ミニスカ宇宙海賊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミニスカ宇宙海賊
ジャンル SF
小説
著者 笹本祐一
イラスト 松本規之
出版社 朝日新聞出版
レーベル 朝日ノベルズ
刊行期間 2008年10月 -
巻数 既刊11巻
漫画
原作・原案など 笹本祐一
作画 峠比呂
出版社 朝日新聞出版
掲載誌 ニコニコASAHIコミックファンタジー
発表号 創刊号 -
発表期間 2012年6月2日 -
アニメ:モーレツ宇宙海賊
原作 笹本祐一
監督 佐藤竜雄
シリーズ構成 佐藤竜雄
脚本 佐藤竜雄、伊藤美智子
水野健太郎、宮崎真一
キャラクターデザイン 竹内浩志
メカニックデザイン 河森正治鷲尾直広寺岡賢司
鈴木雅久、宮崎真一
音楽 Elements Garden
上松範康藤田淳平藤間仁
アニメーション制作 サテライト
製作 モーレツ宇宙海賊製作委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2012年1月 - 6月
話数 全26話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

ミニスカ宇宙海賊』(ミニスカパイレーツ)は、笹本祐一SF小説ライトノベル。イラストは松本規之2008年10月より朝日ノベルズから刊行されている。

ミニスカートの船長服をまとった女子高校生が、免許を受けた「合法的な」宇宙海賊の船長として活躍する物語。

2010年テレビアニメ化が発表され、2012年1月から6月まで『モーレツ宇宙海賊』(モーレツパイレーツ)として放送された。同年6月からは、ニコニコ静画の『ニコニコASAHIコミックファンタジー』で峠比呂による漫画版の連載が始まった。映画化も発表され、2014年2月に『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』のタイトルで劇場版が公開された。

目次

あらすじ[編集]

海明星(うみのあけほし)に住む高校1年生の加藤茉莉香(まりか)は、ある日、死んだと思っていた父親・加藤芳郎が実はつい最近まで生きており、宇宙海賊船・弁天丸の船長だったと知らされる。さらに、弁天丸が海賊として活動を続けるうえで欠かせない私掠船(しりゃくせん)免状の継承のためには、直系の継嗣である茉莉香が船長になるのが条件と告げられた。茉莉香は女子高生兼宇宙海賊船船長としての生活を送ることになる。

各巻あらすじ[編集]

第1巻『ミニスカ宇宙海賊』
茉莉香は弁天丸クルーの訪問を受け父の死亡を知らされるとともに船長就任を要請される。返事を保留したままオデットII世に乗りヨット部の練習航海に出たが、船が電子攻撃[注 1]を受けたり、幽霊船に追跡されたりする。オデットII世は茉莉香の機転とヨット部の先輩リンのクラッキングの腕で、電子攻撃を仕掛けてきた『幽霊船』を返り討ちにするが、思いもよらない方法で逆襲される。
第2巻『黄金の幽霊船』
弁天丸船長として学業と海賊業の両立を始めた茉莉香。豪華客船襲撃の「営業」を終えた弁天丸船内で密航者が発見される。密航者はセレニティ王国の皇女グリューエルで、建国時の移民船でもある「黄金の幽霊船」の捜索を弁天丸に依頼する。
第3巻『コスプレ見習海賊』
茉莉香以外の乗組員感染症で隔離されてしまった。所定期間以内に次の海賊行為をしないと免状が失効するため、茉莉香はリンたちヨット部員を弁天丸に乗せて「営業」することを決意する。ヨット部員を即席の白凰海賊団に仕立てて弁天丸を動かし、なんとか依頼された豪華客船襲撃の「営業」を成功させるが、今度はリンが「営業」どころではない危険な仕事を依頼してくる。
第4巻『漆黒の難破船』
120年前の独立戦争時に行方不明になった海賊船「黒鳥号」からの救難信号がオデットII世と弁天丸に届く。翌日、ヨット部の部室に税務局員を名乗る男が現れ、滞納を理由にオデットII世の差し押さえを通告してくるが、ニセ税務局員だと見破ったリンたちは対抗策を講じるべく部員を緊急招集する。
第5巻『白銀の救難船』
前巻の続き。オデットII世を狙う敵と対決すべく、茉莉香の母である梨理香が指揮するオデットII世と弁天丸・バルバルーサは、赤色巨星ガーネットAへ乗り込む。しかし、オデットII世は制御ステーションと連結したまま何処かへ跳躍させられてしまう。
第6巻『真紅の海賊船』
第4巻から続く物語の完結編。辺境区の七つ星連邦に跳ばされたオデットII世と梨理香やヨット部の仲間を救うため、茉莉香は弁天丸で後を追うが、そこには一連の事件の黒幕である辺境海賊ギルドの大物が待ち受けていた。
第7巻『蒼白の髑髏星』
帝国第五艦隊との演習を終えた茉莉香は、帝国情報部からの依頼と辺境海賊ギルドからの招待状を受け、クーリエや帝国情報部員のナッシュ達と共にサイレント・ウィスパーで辺境の海賊の本拠地があるという髑髏星へ向かう。
第8巻『紫紺の戦魔女』
髑髏星に滞在していた茉莉香達だったが、グリューエルは誘拐騒ぎに巻き込まれ、その中で賞金稼ぎのノエルと出会う。後日いつもの「営業」を終えて帰還中に救難信号を受信した茉莉香も、駆けつけた客船でノエルと出会い、彼女の追う賞金首ジャッキーの動向を知らされる。
第9巻『無法の御免状』
海明星の近くで救難信号を受けた茉莉香達は現場に駆けつけるが、輸送船を襲っていた謎の艦隊は弁天丸にも矛先を向けた。辛うじて猛攻から逃れて海明星へと戻ったが、輸送船を襲ったのは他ならぬ弁天丸であると濡れ衣を着せられ、銀河帝国から指名手配をされてしまう。
第10巻『二隻の白鳥号』
オデットII世号で練習航行に出航した白凰女学院ヨット部員たちの前に超空間跳躍で現れたのは海賊船「白鳥号」だった。白鳥号を追った茉莉香達は120年前の宗主星系・植民星連合の戦争時代へと時間跳躍してしまう。
第11巻『モーレツ時間海賊』
現代へと戻った茉莉香達だったが、以前オデットII世が時間跳躍した空間の調査に出かけていた弁天丸が消息絶ったというニュースが飛び込んでくる。茉莉香達ヨット部は再びオデットII世に乗り込み、その現場に向かう。

登場人物[編集]

海賊関係者[編集]

加藤家[編集]

加藤 茉莉香(かとう まりか)
- 小松未可子
鯨座宮たう星系[注 2]海明星に住む、白凰女学院に通う少女。第01巻冒頭では15歳の高等部1年、第02巻巻末で2年に進学。
学業成績も宇宙機の操縦シミュレーション成績も優秀で、初等部から無遅刻・無欠席であった。父の後を継いで宇宙海賊船「弁天丸」の船長に就任した後は一時期、欠席・遅刻・早退が増えて成績も下がるが、後に上位に返り咲く。かなりのポジティブ思考の持ち主であり、目の前に危機が迫っても逆にそれを楽しむ余裕すらあるほど。
また、固定観念や常識に縛られない発想をしたり、思いついたら躊躇することなく行動を開始するといった思い切りのよさもある。弁天丸の船員達もそんな彼女に全幅の信頼を寄せている。豪華客船を襲撃するアトラクションでは、白凰女学院の制服のままのミニスカートに肩章付きの船長服という派手な衣装をまとい[注 3]、ノリノリのハイテンションで臨む。この「営業」は「お客さん」に好評を博するが、本人は己の暴走に自己嫌悪に陥ることもある。
アニメ版では、オデット二世の主操舵手を担当している。誤って憶えた慣用句を口にしては周囲から突っ込まれている。またリンの後を継いで白凰女学院ヨット部の部長になった。
加藤 梨理香(かとう りりか)
声 - 甲斐田裕子
茉莉香の母。新奥浜空港に管制官として務めており、海明星の星系軍関係者にも顔が利く。男のような言葉遣いをする。
かつての伝説的な女海賊「キャプテン・リリカ」(アニメ版では「ブラスター・リリカ」)その人だが、茉莉香にはそのことを知らせていなかった。夫と別れた後は首尾よく姿をくらませたつもりだったが、単にゴンザエモンが接触を禁止していただけであり、弁天丸クルーは所在を把握していた。自宅の車庫のコンテナに、多数の武器を隠し持っている。
娘の茉莉香には、「お母さん」ではなく「梨理香さん」と呼ばれている[注 4]
アニメ版では終盤に転職し、銀河帝国の海賊船「パラベラム号」のクルーになり、ゴンザに再会する。
ゴンザエモン 加藤 芳郎
声 - 小山力也(鉄の髭)
弁天丸の先代船長。梨理香の夫で茉莉香の父。梨理香はゴンザエモンのことを「権左(ごんざ)」(アニメ版では「あのロクデナシ」)と呼んでおり、茉莉香には死んだようなものと説明していた。
物語開始時点で故人[注 5]。ミーサによれば死因は食中毒とのこと。
アニメ版では、銀河帝国の海賊「鉄の髭」として仮面で顔を隠し、生存していたという設定がされた。
加藤 ちるそにあん 文左衛門(かとう ちるそにあん ぶんざえもん)
第11巻に登場。初代弁天丸の船長で、茉莉香の曾祖父。

