応用物理学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
応用物理学会
団体種類 公益社団法人
設立 1946年
所在地 〒113-0034
東京都文京区湯島2-31-22
湯島アーバンビル7階
起源 応用物理談話会
活動地域 日本の旗 日本
主眼 応用物理学および関連学術分野の研究の促進ならびに成果の普及に関する事業[1]
活動内容 学術講演会等の開催、機関誌・論文誌等の刊行、表彰、研究支援事業等[2]
会員数 24,119[3]
子団体 7支部、10分科会(日本光学会など)、17研究会
ウェブサイト http://www.jsap.or.jp/
テンプレートを表示

公益社団法人応用物理学会(こうえきしゃだんほうじん おうようぶつりがっかい、英語: The Japan Society of Applied Physics[4]は、1946年に創立された応用物理学に関する学会である。略称はJSAP応用物理学という学問分野の特徴により、扱う領域は広く多岐に渡る。

会員数は2011年8月現在で約24,000名[3]。春と秋に学術講演会を開いており、6,000人から9,000人近い参加者を集める。

沿革[編集]

応用物理学会は他の多くの学会と異なり、学会誌が設立以前の1932年7月1日から発行されている。なお、当初の発行主体は長岡半太郎らが主催する応用物理談話会であった。1946年12月26日応用物理学会の設立総会が開かれ、初代会長に眞島正市が就任した。これに伴って同年の7号から「応用物理」が学会誌となり、翌1947年6月28日から第1回講演会が東京大学工学部で開催された。1948年には社団法人としての認可が下りたため、出願した1946年10月25日が学会設立の日となった。

また、次第に各地に支部が増加し、

がそれぞれ設立されている。

1950年からはそれまでの春季に加えて秋季にも講演会が行なわれ、年2回の開催が定着していく。一方で1952年4月1日に発足した光学懇話会は後に日本光学会となり、応用物理学会内の分科会の第1号となった。これに続いて1957年3月31日に放射線分科会、1960年4月に電子放射分科会(現・応用電子物性分科会)、1970年4月には結晶工学分科会と薄膜・表面分科会が設立されている。

なお、事務所は当初東京帝国大学応用物理教室にあったが、以下のように移転を繰り返した。

  • 1962年3月1日、文京区木屋ビル
  • 1967年11月16日、港区機械振興会館
  • 1984年12月15日、千代田区国松ビル
  • 1992年4月、千代田区九段北
  • 2011年7月25日、文京区湯島 湯島アーバンビル(現在地)[5]

公益法人制度改革に伴い、2011年に公益社団法人への移行を申請し認められたため、同年6月1日に新法人登記を行い「公益社団法人応用物理学会」となった[6] [7]

歴代会長[編集]

  1. 真島正市(1946年度 - 1951年度)
  2. 辻二郎(1952年度 - 1959年度)
  3. 谷安正(1960年度 - 1961年度)
  4. 菅義夫(1962年度 - 1963年度)
  5. 篠田軍治(1964年度 - 1965年度)
  6. 平田森三(1966年度)
  7. 神山雅英(1966年度 - 1967年度)
  8. 木下是雄(1968年度 - 1969年度)
  9. 古賀正三(1970年度 - 1971年度)
  10. 和田八三久(1972年度 - 1973年度)
  11. 吉永弘(1974年度 - 1975年度)
  12. 岡田利弘(1976年度 - 1977年度)
  13. 青木昌治(1978年度 - 1979年度)
  14. 兵藤申一(1980年度 - 1981年度)
  15. 田幸敏治(1982年度 - 1983年度)
  16. 三石明善(1984年度 - 1985年度)
  17. 菅野卓雄(1986年度 - 1987年度)
  18. 辻内順平(1988年度 - 1989年度)
  19. 金原粲(1990年度 - 1991年度)
  20. 川久保達之(1992年度 - 1993年度)
  21. 南茂夫(1994年度 - 1995年度)
  22. 多田邦雄(1996年度 - 1997年度)
  23. 伊藤良一(1998年度 - 1999年度)
  24. 松村正清(2000年度 - 2001年度)
  25. 後藤俊夫(2002年度 - 2003年度)
  26. 榊裕之(2004年度 - 2005年度)
  27. 尾浦憲治郎(2006年度 - 2007年度)
  28. 石原宏(2008年度 - 2009年度)
  29. 白木靖寛(2010年度 - 2011年度)
  30. 小長井誠(2012年度 - 2013年度)
  31. 河田聡(2014年度 - )

分科会[編集]

出版物[編集]

1962年7月には日本物理学会と共同で英文学術雑誌 Japanese Journal of Applied Physics(略称JJAP)を創刊した。1980年1月にはLetter(速報)部門も新設され、さらに1982年1月には Part 1(Regular Papers & Short Notes)と Part 2(Letters)に分冊化し、A4サイズとしている。2008年からは、さらなる速報性を確保するために Part 2 を廃止し、それを継承する形で、英文学術雑誌 Applied Physics Express (略称APEX)を創刊した。JJAP、APEXの2010年のインパクトファクターは、それぞれ1.018[8]、2.747[9]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公益社団法人応用物理学会 定款、第3条
  2. ^ 公益社団法人応用物理学会 定款、第4条
  3. ^ a b 2011年8月31日現在。「会員・組織」応用物理学会
  4. ^ 公益社団法人応用物理学会 定款」2011年9月1日閲覧
  5. ^ 応用物理学会事務局移転のお知らせ」 応用物理学会
  6. ^ 公益社団法人応用物理学会の発足に際して」HEADLINE NEWS、応用物理学会
  7. ^ 公益社団法人応用物理学会」『公益法人information』内閣府。法人コードはA007611。
  8. ^ JJAP: Japanese Journal of Applied Physics” (英語). 2011年9月1日閲覧。
  9. ^ APEX: Applied Physics Express” (英語). 2011年9月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 田島道夫「応用物理学会の沿革」、『応用物理』第65巻第12号、1996年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]