体重別階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

体重別階級(たいじゅうべつかいきゅう、: weight class)は、主に柔道ボクシングなどの格闘技において、体重によるハンデキャップを解消するために体重の近いもの同士を対戦させるためのルール。「柔よく剛を制す」を旨とする柔道などの伝統武道においては当初、この近代スポーツの制度導入に反発があった。

概要[編集]

特定の体重を境に階級を設定の上、選手は各階級に分けられる。

階級名は、柔道・レスリングのように「○○kg級」「××kg超級」という具合で数字を使用する場合と、ボクシングのようにそれぞれ「ライト級」「ヘビー級」などと名前を付ける場合に大きく分かれる。シュートボクシングでは独自の階級名を使用していたが、現在はボクシングと同じ階級名となっている。格闘技以外での体重別階級は「重量級」「軽量級」などを使用する場合が多い。

階級分けの数値はメートル法あるいはヤード・ポンド法が用いられる。ヤード・ポンド法はプロボクシング・プロレスなどで使用され、リングアナウンサーによる選手紹介で体重をコールする際、どちらの階級分けを使用するかで単位が変わる。

これらの競技においては大抵の場合、試合前に公式計量を実施しており、その計量の数値が該当する階級の範囲内に収めることができなければ失格とされる。

歴史[編集]

クインズベリー・ルール黎明期の19世紀後期のボクシングでそれまでの無差別級(ヘビー級)が一定の体重で線引きされて、ヘビー級とライト級に分かれた。これが体重別階級の始まりである。後にこれらの中間の階級としてミドル級が新設された。オリンピックでボクシング競技が採用された頃には細分化が進み、フェザー級、ウェルター級、バンタム級、フライ級、後にライトヘビー級も新設される。同じくオリンピック種目だったレスリング、ウエイトリフティングも採用することになった。その後も階級は細分化がさらに進む一方、格闘技など他のスポーツにも広がっている。

体重別階級制を導入している競技[編集]

競技別[編集]

柔道[編集]

レスリング[編集]

テコンドー[編集]

ボクシング[編集]

アマチュアの場合、シニアで10階級、ジュニアで13階級ある。

プロの場合、最重量級のヘビー級から、最軽量級のミニマム級まで全17階級ある。女子の場合、団体によって階級数が異なる。

詳細はボクシング#階級を参照。

立ち技格闘技[編集]

キックボクシング[編集]

キックボクシングは日本においても団体乱立状態ではあるが、体重別階級はどの団体も基本的に国際式ボクシングと同じである。

しかし、国際団体となると階級も団体ごとにまちまちである。

詳細はキックボクシング#タイトルより各団体の項目を参照。

ムエタイ[編集]

ムエタイ#階級を参照。

K-1[編集]

K-1は100kg以上の選手を中心に展開している。初期にはライトヘビー級をK-2、ミドル級をK-3として展開し、さらにフェザー級トーナメントも実施していたがいずれも失敗に終わった。その後ミドル級がK-1 MAXとして新設された。

そして、2007年より本格的に階級を導入する。まず、100kgを境にヘビー級とスーパーヘビー級に分けてタイトルマッチ方式で王座を決め、以降順次階級を設けて最終的に5階級とする。2008年にはライト級が新設され、当初は60kgで試験的導入の後、2010年よりライト級は上限が63kgに引き上げた上で、トーナメントを実施する。現在は既存のミドル級とともにMAXにて展開されているが、将来的にはライト級をGP・MAXに次ぐ第3のカテゴリーとすることも検討されている(ミドル級も元々はK-1 JAPANの中で実施されていた)。

階級は以下の通り。なお、これらは既に一部階級を採用しているFEG系のHERO'Sと同様となっている(HERO'Sでは2005年にミドル級、2006年にライトヘビー級が設けられた)。ただし、GPのトーナメントは引き続き無差別級となる。

その他、R.I.S.E.KrushIT'S SHOWTIMEなどのK-1ルールを採用する団体における階級もK-1に準ずるものになされている。

階級名称 体重 補足
スーパーヘビー級 101kg以上 K-1 GP
ヘビー級 100kg以下 K-1 GP
ライトヘビー級 85kg以下
ミドル級 70kg以下 K-1 MAX
ウェルター級 67kg以下
ライト級 63kg以下 K-1 MAX、当初は60kg以下
フェザー級 60kg以下
バンタム級 55kg以下

シュートボクシング[編集]

シュートボクシングの場合、旗揚げ当初は独自色を打ち出すため鳥の名前を階級名に使用していたが、現在はボクシング同様の階級名となっている。

詳細はシュートボクシング#階級を参照。

総合格闘技[編集]

ネバダ州アスレチック・コミッションによる階級制[編集]