弁天丸[編集]

ミーサ・グランドウッド
声 - 伊藤静
船医。女性。茉莉香の相談役兼参謀で、弁天丸の実質的な副長。梨理香が現役当時から弁天丸に乗っているらしく、梨理香やケインいわく「血塗れドクター」。第1巻から臨時の保健医として白凰女学院高等部に潜入している[1]。アニメ版では、茉莉香が1年生の間だけ教員らしからぬセクシーな出で立ちで潜入していた。
実年齢は不明。それを詮索することは、タブーとされている。
ケイン・マクドゥガル
声 - 松風雅也
操舵手。優男。豪華客船襲撃アトラクションでは乗客を装い海賊船長との剣劇を演じるなど、外回りの仕事もこなす。白凰女学院には高等部の物理教師兼ヨット部顧問(第1巻)、中等部の体育教師兼ヨット部顧問(第2巻)として潜入。独身だが、生徒には「既婚者」と言い、左手薬指に指輪をはめている。
アニメ版では茉莉香のクラスの担任兼ヨット部顧問として潜入し、彼女の進級と共に学校を去ったが、部員たちに嘆願されて正式な教員資格を取得して顧問に復帰し、部員に猛特訓を課す。また、海賊船「パラベラム号」の操舵手として、シェインという双子の弟が登場する。
百眼(ひゃくめ)
声 - 藤原啓治
レーダー・センサー系を中心に、ブリッジだけに限らず弁天丸の情報の収集・分析担当。男性。アポロキャップをかぶっている。
クーリエ
声 - 堀江由衣
電子戦担当。女性。ぼさぼさ髪。長時間勤務の時は膝に毛布を敷き、多数のお菓子を持ち込んでいる。銀河帝国情報部員のナッシュとは昔馴染。
アニメ版では金髪を団子に纏め、ビン底眼鏡にドテラ姿の野暮ったい容姿で端末に向かう。外回りでは眼鏡を外し、髪を下ろして男性好きのする容姿で艶やかな声で話すが、本人はその恰好を毛嫌いしている。
シュニッツァー
声 - 三宅健太
戦闘指揮担当。真空中でも宇宙服なしで活動できる戦闘サイボーグ。アニメ版では頭部に2本の角を生やし、口許に鋭い牙をのぞかせる。
ARIEL』など作者の他作品にも、名前は違うが同じようなキャラクターが存在する[注 6]
ルカ
声 - 水原薫
航法士。女性。黒マント姿。アニメ版ではそれに加えて右目に眼帯を着用しており、水晶玉を模した立体ディスプレイを持っている。占いも行い、「見える」や、それを捩った言葉が口癖。その姿を引き写したアンドロイドが、代わりにブリッジに居座ったこともある。
三代目
声 - 松岡禎丞
機関担当。男性。頭に鉢巻を結び、作業衣を着ている。ブリッジクルーの中で唯一弁天丸の安否に神経を使い、些細なトラブルや故障でも大騒ぎする。
アニメ版では、テディベアマニアという側面が追加された。
ヒコザ
火気・戦闘の次席指揮官の男。帝国艦隊出身のベテラン船乗り。第6巻以降、目だった描写はない。
テックス・エイヴェリー
第一砲塔の砲手。メカニカルサングラスをかけた長身・長髪の男。第2巻「黄金の幽霊船」で主要クルーとしてグリューエルに紹介されるが、それ以降は第10巻に至るまで描写されていない。
ブリガド
弁天丸の機械整備担当。ひょろりと手足が長く、黒髭を蓄えてターバンを巻いた男。上記のテックスと同じく第2巻で主要クルーとして紹介されるが、それ以降は描写が途絶えている。

バルバルーサ[編集]

ケンジョー・クリハラ
声 - 松本保典
海賊船バルバルーサ船長。チアキの父でもじゃもじゃ髭の大男。黒髭船長としても知られている。チアキには「ヒゲ親父」呼ばわりされている。
ノーラ
バルバルーサの副長。長命種の宇宙人で、120年前の独立戦争の時からバルバルーサに乗り込んでいる。
ボーグス
バルバルーサのセンサー・観測系を統括するサイボーグ。
モーガン
バルバルーサの操舵手。
カイエン・ギアー
バルバルーサの陸戦隊長。

辺境海賊ギルド[編集]

ミューラ・グラント
海賊ギルドの大幹部で、海賊船キミーラ・オブ・スキュラの船長。長命種の女性で、半世紀以上も前から高額の賞金首となっている。冷徹かつ苛烈な性格の持ち主で、海賊らしく目的達成のためには手段を選ばない。ステラ・スレイヤーをめぐる事件の黒幕で、辺境の国々を動かしてオデットII世の船首マストを奪おうとするが、ジャッキーに出し抜かれて失敗する。事件後、ヨット部に海賊ギルドへの加盟申請書を送りつけてきた。
マイラ・グラント
ミューラ・グラントの姉。愛の女王号の船長。ミューラと同じく長命種の女性で賞金首である。

白凰女学院の生徒[編集]

制服は白を基調としたブレザーに、青のミニスカート。なおヨット部員は学年ごとに色が違うヨットパーカーを着用している。

遠藤マミ
声 - 小見川千明
茉莉香の友人。同級生。1巻では初等部の入学試験のときにそろって迷子になって以来のつきあいとされているが、2巻以降では中等部以来の腐れ縁となっている。喫茶店ランプ館でのバイト仲間でもある。
茉莉香が宇宙に出て置き去りにされた形になるが「私は港ですから」と意に介さず交友を続け、気難しいチアキをも人柄で丸め込み、「宇宙では、チアキちゃんが私の代わりだよ」と言い含めた。
アニメ版では出番が大幅に増やされ、腹黒さや暗躍振りも見せる。また手芸部員でもあり、茉莉香の船長服のカスタマイズを手掛け、丸三日徹夜で白凰海賊団全員の「営業服」を仕立てる熱の入れようを見せる。
チアキ・クリハラ
声 - 花澤香菜
白凰の海森星(うみのもりほし)分校の生徒。茉莉香と同学年。まっすぐな黒髪に鳶色の眼、色白の肌の持ち主。一見クールで冷徹な性格だが、実際はツンデレでしかも天然である。茉莉香が船長就任を要請された直後に本校に転校してきた。が、1巻のエピソード後に一度去り、3巻でまた(アニメ版では、2巻冒頭にあたる第7話で)海明星に戻ってきている。
海賊船バルバルーサ船長ケンジョー・クリハラの娘。茉莉香と同じく海賊見習い。海賊としての自覚と常識を欠く茉莉香の言動にあきれることもたびたび。茉莉香には「チアキちゃん」呼ばわりされ、その後マミやヨット部一同からも同様に呼ばれる。その都度「『ちゃん』じゃない」と抗議するがまったく効果はない。さらにアニメ版では何かにつけて茉莉香にハグされて閉口している。茉莉香の替え玉として客船襲撃アトラクションの初営業に臨んだ際には、ノリノリで高笑いという派手だがすべり気味な登場をした。
アニメ版では、校内で一人だけ黒いセーラー服の「冬服」をまとい、原作文中・イラストにはないアンダーリム眼鏡を着用。ランプ館のスイーツ、特にチョコパフェに執心する様子を見せる。15話で、茉莉香を初めて名前で呼んだ。
白凰海賊団では、サーシャ、ヤヨイと共に動力を担当。「営業」時には弁天丸に残留していたが、グロリアス・クールフ襲撃時には巫女のコスプレで乗り込み、ジュナイ達の悪行(?)に激怒してブラスターを乱射し、一人で彼らを蹴散らして日頃の鬱憤を晴らした。また、ディンギーの扱いにも長けており、第19回ネビュラカップで優勝している。
普段は抑制的だが本当は茉莉香以上に海賊的な性格をしており、下手に機会に恵まれようものなら自分を抑え切れず行き着く所まで行ってしまう。基本的にやってしまってから後悔するタイプで、自分の所業を後から恥じて悶絶することもしばしば。
ジェニー・ドリトル
声 - 佐藤利奈
ヨット部部長の三年生(初登場時)。大手星間輸送会社《ヒュー&ドリトル星間運輸》社長のご令嬢だが普段はそれを感じさせない。親の会社の関係でグリューエルとは以前から面識があった。卒業後、一族の慣習で望まない政略結婚[注 7]を強いられるが、ウェディングドレス姿のまま最新鋭の電子偵察機を強奪して逃走し、弁天丸を使って婚約者のスキャンダルを暴露して結婚を破談にし、その後宇宙大学に進学した。実は同性愛者で、リンとは恋人関係。
アニメ版では、ヒュー&ドリトル星間運輸のグループ会社で急成長中の星間旅行会社「フェアリー・ジェーン」を起業し、経営している。
リン・ランブレッタ
声 - 日笠陽子
ヨット部副部長の二年生(初登場時)、のち部長。セミショートの黒髪で、常にショルダーバッグ型のパソコンを携行している。コンピュータの操作に長け、中等部の時にクラッキングで保護観察になった前科もある。オデットII世ではその能力を活かして電子戦を担当している。同性愛者で、ジェニーとは恋人関係。悪巧みや悪知恵が得意で、茉莉香を唖然とさせるような行動力を発揮することも多く、グリューエルと組んで名コンビぶりを見せる。
アニメでは長身でショートヘア、ボーイッシュな出で立ち。白凰海賊団の活動に際して茉莉香に指揮を任せ、アスタと共に通信・電子戦を担当。「営業」時には宝塚の「王子様」風のコスプレをした。グロリアス・クールフ襲撃時には電子戦を実施するため残留している。
また、中等部の時のクラッキングのエピソードが語られ、ヨット部の先輩に言われるまま第13回ネビュラカップのコースを書き換えて「悪夢の第13回大会」と呼ばれる惨事を引き起こした[注 8]

