古牧温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg古牧温泉
Komaki Onsen Misawa Aomori pref Japan02n.jpg
元湯
温泉情報
交通 鉄道 : 青い森鉄道線三沢駅から徒歩5分
車 : 第二みちのく有料道路三沢十和田下田ICよりすぐ
泉質 単純温泉
外部リンク 古牧温泉
テンプレートを表示

古牧温泉こまきおんせん)は、青森県三沢市(旧国陸奥国)にある温泉である。

アクセス[編集]

泉質[編集]

  • 単純温泉

温泉街[編集]

古牧温泉[編集]

古牧温泉は22万坪の敷地をもつ一大温泉レジャー施設。青森県三沢市、上北郡六戸町にまたがる。

入浴施設[編集]

露天風呂「浮湯」は美しい木々に囲まれが望める広いの中に大きく張り出し、水の上に浮かんだような開放感がある。三沢駅近くには、レトロな雰囲気の「古牧元湯」もある。

宿泊施設[編集]

以前は「古牧第1~第4グランドホテル」と呼ばれていたが、2008年4月に「古牧温泉 青森屋」と名称変更した(第1グランドホテルは名称変更前に閉鎖されている)。本館・西館・東館がある。

古牧温泉渋沢公園[編集]

かっぱ沼を中心に、付近には保存建築その他が立ち並ぶ。付帯施設として、岡本太郎記念公園、渋沢邸、古民家南部曲屋などがある。

歴史[編集]

渋沢家の元書生、秘書で、渋沢栄一渋沢敬三らに仕えた杉本行雄は、十和田観光電鉄を退職し、十和田開発株式会社を興した。十和田奥入瀬観光の拠点として、この地の観光開発を志し、ボーリングの結果、湧出量豊富な源泉を掘り当てた。

古牧温泉は、温泉リゾートの一典型として評価された。旅行新聞社の「行ってみたい観光地」10年連続1位に輝くなど、古牧グループの経営戦略は時流に乗った。しかし、経営拡大路線に転じて、バブル期の奥入瀬渓流温泉のホテル建設によって負債を抱え、経営努力にもかかわらず、2004年11月経営破綻。ゴールドマン・サックス主導で経営再建が行われることが決まった。

文化遺産、文化財、芸術作品[編集]

車庫の屋根裏は戦前の一時期、渋沢敬三の私設博物館「アチック・ミュージアム」が置かれた。「アチック・ミュージアム」はその後、東京都保谷市(現在の西東京市)に移転し、民俗学研究所、後に日本常民文化研究所に発展した。そのコレクションは現在の国立民族学博物館大阪府吹田市)に引き継がれている。

小川原湖民俗博物館の展示[編集]

  • 渋沢敬三の博物館思想を具体化。ありのままのモノの展示を目指す。その展示資料、映像資料は膨大で、温泉施設内の展示施設としては国内最大規模。青森県より岩手県にまたがる南部地方の民俗文化を取り上げる博物館として、貴重な存在である。現在休館中。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]