ネバダ州アスレチック・コミッションが制定した総合格闘技の統一階級制度であり、UFCWECBodogFightEliteXCKOTCHCFIFLなどの北米地域のプロモーションで採用されている。また、Cage Rage等の欧州のイベントや、DREAMCAGE FORCEパンクラスSRCDEEPZSTなどの日本のイベントにおいてもこれに準ずる階級制となっている(日本の一部イベントではメートル法によるため若干の数値的差異は見られる)。なお、イベントによってマッチメイクを行う階級の数に相違がある。

階級 重量区分
(ポンド) (キログラム)
スーパーヘビー級 265lbs〜 120.2kg〜
ヘビー級 205lbs〜265lbs 93.0kg〜120.2kg
ライトヘビー級 185lbs〜205lbs 83.9kg〜93.0kg
ミドル級 170lbs〜185lbs 77.1kg〜83.9kg
ウェルター級 155lbs〜170lbs 70.3kg〜77.1kg
ライト級 145lbs〜155lbs 65.8kg〜70.3kg
フェザー級 135lbs〜145lbs 61.2kg〜65.8kg
バンタム級 125lbs〜135lbs 56.7kg〜61.2kg
フライ級 〜125lbs 〜56.7kg

PRIDE[編集]

PRIDEでは2001年に体重別階級(ヘビー級、ミドル級)が設定され、タイトルマッチも行われている他、2003年からPRIDE GPが年度によって特定の階級(無差別級の場合あり)で開催されている。

階級名称 体重 補足
ヘビー級 93kg以上
ミドル級 93kg未満
ウェルター級 83kg未満 2005年新設
ライト級 73kg未満 2005年新設

パンクラス[編集]

階級名称 体重(新) 体重(旧)
無差別級
スーパーヘビー級 なし 100kg以上
ヘビー級 120.2kg未満 100kg未満
ライトヘビー級 93.0kg未満 90kg未満
ミドル級 83.9kg未満 82kg未満
ウェルター級 77.1kg未満 75kg未満
ライト級 70.3kg未満 69kg未満
フェザー級 65.8kg未満 64kg未満
バンタム級 61.2kg未満 なし
フライ級 58.0kg未満 なし

※新階級は2008年1月30日より施行。

DEEP[編集]

男子
階級名称 体重(新) 体重(旧)
メガトン級 無差別 なし
ライトヘビー級 93.0kg以下 なし
ミドル級 83.9kg以下 82kg以下
ウェルター級 77.1kg以下 76kg以下
ライト級 70.3kg以下 70kg以下
フェザー級 65.7kg以下 65kg以下
バンタム級 62.0kg以下 なし
フライ級 58.5kg以下 なし
女子
階級名称 体重
無差別級 無差別
ライト級 48kg以下
フライ級 45kg以下

修斗[編集]

修斗#階級を参照

JEWELS[編集]

階級名称 体重
ライト級 52kg以下
フェザー級 48kg以下

プロレス[編集]

プロレスでは団体により呼称、体重区分が異なり統一はされていない。どの団体でも概ね100kg以上(新日本は220lbs(99.8kg≒100kg)、全日本は232lbs(105kg))をヘビー級としているが、それ以下の体重は団体によりジュニアヘビー級、クルーザー級、ミッド・ヘビー級など呼称も体重区分も異なる。メキシコのルチャリブレではさらに下の階級も存在する。女子プロレスの場合、多くは無差別級で行われるが、体重の線引きをする場合は概ね60kg以下の階級(かつての全日本女子プロレスのスーパーライト級など)定めることが多い。

また、プロレスの場合は身長・体重は自称・公称値であるため、事前の体重計量は行われないことが大半(鶴見五郎メキシコでライトヘビー級タイトルを奪取した際、事後の計量で体重超過が発覚し王座剥奪となったことがある。最近では2011年にプロレスリング・ノアのジュニアヘビー級タッグ王座戦でシェイン・ヘイストマイキー・ニコルス組の事前計量を実施している)で、タイトルマッチ以外は無差別で試合が行われる。タイトルマッチでも無差別級王座が存在する他、タッグ王座やヘビー級王座は事実上無差別であり、ダニー・ホッジ小川良成のようにジュニアヘビー級のレスラーでヘビー級王座についた例もある。アンドレ・ザ・ジャイアントのような200kgを超えるスーパーヘビー級のレスラーの場合、1人で普通サイズのレスラー数人を相手にする変則タッグマッチの方法で実力差を調整することもある。

プロレス#階級も参照。

重量挙げ[編集]

参考文献[編集]

  • 体重制スポーツ批判に関する研究 藤井真美(学校保健研究 第12巻 1970.6 vol.12 No.6)

関連項目[編集]