セレニティ連合王国[編集]

グリューエル・セレニティ
声 - 戸松遥
セレニティ連合王国星王家の第7正統皇女。初登場時12歳。
ゴンザエモン加藤芳郎とは知り合いで、その縁を頼って弁天丸へ「黄金の幽霊船」の捜索を依頼する。ゴンザエモンから弁天丸の船長ID埋込済みの指輪を託されており、現船長の茉莉香に返還したが、原作ではその場でお守りとしてグリューエルに再譲渡されている。
当初は弁天丸との接触を取り繕うために白凰女学院中等部へ短期留学していたが、「黄金の幽霊船」の捜索を通じて茉莉香の人柄を気に入り、その後も留学を延長して留まっている。厳重なセキュリティをたやすく欺いて弁天丸、オデットII世、サイレント・ウィスパーへこっそり乗り込んだり、客船相手の海賊「営業」や白凰海賊団への参加を希望するなどかなり行動的な性格で、茉莉香いわく「密航好きのお姫様」。
また、王族としての英才教育を受けて非常に聡明で、ケインに「敵にまわしたくない」と言わしめている。第9巻では、窮地に陥った茉莉香と弁天丸を一時的にセレニティの保護下に置く。
グリュンヒルデ・セレニティ
声 - 金元寿子
セレニティ連合王国星王家の第8正統皇女で、グリューエルの妹。愛称はヒルダ(アニメでは「ヒルデ」)。王家の権威を取り戻すために「黄金の幽霊船」の捜索に乗り出し、防衛軍の旗艦クイーン・セレンディピティへ乗り込んで独自に活動する。最終的には王政への復帰を断念し、グリューエルを追って白凰女学院へ入学した。
アニメ版では出番が大幅に増やされ、ヨット部へ入部して白凰海賊団にも参加し、ネビュラカップにも選手として参戦した。白凰海賊団の「営業」時には、姉妹ともども弁天丸に残留している。
ヨートフ・シフ・シドー
声 - 斧アツシ
セレニティ正統王家の枢密院侍従長。長命種の老人。グリューエルいわく「1人で戦争を始めたり終わらせることができる」らしい。指弾を使いこなす。
キャサリン
セレニティ正統王家近衛の小隊長。普段はメイド服を着ている。百眼いわく「無口な別嬪さん」。
ジャクリーン
セレニティの情報部に務める黒髪の美女。
ロベルト・ベルマー
セレニティ星系防衛軍宇宙艦隊の大佐。
シムシエル大公
セレニティ正統王家の現在の当主。本名はシムシエル・セレニティ。グリューエルとグリュンヒルデの祖父。

銀河帝国[編集]

ナット・ナッシュフォール
銀河帝国艦隊統合参謀司令部付きの情報部員。通称は「ナッシュ」。弁天丸のクーリエとは幼馴染。
ピーター・ホーガス
銀河帝国ポルト・セルーナ基地の軍警察巡視艇KP93号の艇長。服を着崩しただらしない中年男だが、見かけによらず優秀な人物。

ヒュー&ドリトル星間運輸関係者[編集]

ロバート・ドリトル
声 - 津田英三
ジェニーの伯父。ヒュー&ドリトルの代表取締役で、元は軍の高官。ジェニーとは彼女の父親の代からの犬猿の仲である。
自分の息子を会社の後継者として据えるため、後継者候補のジェニーを政略結婚によって会社から遠ざけて排除しようと企み、反抗して逃げた彼女を追うため、自ら艦隊を率いる。
アニメ版ではグロリアス・クールフ号にまで乗り込み、ジェニーを追い詰めて悪しき大人の貫禄で圧倒するも、彼女らに裏工作の記録を暴露されたことで逮捕される。だが、ジェニーいわく「いずれは釈放されて元の権力を取り戻す」とのこと。
ジュナイ・クールフ
声 - 内匠靖明
ジェニーの婚約者。ロバートと親しい政治家の息子。自分の船でドラッグを使用した違法パーティーを開催しているところをヨット部の面々に踏み込まれ、これを暴露されたことから縁談は御破算になった。
アニメ版では反政府革命運動「ごっこ」で演説を行っていたところを踏み込まれ、激昂したチアキの鬱憤晴らしの捌け口にされて大泣きする一部始終をスキャンダルとしてライブ中継されるという醜態をさらす。

その他[編集]

ショウ
声 - 安元洋貴
ハロルド・ロイド保険組合のエージェントで弁天丸の担当。豪華客船での「海賊アトラクション」をはじめとする数々の業務を仲介する。一見ハイテンションでファンキーな、アフロヘアーでサングラス姿で年齢不詳の怪人物だが(原作での二つ名は「アフロヘアの怪人」)、真顔になると冷徹な、時に冷酷なビジネスマンである。アニメでは黒人風の容姿。
ジャッキー・ケルビン
裏稼業で生きる賞金首。魔法使い級の腕前を持つクラッカーでもあり、愛用する宇宙船ルナライオンに強力な電子装備を施している。とにかく食えない性格をしており、いつもふざけた笑みを浮かべている。また、薬物や毒ガスなどを無効化し超人的な身体能力すらも獲得できる特別なナノマシンを常に体内に仕込むなど、危険な裏社会を生き抜いてきたしたたかさを併せ持っている。各地で懸賞金が賭けられており、賞金稼ぎから狙われている。
税務局員を騙ってヨット部に接触しオデットII世を騙し取ろうと詐欺をはたらく(4巻)。また、独立戦争時に殖民星連合が作成した極秘文書を狙い白凰女学院地下の艦隊司令部跡に潜入する(8巻)。茉莉香達には最初はジャッキー・セルシウス、続いてファーレンハイトという偽名[注 9]を名乗っていた。
ノエル・ブルー
銀河帝国公認のライセンスを持つ女賞金稼ぎ。「紫紺の魔女」という異名を持つ。髑髏星のダウンタウンで育ち、時々様子を見に帰ってきている。常人では手に余る大型の火器を軽々と振り回す。賞金首のジャッキーを狙っており、彼を追って教育実習生という肩書きで白凰女学院へと潜入する。
銀 九龍(イン・クーロン)
声 - 松山鷹志
新奥浜空港で中華レストランを営むコック長。梨理香や弁天丸のクルー達とも知り合いで、普段は「親父さん」と呼ばれている。空港の裏の元締めであり、一番偉い人とされる。元銀河帝国第七艦隊の第58突撃機動艦隊司令官だが、軍関係の業界に再就職せず、コック長となった。
アニメ版では、海賊たちの間で伝えられる「伝説の料理人」の5人の息子の一人であり、海賊達に参集を呼びかける歌を発信する通信機を受け継いでいる。
クリスティ・シャーウッド
第10巻に登場。たう星系軍の軍令部第三部B課、通称「海賊課」の課長。階級は中佐。120年前の宗主星系・植民星連合の戦争時代の人物。
遠藤 ミキ
第10巻に登場。クリスティの部下で、「海賊課」での連絡役。階級は少尉。クリスティと同じく120年前の宗主星系・植民星連合の戦争時代の人物。遠藤マミとの関連性は不明。
アテナ・サキュラー
宇宙大学で歴史学(銀河文明史)を教えている女性。ジェニー・ドリトルの担当教授でもある。銀河帝国の貴族で、長命種。

登場メカニック[編集]

