ 価格.comマガジン ミラーレス一眼カメラ 徹底比較特集価格.com 2010年6月18日
  5. ^ さらば、一眼レフ 「ミラーレス機」の秘密日本経済新聞 2010年4月9日
  6. ^ DCS StoryNikon and Kodak DSLR history
  7. ^ Kodakの歴史 1990~1999Kodak
  8. ^ デジカメの回復顕著 画素数アップが需要を喚起週刊BCN 2010年04月26日
  9. ^ オリンパスイメージングと松下電器 フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定オリンパスイメージング株式会社 2008年8月5日
  10. ^ マイクロフォーサーズ|規格説明フォーサーズウェブサイト
  11. ^ 初のマイクロフォーサーズ搭載機「LUMIX DMC-G1」発表ASCII.jp 2008年9月12日
  12. ^ Olympus E-330 DSLR has live LCD and new sensor technologydpnow.com 2006年1月26日
  13. ^ 【インタビュー】オリンパスに聞く“マイクロフォーサーズ”の狙いデジカメWatch 2008年8月11日
  14. ^ a b 2010年上半期、デジタル一眼1位はニコン、ミラーレス好調で変化の兆しも BCNランキング 2010年7月8日
  15. ^ サムスン、「NX10」を韓国で23日に先行発売デジカメWatch 2010年1月28日
  16. ^ 世界最小・最軽量ボディを実現 レンズ交換式デジタルカメラなど 2機種発売 ソニー株式会社 2010年5月11日
  17. ^ 2009年1月~12月までの実売データBCN Award 2010
  18. ^ 2015年、ミラーレスは1800万台規模に 富士キメラ総研予測ITmedia 2011年10月27日
  19. ^ 一眼レフカメラの場合に、同じマウントのカメラに撮像素子が35mmフルサイズのものとAPS-Cサイズのものがあるのと同様である。例えば、ペンタックスQは、若干の撮像素子サイズの変更が可能とされる。“Auto110デジタル”じゃダメだ――「PENTAX Q」誕生秘話 (1/2) - ITmedia デジカメプラス参照
  20. ^ KAF2マウント
  21. ^ ニコンではCXフォーマットと称している
  22. ^ 一眼レフが抱えるブレ問題、その深刻さが明らかに 電通大らが開発。1/60秒シャッターで実質解像度は1/4以下日経エレクトロニクス2009年5月4日号
  23. ^ ミラーレスカメラの特徴と仕組みmonoxデジカメ比較レビュー
  24. ^ さらば、一眼レフ 「ミラーレス機」の秘密(1)日本経済新聞 2010年4月9日

関連項目[編集]