Applied Physics Express

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Applied Physics Express 
過去名 Japanese Journal of Applied Physics Part 2
略称 (ISO) Appl. Phys. Express
学術分野 応用物理学
査読 あり
言語 英語
詳細
出版社 応用物理学会物理系学術誌刊行センター
出版国 日本の旗 日本
出版歴 2008年 - 現在
オープンアクセス 掲載から3年間
インパクトファクター 2.731 (2012年)
分類
ISSN 1882-0778 (印刷物用)
1882-0786 (ウェブ用)
LCCN 2008261025
CODEN APEPC4
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

Applied Physics Express (アプライド・フィジクス・エクスプレス、APEX, Appl. Phys. Express) は、2008年1月に日本で創刊された、応用物理学分野の学術雑誌。3ページ以内の、査読された速報記事(レター論文)のみ掲載される。応用物理学会を主体とし、日本物理学会との協同内部組織である物理系学術誌刊行センター (PCPAP) によって刊行されている雑誌の一つ。同じく応用物理学会PCPAPが発行しているJapanese Journal of Applied Physics (JJAP) の姉妹誌。

概要[編集]

投稿は会員・非会員に関係なく全世界から受け付けている。「新しい研究結果に関する最新かつ簡明なレポートの迅速な普及を目的」[1]としており、投稿から最短で2週間で発行される[2]。オンライン発行を主体とし、また全ページカラー印刷である。

学術会議の特集号として刊行される場合もある。

JJAPからの分離独立[編集]

応用物理学分野における進展が早くなる中、速報性の高い論文誌が求められるようになり、1982年以降、JJAPPart 1 (Regular Papers, Short Notes, Review Papers) と Part 2 (Letter, Express Letters) とに分かれて発刊されるようになった。Letters、Express Lettersは、発見や実験の速報性が要求されるために、本論文が発行される前に刊行が必要なための分離であった。2008年1月、当時JJAPの発行を行っていた物理系学術誌刊行協会(IPAP)は、JJAP Part 2 を分離する形で Applied Physics Express を創刊した[3]。なお Part 1 は、現在もJapanese Journal of Applied Physicsとして、刊行されている。IPAPの発展的解消に伴い、現在は応用物理学会から発行されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]