本作の宇宙船はほぼ完全なコンピュータ制御ネット常時接続されている。基本的に操船は自動化されて人力を必要とせず、コンピュータ操作さえできれば非力な女子校生たちだけでも運用が可能である。

海賊船[編集]

オリジナルセブン[編集]

独立戦争時に、最初に海賊免許が交付された7隻の海賊船を指す。現在詳細が明らかになっているのは弁天丸、白鳥号(オデットII世)、黒鳥号の3隻。

弁天丸(べんてんまる)
カテゴリーIの宇宙海賊船。旧式となった二線級の機動巡洋艦に大改装を施した、船齢120年の老朽船。
主転換炉を2基持ち、それぞれ「阿号」・「吽号」と名付けられているが、元々メーカーが保証する正式なユニットではない上に既に設計寿命が尽きており、だましだまし調子を見ながら運転する必要があり気難しい。火力よりも速力を重視しており、改装時に武装と装甲を減らしている。先代船長のゴンザエモン加藤芳郎亡き後、娘の加藤茉莉香が船長となる。
アニメ版ではむしろ航空機に近いデザインで、赤をベースとした塗装が施されている。その機動も「航行」というより立体的な「飛行」である。但し、原作では大気圏内航行が可能だったのに対し、アニメ版では大気圏内航行は想定されておらず、大気圏内の航行は墜落と隣り合わせの危険を伴う。船体側面とブリッジ内の船長席背後に、海賊のシンボルである髑髏弁才天に由来する琵琶を合わせたロゴがあしらわれている。第26話でグランドクロスを打倒するために集結した海賊艦隊の指揮を取るため、指揮・管制系統に大幅な強化が加えられた。
オデットII世[注 10]
カテゴリーIの白凰女学院高等部の練習船。太陽帆船である。元は海賊船「白鳥号」で、船齢は200年あまり。
船体は非武装で鈍足、シールドもなく脆弱であるが、帆船ゆえに運行上のエネルギー効率は優秀で、加えて戦艦並みの強力な電子兵装を持つ。原作09巻までは、カテゴリーIIだったが、10巻でカテゴリーIへの変更手続きを開始、11巻3章で最終手続きの船検を完了し無事カテゴリーIに変更されている。
エネルギーを使わずに航行できる隠密性と高度な電子戦能力を組み合わせた運用により、独立戦争では少なからぬ戦績を残している。電子兵装は現在も健在であり、リンの操作で電子戦を行う。独立戦争終盤に超新星爆弾の使用を阻止した過去があり、超新星爆弾システムの鍵を握っているとして様々な勢力から狙われた。独立戦争当時の船長として女海賊キャプテン・スズカの存在が示唆されているが、その実態は未だに多くを語られていない。航海日誌を読んだ茉莉香によれば、その運用が成立したのは乗組員の膨大なマン・パワーのおかげである模様。
アニメ版でも、第26話で「黄金の幽霊船」出現地点の近くに居る事から、詳細が語られていないだけで、原作と同様カテゴリーIに変更されている模様。
黒鳥号
独立戦争時代に活躍した宇宙海賊船。巡洋戦艦クラスを改装した船で、火力は弁天丸を上回っていた。恒星ガーネットAで行われた独立戦争の最終決戦時に、超新星爆弾のコントロール指令船を道連れにガーネットAに沈んだはずであったが…。

その他の海賊船[編集]

バルバルーサ
ケンジョーが指揮を執る戦艦クラスの海賊船。弁天丸と行動を共にすることが多い。アニメ版では、弁天丸と同型艦で(ただし、かなり改造されている)、青をベースとした塗装が施されている。 艦首下に超大型ミサイルを装備しており、第26話ではその一撃でグランドクロスβを撃沈した。第9巻にてケンジョー船長の策で偽の私掠船免状と共に売却される。
グラマラス・リディス
ケンジョーの援軍要請に応えてやってきた海賊船。重巡洋艦クラスを改装した船で、海賊ギルドからの逃避行ではピケット艦の役割を果たしていた。
迦陵頻伽(かりょうびんが)
ケンジョーの援軍要請に応えてやってきた海賊船。元は実験戦艦。船齢は弁天丸より古い。船長はカーン伯爵。副長はレディ・アンヌ。第9巻の冒頭で行方不明となる。
シンドバット
ケンジョーの援軍要請に応えてやってきた海賊船。多用途作業船を原型を留めないほど大改装した船。
デスシャドウ
ケンジョーの援軍要請に応えてやってきた海賊船。私掠免状が与えられた海賊船としては最強の攻撃力を持つ重戦艦で、艦載機も多数搭載している。船長はクルップ侯爵。
キミーラ・オブ・スキュラ
ミューラが指揮を執る海賊船。海賊ギルド屈指の性能を持つ高速戦艦で、船齢も20年程度と若い。加速力や攻撃力に優れるのみならず、オデットII世以上の電子兵装も有する。ただし、当のミューラ自身が電子戦に慣れていないためか、電子装備は全ての性能を発揮していない模様。
シルバーフォックス
アニメ版に登場。弁天丸と同型艦で、軍の重巡洋艦並みに重武装した海賊船だったが、「海賊狩り」に一蹴されてしまう。
ビッグキャッチ
アニメ版に登場。弁天丸を双胴型にしたような大型海賊船。
僚艦「ヒヤシンス」、「クロッカス」、「クローバー」とともに小艦隊を編成、さらに弁天丸が護衛についたが、「海賊狩り」にはまったく歯が立たず、撃沈された(クルーは全員弁天丸に救助された)。
ビラコーチャ
アニメ版に登場。女性船長カチュア・ザ・レディ(声 - 慶長佑香)が指揮を執る海賊船。茉莉香の招集に応じて「海賊の巣」へと馳せ参じる。
エル・サント
アニメ版に登場。スプーン曲げが得意な海賊ウィザースプーンが指揮を執る海賊船。やはり茉莉香の招集に応じる。ビッグキャッチと同型の双胴型。グランドクロスγの猛攻を受けるが、逆に返り討ちにする。
サザンアイランド
アニメ版に登場。ジョンが指揮を執る海賊船。茉莉香の招集に応じはしたが、途中で「海賊狩り」に捕捉される。
シャングリラ
アニメ版に登場。マスター・ドラゴン(声 - 橋詰知久)が指揮を執る海賊船。第26話で白兵戦に使用され、グランドクロスαに突入する。
ロウ・オブ・ウォー、ラブマシーン、ダークスター
いずれもアニメ版に登場。「飲みすぎて寝過ごし、役所に届け出るのが遅れて」オリジナルセブンになり損ねた、8番目・9番目・10番目の海賊免許保有船。茉莉香の招集に応じる。
船長コジャ(声 - 内匠靖明)、スリーJ(声 - 山口祥行)、ザ・ピース(声 - 中野裕斗)らは、独立戦争以来の古参の老海賊たちである。
村上丸、白銀号、バックスラッシュ
いずれもアニメ版に登場。第26話で弁天丸やバルバルーサと共闘する。なお、どの艦も弁天丸と同型ないしは改造型。
グランドクロス
アニメ版に登場。「海賊狩り」を行っている正体不明の超大型戦艦で艦長はクォーツ・クリスティア。およそ週一隻のペースで海賊船を襲いながら、たう星系に接近する。三胴船で幅広の艦体は、「直立」すると仮面を思わせる怪物じみた形に変形する。
その正体は帝国中央の軍需企業が試作した重力制御機能搭載の最新型戦艦「機動戦艦グランドクロス試作α号」。攻撃・防御に秀でるのみならず、戦闘機をも凌駕する高い機動性を持ち、変幻自在の運動で敵を翻弄する。「試し斬り」と称して辺境海賊を相手に「海賊狩り」を行っていた。高度に自動化が進んだ艦でもあり、クォーツのみでの運用が可能なだけでなく、第26話ではα・β・γの同型艦3隻の連携操作さえ実行した。人間の搭乗者はクォーツしかおらず、内部の防衛にはアンドロイドが使用される。
パラベラム号
アニメ版に登場。自称、銀河帝国の「大宇宙を駆ける大いなる海賊船」。巨大な蛾のような形をしている。
主な武装は、大口径ビーム砲3門、多連装ミサイルランチャー2基など。グランドクロスを一撃で退散させるだけの攻撃力だけではなく、船長「鉄の髭」の立体映像を艦外に投影したり、効果音やBGMを周囲の船に強制的に送り込んで鳴り響かせるなど、海賊ならではの演出も強大な船。

軍艦[編集]

セレニティ連合王国の軍艦[編集]

