クインズベリー・ルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クインズベリー・ルール: Marquess of Queensberry rules)とは、19世紀イギリスではじめてボクシングの競技にグローブ着用などを義務づけた現在のボクシングの基礎となるルールである。

命名[編集]

1865年、ロンドン・アマチュア・アスレチック・クラブのジョン・グラハム・チェンバースによってルールが定められ、第9世クインズベリー侯爵ジョン・ショルト・ダグラスが保証人となったことで成立したため、彼の名を冠して「クインズベリー・ルール」と名づけられた。

内容[編集]

  • リング - 一辺が24フィート(7m32cm)の四角形
  • 内容 - 「1ラウンドを3分」、「インターバル1分」、「5オンスグローブ着用」、「投げ技の禁止」、「10カウント以内に立ち上がれない場合はKO負け」
    以上は「ロンドン・プライズリング・ルールズ」から変更点
  • 反則 - ベルト以下への打撃の禁止、腰より下の抱込みの禁止、倒れた相手への攻撃禁止、蹴り技、頭突き、目玉えぐりの禁止

世界ヘビー級タイトルマッチでは1892年9月7日、ジョン・L・サリバンジェームス・J・コーベットからこのルールが適用された。