クイーン・セレンディピティ
ブルー・インク社製のマラコット級大型戦艦。セレニティ防衛軍の旗艦。防衛軍の旗艦は代々同じ名前を受け継ぐ。
なお、セレニティ星王家の「黄金の幽霊船」も同名である。
アニメ版では、長剣を二本束ねたようなカタマランとなっている。
コーバック級護衛艦
セレニティ防衛軍で使われている小型護衛艦。コーバック級は銀河帝国中央の軍需産業が各国正規軍向けに広く輸出販売している艦で、海明星星系軍でも使用されており、海賊船に対する「モブのパトカー」的な役割。
「小型」とはいえ弁天丸より大きく、カタログスペック上は攻防両面で凌駕しているが、速力と電子戦能力では遠く及ばない。
アニメ版ではサバイバルナイフを連想させる特徴的な艦形をしている。
タルボット級戦艦
セレニティ防衛軍で使われている中型戦艦。ヒュー&ドリトル星間運輸が保有する企業艦隊でも使用している。アニメ版では両刃のダガーのような艦形をしている。

銀河帝国の軍艦[編集]

ノイシュバンシュタイン
統合打撃指揮戦艦(TDS)。銀河帝国の第五艦隊の第一打撃艦隊旗艦。弁天丸ら海賊船を相手にした演習では総旗艦を務めた。

七つ星共和連邦の軍艦[編集]

グレンスミス級戦艦
辺境の星間国家向けに量産された高速戦艦。
アグリガート級打撃巡洋艦
七つ星共和連邦統一軍で使われている旧式巡洋艦。設計はグレンスミス級よりも古い。
ベスモス級機動巡洋艦
七つ星共和連邦統一軍で使われている比較的新しい巡洋艦。

ヒュー&ドリトル星間運輸の軍艦[編集]

ジャバウォッキー
ヒュー&ドリトル星間運輸の第1護衛艦隊の旗艦。企業艦隊の中で唯一の電子戦艦。
原作ではロキュータス級電子戦艦だが、アニメ版では、クイーン・セレンディピティと同形のマラコット級大型戦艦に変更された。

企業連合体ラキオンの軍艦[編集]

デアフリンゲ級機動巡洋艦
造船メーカー、ルーベ・マス社製の機動巡洋艦。対艦戦闘専門の新鋭艦。
ロキュータス級電子戦艦
新型の電子戦艦で、ヒュー&ドリトル星間運輸のジャバウォッキーと同型。

劇場版に登場する軍艦[編集]

ヒュローク
ミラ星系軍のリンコドン級戦艦。
HH級護衛艦
ヒュロークの護衛艦。
強襲艦
護衛艦に搭載された強襲艦。

その他のメカニック[編集]

民間船・輸送船[編集]

ライトニング11
他星系の犯罪カルテルの船で、最初に茉莉香を付け狙った。オデット二世にちょっかいを出し、後に電子戦を仕掛けるが反撃され、ついにビーム砲で直接攻撃してくる。
プリンセス・アプリコット号
プリンセスシリーズと呼ばれている豪華クルーズ客船の一隻。弁天丸の「営業」のお得意様で、白凰海賊団もここで「営業」した。
シンフォニー・エンジェル号
シンフォニー・エンジェルと呼ばれている豪華クルーズ客船の一隻。弁天丸の「営業」のお客様で、コーバック級護衛艦が共に護衛していて、グリューエル・セレニティが弁天丸に密航した時に利用された(TV第7話)。
アルティメット・フェアリー号
花嫁に仕立てられたジェニーが押し込められた客船。茉莉香はリンの依頼を受けてフェアリー号襲撃・ジェニー奪取計画を考え始めるが、その矢先にジェニーがサイレント・ウィスパーを奪取して逃走してきた。
グロリアス・クールフ号
クールフ家が私有する客船で、ジュナイがプライベートで使用していた。その運用に胡散臭さを感じた茉莉香らは襲撃をかけ、ジュナイの意外な弱みを握る。
ルナライオン
詐欺師のジャッキーが使用する改造船。元の船の形状が判別出来ないほどの大改装が施されており、いびつな形状の船体に大型のパラボラアンテナが2基装備されている。船体表面はアクティブステルスと光学迷彩を行うシステムで覆われており、大半のセンサーに捕らえられない。強力なコンピュータを備え、高度な電子戦能力と膨大な情報処理能力を持つ。電子的には非常に高い隠密性を誇るが、単純な見た目では非常に目立つ船であり、状況次第では表立っては使えない場合もあるらしい。
愛の女王号
ミューラの姉、マイラ・グラントが船長を務める宇宙船。表向きは移動娼館として各地を回っているが、真の目的はスパイ活動である。
シェナンドア号
ヒュー&ドリトル星間運輸の高速客船。
マリア・フォルテ85
西キリア船籍の輸送船。謎の艦隊による襲撃を受ける。
ビギン・ザ・ビギン号
劇場版に登場。ジェニーが起業した星間旅行会社「フェアリー・ジェーン」のツアーで運行される豪華客船。

恒星間移民船[編集]

黄金の幽霊船
セレニティ星王家の神話で「天使の箱舟」と呼ばれる船。その正体はセレニティ星王家の最初の皇族や国民を運んだ大型移民船で、船名は「クイーン・セレンディピティ」。全長24km、全幅7km。
超光速航行性能を持たない世代間宇宙船(恒星船)として建造され、コールドスリープ施設や人工子宮設備も備え、乗組員や生態系を保存して数十年をかけて星の海をわたった。最初の皇族と国民をセレニティに運んだ後も星系間の定期航路に就役していた。後に初歩的な超光速機関を自主開発したが、亜空間に姿を晦まして消息を絶ち、稀に通常空間に浮上した姿が幽霊船としてとらえられる。王家の中でも限られた者はその正体や出現位置を把握しており、時に接触して船内の宝物を持ち出して糊口を凌いでいた。また、人工子宮「薔薇の泉」で皇族を産み出しつづけていた。
「クイーン・セレンディピティ」は、セレニティの保有する中で最も重要な宇宙船が受け継ぐ伝統ある船名であり、現代のクイーン・セレンディピティはセレニティ軍の旗艦である戦略宇宙戦艦。黄金の幽霊船は「初代」クイーン・セレンディピティにあたる。

偵察機・ヨット[編集]

サイレント・ウィスパー
最新鋭の電子偵察機。小型機だがオデットII世を凌駕する電子戦能力を有し、さらに単独で超高速跳躍も可能。ユニット・コストは弁天丸より遥かに高価である。ジェニーが望まない政略結婚から逃げ出す時に使用し、報酬として弁天丸に残していった。その後はオデットII世に搭載されている。
白鳳女学院所属の連絡艇で民間機登録[2]がされているが、アニメ版では、茉莉香の名前(弁天丸船長として)で所有登録がされている。[3]入手後は弁天丸の仕事で頻繁に使用されている。
アニメ版では船体はダークブルーに塗装されていた。最終話でクォーツがグランドクロスから脱出するのに使用した他、劇場版ではハロルド・ロイド保険組合所属の星条旗カラーの機体が登場する。
ディンギー
白凰その他各校のヨット部などが所有する1人乗りの小型艇。宇宙船というよりはグライダーに近い機体。主に大気圏突入と突入後の滑空の腕前を競う競技に用いられる。

亜空間潜水艇[編集]

グレートデプス13世
劇場版に登場。初期タイプの亜空間潜水艇。
フラウウェン
劇場版に登場。ヒュロークに配備されている亜空間潜水艇。スカーレット・サイファが搭乗した。
アドヴァジーレ
劇場版に登場。無限博士が開発した最新かつ最後の亜空間潜水艇。無限工房に隠されており、彼方が乗り込んだ。潜行形態、通常形態、最終形態の3つの形態になる。

用語[編集]

惑星・施設[編集]

海明星(うみのあけほし)
銀河系オリオン腕、鯨座宮たう星系の第3惑星。海の惑星で、茉莉香が住む新奥浜市は、唯一の大陸の赤道直下の沿岸部にある。
白凰女学院(はくおうじょがくいん)
茉莉香やグリューエル達が通う名門お嬢様学校[注 11]で、新奥浜市の郊外にあり近隣星系からも生徒が集まる。
オデットll世を所有するヨット部が存在する。また、ウズマサ星系海森星(うみのもりほし)に分校がある。学校の地下には100年前の殖民星連合の艦隊司令部が眠っている。
原作とアニメ版では、中等部の制服が異なってるが、TVアニメ化発表後執筆の8巻からアニメ版の制服と同一になっている。
ランプ館
新奥浜市の運河沿いにある、レンガ倉庫を改造した喫茶店。茉莉香のアルバイト先であるが、船長就任後はあまり通えていない。制服は、エプロンドレスと白いレースのカチューシャをつけたメイド服。
髑髏星 (スカルスター)
辺境の宇宙海賊の本拠地とされる、髑髏の形をした人工天体。数千年前に建造された機動要塞が原型となっており、超光速航行で頻繁に位置を移動するために銀河帝国の情報部ですら、はっきりとした所在を掴めていない。内部は巨大なブラックマーケットとなっていて、あらゆる違法取引が公然と行われている。また、失われた遺物や技術、紙の書物や封印された技術なども大量に所蔵されている。
ポルト・セルーナ・ステーション
銀河帝国第五艦隊が拠点とする軍基地。元は巨大要塞であり、帝国の外縁部に位置する。帝国だけでなく軍関連の企業もおかれている。120年前は銀河帝国第七艦隊の駐留拠点となっている。
風凪星(かぜのなぎほし)
アニメ版に登場。
ディンギー競技大会「ネビュラカップ」の第13回と第19回大会の開催地となった惑星。普段は穏やかな風と海の星だが、主星に電磁嵐が起きるとその影響で乱気流が吹き荒れる。 かつての第13回大会で、白凰ヨット部は「コースが平穏すぎてつまらない」というだけの理由でクラッキングを行い、コースデータを乱気流のど真ん中へと書き換えた。その結果参加者142名中完走者2名という大惨事となり、白凰ヨット部は5年間の出場停止処分を受けるとともに、他校の怨嗟の的となった。
海賊の巣
アニメに登場。かつて海明星の宇宙海賊たちが海賊会議に使っていた小惑星。部外者の接近は星間物質 (小惑星帯やガス雲) によって阻まれている。

国家・星系[編集]

セレニティ連合王国
歴史あるセレニティ正統王家が治める星間国家。当主はシムシエル大公。王家は内政にはほとんど関わらない。グリューエルはセレニティ星王家の第七皇女。グリュンヒルデは第八皇女。王族は青の姉妹 (青い姉、青い妹)、碧の兄弟、赤の父、藍の母、白の子供と呼ばれる七つの星に分散している。首都は青い姉にあるファースト・ヴァージニア。
銀河帝国
海明星を含む、銀河系数十億の星が加盟する星間国家。海明星ら植民星連合と宗主星との独立戦争のさなかに来訪し、両者を一まとめに併呑して戦争を終わらせてしまった[注 12]
七つ星共和連邦
銀河帝国とは対立中の辺境星間国家。
ガーネットA星系
たう星系の海明星から30光年の距離にある赤色巨星。
ファウンテンブロウ
人の手による開発を受けず、知的生命体も住んでいない広大な空域。主に軍事演習場として利用される。

その他の用語[編集]

海賊
下記の海賊免許を保有して政府などから公認されたものと、どこの政府にも属さず独立して活動する正真正銘の海賊とがいる。後者は事実上犯罪組織ないしは反体制武装勢力であり、凶悪な反社会的存在である。海賊ギルドも結成している。
海賊免許 (私掠船免状)
百数十年前の独立戦争時、植民地側が乏しい戦力を補うために海賊を活用する方便として発行したもので、これをもって海賊の存在を公認したうえで指揮系統に組み込み通商破壊の遊撃任務に当たらせた。独立戦争自体は宗主星系・植民星連合双方が銀河帝国に併合される形で終了したが、この作戦の有効期限が定められず、また、理由は不明だが制度自体も廃止されることなく現在に至り、政府から作戦中止の通達がない限り、下記の条件を満たせば今でも免許は有効である。
  • 有効期限は50日間[注 13]で、その間に次の海賊行為を行えば有効期限が更新される。
  • 免許を受けた船体に限り有効[注 14]
  • 免許を受けた船長が存命の限り有効。ただし、直系の継嗣が継承することができる。
独立戦争終了後、海賊はもはや必要とされず、新たに免許が交付される可能性はまずない。現在の海賊は稼業を継続するため、古い免許の維持に腐心する。一方で、政府にとっては、私掠船制度はあくまでも戦時立法よる特例に過ぎず、100年以上前の旧い制度であり、これを減らす機会を伺っている。乗組員の病気や事故、犯罪被害による船の破損等のやむを得ない事情であっても、それを理由に容赦なく免許更新を拒絶して剥奪する。海賊の主な業務は、保険会社・船会社からの依頼で実施されるアトラクションとしての豪華客船襲撃、軍の演習における敵役、表に出せない物の護衛や輸送を行うほか、星系軍の雑用を請ける。免許を持っているからといって犯罪行為が無制限に許されるわけではなく、暗黙のルールの中で業務が行われる。
星間法上、海賊免許の下で活動する海賊は軍隊に準じて扱われるため、業務中の船長は船長服の着用を義務づけられる。
海賊行為
戦時において敵勢力の通商破壊を狙い、政府の公認の下に交戦中の敵国とそれに与する勢力の船を攻撃・拿捕し、臨検する行為。独立戦争当時には海賊船に期待された活動だったが、現代においてはそもそも交戦中の敵国が存在しないために形骸化してしまっている。
現代では海賊が私掠船免状の有効期限を更新するために行っており、海賊は保険会社および船会社と連携し、あたかも観光客相手のイベントとして段取りを定めて行っており、海賊の側も海賊行為の現場においては接舷を丁寧に行い不必要な破損が生じない様に注意を払う。必要最小限の武器の使用や貴重品の掠奪も行われるが、「被害者」には保険会社による補償がなされたり、貴重品等も保険会社・船会社を経由して返還される。
幽霊船
難破したり、戦闘で大破するなどして航行不能になったはずだが、目撃例が相次ぐ宇宙船全般のこと。単なる噂や都市伝説の一種から、電子戦での欺瞞工作による影、更には名称通りの宇宙船まで含まれている。
長命種 (メトセラ)、短命種 (ショートタイマー)
寿命が種別平均よりも倍以上を生きる種族を長命種、半分以下の種族は短命種と呼ばれる。長命種の絶対数は少ない。一般的に長命種は気が長いのんびり屋、短命種は気が短くせっかちとの説がある。バルバルーサ副長のノーラ、セレニティ王家枢密院侍従長のヨートフ、辺境海賊ギルド幹部のミューラなどが長命種にあたる。
スカラー・ルート
辺境区の星間航路。銀河帝国の基幹航路並みの航法支援設備が存在する。ルート上には自由貿易都市「明夜」などがある。
ステラ・スレイヤー
恒星のエネルギーを取り出して使う超新星爆弾。使用されると膨大なエネルギーを周囲に撒き散らし後始末が大変で厄介な代物である。
ハロルド・ロイド保険組合
銀河有数の巨大保険組織。宇宙海賊の業務を遂行する上で生じるリスクをカバーするために不可欠な保険商品を提供する。客船襲撃アトラクションをはじめとする仕事の仲介も行う。現在の弁天丸の担当エージェントはショウ。前任者はハロルドだったが、梨理香によればいけ好かない奴だったらしい。
企業連合体ラキオン
比較的若い新参企業が集まった企業体。銀河帝国とも繋がりを持つ。
イグドラシルグループ
劇場版に登場する巨大コングロマリット(複合企業)。「オーマ電脳」、「セオドア・グループ」、「ゼネラル・オプチカリクス」の3社を中心に、2897社もの企業が参加している。さらにその下の傘下の企業は数千社から数万社になる。
銀河パス
劇場版に登場した宇宙船などを乗るためのパスポート券 (乗船券)。特別のパスのため何処の船でも乗れる。

小説既刊一覧[編集]

  1. ミニスカ宇宙海賊 2008年10月21日初版発行 ISBN 978-4-02-273901-8
  2. 黄金の幽霊船 2009年4月21日初版発行 ISBN 978-4-02-273913-1
  3. コスプレ見習海賊 2009年11月20日初版発行 ISBN 978-4-02-273926-1
  4. 漆黒の難破船 2010年5月20日初版発行 ISBN 978-4-02-273942-1
  5. 白銀の救難船 2010年11月19日初版発行 ISBN 978-4-02-273956-8
  6. 真紅の海賊船 2011年3月19日初版発行 ISBN 978-4-02-273962-9
  7. 蒼白の髑髏星スカルスター 2011年11月30日初版発行 ISBN 978-4-02-273978-0
  8. 紫紺の戦魔女 2012年4月20日初版発行 ISBN 978-4-02-273985-8
  9. 無法の御免状ライセンス 2012年11月30日初版発行 ISBN 978-4-02-273996-4
  10. 二隻の白鳥号 2013年6月20日初版発行 ISBN 978-4-02-276003-6
  11. モーレツ時間海賊 2014年02月07日初版発行 ISBN 978-4-02-276010-4

コミック[編集]

2012年6月からは、ニコニコ静画の『ニコニコASAHIコミックファンタジー』で峠比呂による漫画版の連載が始まった。また、劇場版アニメのコミカライズ『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』が月刊コミックアライブ2014年2月号より連載されている[4]

テレビアニメ[編集]

モーレツ宇宙海賊』(モーレツパイレーツ)のタイトル[注 15]で、MBStvk他にて2012年1月から6月まで放送された。全26話。ナレーションは小山力也。

原作の第1巻に相当する主人公が宇宙海賊となることを自ら選択するまでの過程は、第1話から第5話までを費やす形で描かれた。 その丁寧で緩やかな構成ゆえに、番組の紹介記事の多くには「まるで1990年代後半のテレビ東京夕方6時台アニメ」と言ったような見出しが躍った。 監督の佐藤によれば、これは後に他の登場人物を牽引していくことになる主人公の決断を、周囲に流されるのではなく、説得力のある形で描くという意図があったという[5]

次回予告に続くエンドカードでは、当該エピソードで出てきた台詞から佐藤が選んで揮毫したキーワードや一言が表示される[注 16]。 佐藤いわく、本作と自身が総監督を務める『輪廻のラグランジェ』では実験的な試みの意図も込め、恋愛要素は一切排除されているとのこと[6][注 17]

原作の第3巻がまだあらすじしかできていない時期にアニメ化の企画が動き始めたため、第1話から第18話までは原作の第1巻から第3巻までに準拠した内容となっており、第19話以降は時系列的に現時点ではアニメオリジナルエピソードとなっている。 (原作10巻巻末時点で、まだ2年目の6月末) また、当初は2011年後半に放送が予定されていたものが2012年にずれこんだ。 そういった時間的余裕もあり、第1話の放送前に全26話の制作を完了した[注 18]。制作に余裕を持てた状況も、前述のような異色の展開や実験に寄与している。 原作のスペースオペラ的側面はやや薄められており、異星人的な種族などは登場しない。[7] ただし最古参の海賊が存命しているなど、原作の要素は残っていたり、アニメ版からの逆輸入設定も有る。

2012年10月にNewtype×マチ★アソビ アニメアワード2012メカデザイン部門を受賞し、2013年に星雲賞メディア部門受賞。

登場人物(アニメ)[編集]

大半はアニメオリジナルのキャラクターであるが、原作のキャラクターも一部で登場する。

白凰女学院のヨット部員[編集]

原作では一部を除いて名前すら設定されていなかったが、アニメ版では名前や容姿などを詳細に設定されている(ただし、人数は減らされている)。またアニメ放映後に刊行された原作で、アニメ版のキャラクターが新たに紹介されている。

学年は物語開始時基準。第13話で2年に進級した。

弁天丸の乗組員達が事情で船を離れて仕事を行えなくなり、茉莉香がピンチに陥った際にはセレニティ姉妹(前述)を含めたリン部長以下のヨット部の部員達が乗員の代わりに弁天丸へ乗り込み、「白凰海賊団」として仕事を行った。

また、第26話では卒業生やセレニティ姉妹と共にオデット二世で加勢に駆けつけるが、間に合わなかった。

3年生→卒業生[編集]

第13話(原作では第2巻)でジェニーと一緒に卒業した。

タルヴィッキ・ラウノ
声 - 伊藤静
オデット二世の動力系を担当。赤紫色の髪でポニーテール。
フローラ・チャピー
声 - 小見川千明
ミレーネ・セルトン
声 - 早見沙織
オデット二世の航行系を担当。丸顔で、濃い色のレンズの丸眼鏡を着用している。
なお、最終話に唯一登場しなかった。
2年生→3年生[編集]

リンらと同学年組。

イズミ・ユノモト
声 - 内田真礼
オデット二世の操帆を担当。
白凰海賊団では、エイプリルやベリンダと共に火器管制を担当。「営業」時には教会のシスターのコスプレをした。
アスタ・アルハンコ
声 - 安野希世乃
オデット二世の操帆を担当。銀髪のボブヘアー。
白凰海賊団では、リンと共に通信・電子戦を担当。「営業」時には小悪魔のコスプレをした。
小林丸 翔子
声 - 野村香菜子
オデット二世の索敵・レーダー系を担当。名前は『スタートレック』のコバヤシマルより。
左側の髪が長く、片目が隠れている。しっかり者でリンから信頼されている(第13話より)。
白凰海賊団でも、ナタリアやウルスラと共にレーダーを担当。「営業」時には女性警察官のコスプレをし、銃まで携行した(「営業」時に銃を携行したのは、茉莉香・リン・翔子のみ)。
エイプリル・ランバート
声 - 巽悠衣子
白凰海賊団では、イズミやベリンダと共に火器管制を担当。「営業」時にはレースクイーンのコスプレをした。
ベリンダ・パーシー
声 - 三森すずこ
オデット二世の操帆を担当。赤毛のツインテール。
白凰海賊団では、イズミやエイプリルと共に火器管制を担当。「営業」時にはアスタとペアの天使のコスプレをした。
1年生→2年生[編集]

茉莉香らと同学年組。

原田 真希(はらだ まき)
声 - 赤﨑千夏
赤毛で頭頂部をおだんごに纏めている。よくリリィと一緒にいる。あだ名は「ハラマキ」(第15話より)。料理が上手い。
弁天丸初乗船の際、誤って砲撃ボタンを押して主砲を発射し、星系軍の注意を惹いて白凰海賊団に最初の危機をもたらす。
白凰海賊団では、リリィやアイと共に航法を担当。「営業」時には魔法少女のコスプレをした。
サーシャ・ステイプル
声 - 高森奈津美
金髪にヘアバンドをしている。翔子と共にリンから信頼されており(第13話より)、進級後は副部長を務めている。就寝前には肌のお手入れを欠かさないなど、この学年の中では一番女らしい。
白凰海賊団では、チアキやヤヨイと共に動力を担当。「営業」時にはバニーガールのコスプレをした。
アニメ放映後に刊行された原作では、茉莉香より一年先輩として登場。
リリィ・ベル
声 - 佐藤聡美
オデット二世の通信を担当。褐色の肌と銀髪を持ち、額にビンディーを貼っている。
白凰海賊団では、真希やアイと共に航法を担当。「営業」時には看護師のコスプレをした。
ウルスラ・アブラモフ
声 - 西明日香
緑髪の少女。頭頂部にアホ毛がある。
白凰海賊団では、翔子やナタリアと共にレーダーを担当。「営業」時には怪獣のコスプレ(というより着ぐるみ)をした。
新入生(第13話以降の1年生)[編集]

第13話(原作第2巻)で卒業した3年生と入れ替わりに入学し、ヨット部に入部した。

アイ・ホシミヤ
声 - 茅野愛衣
白凰ヨット部で唯一ディンギーの操船経験を持ち、中学生の時に1人乗りヨットの大会で優勝した実績を持つ。仔犬のような耳付きの帽子を被っている。
白凰海賊団ではまずリリィや真希と共に航法を、そして弁天丸の操舵を担当。「営業」時には妖精のコスプレをして妙にウケた。
海と風と星、そしてヨットが心底好きで、ネビュラカップもその情熱で体格的なハンデを乗り越えて選抜を勝ち抜いた。
中学新入生のグリュンヒルデと同じくらい背が低いため、弁天丸を操舵する際には踏み台を使用した。
原作でも登場、アニメ放映後に刊行した原作ではアニメに準じた挿絵が挿入されている。
ヤヨイ・ヨシトミ
声 - 南條愛乃
新入生3人組の中では最長身。
実家が裕福な貿易商で双発型クルーザーを所持しているため、その経験を生かして白凰海賊団ではチアキやサーシャと共に動力を担当。「営業」時にはカウガールのコスプレをした。
原作では茉莉香と同学年。
ナタリア・グレンノース[注 19]
声 - 伊瀬茉莉也
体育会系の元気な少女。新入生で唯一、原作に名前が登場していない。
白凰海賊団では、翔子やウルスラと共にレーダーを担当。「営業」時にはチアガールのコスプレをした。
ネビュラカップ選抜では、第1位で選手の座を射止めている。

ネビュラカップ関係者[編集]

委員長
声 - 慶長佑香
ネビュラカップの運営委員長。かつて大会をぶち壊しにした「悪魔」白凰ヨット部の参加に恐怖し、取り乱した挙句、みずからディンギーで出撃するという暴挙に出る。
副委員長
声 - 葉山いくみ
委員長の腹心。「無法者には無法者」、すなわち白凰ヨット部に対抗して弁天丸を大会警護に雇うという策を立てるが、その弁天丸の船長である茉莉香が白凰ヨット部員でもあることまでは把握していなかった。
出場選手達
声 - ももいろクローバーZ
他校のヨット部員たち。第13回大会の惨劇の原因を作った白凰ヨット部を白眼視し、先輩たちの屈辱を晴らすべく5年間しごかれて腕を上げ、第19回大会に臨む。

海賊関係者(アニメ)[編集]

ストーン
声 - 山口太郎
海賊船「ビッグキャッチ」の船長。
茉莉香の両親の現役時代を知る古参の海賊だが、「海賊狩り」にはまったく歯が立たずに船を失い、己の老いと限界を実感して「引退」を決意する。
ジョン
声 - 遠藤大智
海賊船「サザンアイランド」の船長。海賊の巣に向かう途中、「海賊狩り」に捕捉されてしまう(生死は不明)。
リリカル・シニカル
声 - 勝矢
まだ若手の海賊。怒りに任せてクォーツと鉄の髭に「刃傷御法度」という海賊の巣の掟を破って銃口を向けるが、ブラスター・リリカに阻止され、見習いに降格されてしまう。
鉄の髭
声 - 小山力也
大型海賊船「パラベラム号」の船長にして、銀河帝国中央の「一流」の海賊。左肩の肩口に付いているドクロは、銀河帝国公認の海賊の証である。顔の上半分を覆い隠す金属製の仮面を着けており、大仰な台詞回しが特徴的。
船の強大さも本人の器の大きさも茉莉香たちのような「御当地アイドル」の田舎海賊とは桁違い。伊達を好み、戦闘時には艦上部に自らの3D映像を映し、周辺にいる艦をハッキングして強制的に効果音を流させる。
最終話にて、その正体は亡くなったはずの茉莉香の父・ゴンザエモンであることが、グリューエルとの会話で判明した。余りにも自己陶酔的であるために、妻子やミーサなど身近な女性には呆れられている。
フェイ
声 - 腹筋善之介
海賊の巣の料理人にして、実質的な支配者。
海明星新奥浜空港の中華レストランに、弟の銀九龍がいる。5人兄弟は各々が店を持っている。
シェイン・マクドゥガル
声 - 松風雅也
ケインの双子の弟で、パラベラム号の操舵手。弁天丸のクルーすら一見では見分けられない兄そっくりの容貌を活かし、巧みに入れ替わっていた。容貌における兄との違いは前髪の一部が立つことがあるだけである。性格は行き過ぎた体育会系で、茉莉香の不興を買った。

その他(アニメ)[編集]

ビスク員
声 - 岩瀬周平山本格
よそ者の犯罪組織「ビスクカンパニー」の構成員で、「海賊船免状がうらやましいやつら」。不可侵協定を無視して茉莉香を狙い、武装した飛行機でネビュラカップに乱入。茉莉香だけでなく他の参加者まで無差別に攻撃する。
クォーツ・クリスティア
声- 三瓶由布子
超大型戦艦「グランドクロス」の艦長で、たう星系周辺の海賊を狩る女性。当初はその正体が伏せられていたが、後に鉄の髭同様、銀河帝国中央の「大スター」海賊であることが判明した。
艦長の身でありながら海賊の巣にわざわざ単身で潜入し、辺境海賊たちを「もはや過去の遺物、無用の存在。いなくなっても誰も困らない」と酷評して茉莉香を挑発する。ステルスで自分の姿を隠すなど用意周到かつ大胆。3隻のグランドクロスを駆り茉莉香ら海賊達と最後の決戦を行う。茉莉香によれば負けず嫌いな性格らしいとのこと。また、ハイテクに頼りすぎるきらいがある他、予想外の事態になると感情をコントロールできずにヒステリックな一面を見せる。結局、それらの弱点を海賊達に突かれて敗北。またいずれ会うような示唆を残して撤退した。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
作詞・作曲・編曲 - 前山田健一 / 歌 - ももいろクローバーZ
エンディングテーマ「LOST CHILD」(第1 - 8話、第10、11、14、15話、第17 - 25話)
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲・編曲 - NARASAKI / 歌 - ももいろクローバーZ
イメージソング「Black Holy」(第9話、第12話、第16話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - nishi-ken / 歌 - 小松未可子
表記はイメージソングだが、実質エンディングテーマ扱いとなっている。
ゲストエンディングテーマ「透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜」(第13話)
作詞・作曲・編曲 - sin / 歌 - 小松未可子
第21話、第26話では挿入歌として使用。
ゲストエンディングテーマ「未來航路」(第26話)
作詞 - RUCCA / 作曲・編曲 - 藤間仁 / 歌 - 小松未可子
挿入歌「海賊の歌(茉莉香とチアキ)」
歌 - 茉莉香とチアキ(小松未可子、花澤香菜)
第25話では挿入歌として使用。

各話リスト[編集]

各話のサブタイトルは、エンディング開始時に表示される。第26話のみエンディング後に表示された。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
SAILING 1 海賊、罷り通る 佐藤竜雄 佐藤竜雄 筑紫大介 竹内浩志
SAILING 2 私の力、海賊の力 水本葉月 倉田綾子
SAILING 3 オデット二世、出航! 下田正美 佐々木奈々子 杉村友和、寺尾憲治
SAILING 4 決戦は深夜 大脊戸聡 山下英美
SAILING 5 茉莉香、決意する 西村聡 近藤一英 大河内忍
SAILING 6 茉莉香、初仕事する 佐山聖子 福島利規 福島豊明、伊佐英朗
興石暁
SAILING 7 平穏ままならず 島津裕行 室谷靖 小谷杏子、吉川真帆
SAILING 8 姫と海賊 もりたけし 筑紫大介 今西亨
SAILING 9 華麗なる船出 小野勝巳 水本葉月 いとうまりこ
SAILING 10 嵐の砲撃戦 佐山聖子 大野和寿 高乗陽子、山村俊了
SAILING 11 閃光の彷徨者(ワンダラー) 伊藤達文 いとうまりこ
SAILING 12 永遠(とわ)よりの帰還 西村聡 室谷靖 山下英美、塩川貴史
SAILING 13 茉莉香、招待する 下田正美 大脊戸聡 大河内忍、寺尾憲治
SAILING 14 茉莉香、募集する 伊藤美智子 島津裕行 大野和寿 中野彰子
SAILING 15 密航出航大跳躍 倉田綾子 いとうまりこ
SAILING 16 初仕事!白凰海賊団 筑紫大介 小谷杏子
SAILING 17 意外なる依頼人 室谷靖 泉保良輔
SAILING 18 打ち上げはジュース 大脊戸聡 今西亨
SAILING 19 四人の絆 水野健太郎 佐々木奈々子 羽多野浩平 安藤正浩
SAILING 20 茉莉香(せんちょう)、波に乗る 宮崎真一 安田賢司 近藤一英 塩川貴史、いとうまりこ
SAILING 21 決戦!ネビュラカップ 西村聡 筑紫大介 大河原晴男、山下英美
SAILING 22 海賊狩り 佐藤竜雄 室谷靖 泉保良輔
SAILING 23 目指せ!海賊の巣 水本葉月 大河内忍、舘崎大
SAILING 24 傷だらけの弁天 下田正美 羽多野浩平 松下純子、福世孝明
SAILING 25 開催!海賊会議 佐藤竜雄 大野和寿 小谷杏子、今西亨
SAILING 26 そして、海賊は行く 倉田綾子 竹内浩志

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
神奈川県 tvk 2012年1月7日 - 6月30日 土曜 24:30 - 25:00 独立局
東京都 TOKYO MX 土曜 25:00 - 25:30
近畿広域圏 毎日放送 2012年1月7日 - 7月7日 土曜 27:28 - 27:58 TBS系列 アニメシャワー第4部[注 20]
千葉県 チバテレビ 2012年1月8日 - 7月1日 日曜 23:30 - 24:00 独立局
埼玉県 テレ玉 2012年1月8日 - 4月1日
2012年4月8日 - 7月1日
日曜 25:35 - 26:05
日曜 25:30 - 26:00
愛知県 テレビ愛知 2012年1月9日 - 7月2日 月曜 26:00 - 26:30 テレビ東京系列
日本全域 BS11 2012年1月13日 - 7月6日 金曜 23:30 - 24:00 独立系BS放送 ANIME+
AT-X 2012年1月14日 - 7月7日 土曜 23:30 - 24:00 CS放送 リピート放送あり
ニコニコチャンネル 土曜 23:00 更新 ネット配信 最新話1週間無料
バンダイチャンネル 土曜 24:00 更新
ShowTime 2012年1月16日 - 7月9日 月曜 12:00 更新
アニメワン
GyaO! 2012年2月11日 - 7月7日 月曜 24:00 更新 最新話1週間無料[注 21]
石川県 北陸放送 2013年4月18日 - 10月10日 木曜 26:15 - 26:45 TBS系列
日本全域 キッズステーション 2013年10月3日 - 2014年4月3日 木曜 24:00 - 24:30 CS放送 リピート放送あり

Blu-ray / DVD[編集]

2012年5月9日発売のBlu-ray第3巻初回限定版は発売初週6352枚を売り上げオリコンBDランキング総合首位を獲得している[8]

Blu-ray
巻数 発売日 収録話 規格品番
初回限定版 通常版
1 2012年3月7日 第1 - 2話 KIXA-90165 KIXA-165
2 2012年4月11日 第3 - 6話 KIXA-90166 KIXA-166
3 2012年5月9日 第7 - 10話 KIXA-90167 KIXA-167
4 2012年6月6日 第11 - 14話 KIXA-90168 KIXA-168
5 2012年7月11日 第15 - 18話 KIXA-90169 KIXA-169
6 2012年8月8日 第19 - 22話 KIXA-90170 KIXA-170
7 2012年9月5日 第23 - 26話 KIXA-90171 KIXA-171
DVD
巻数 発売日 収録話 規格品番
1 2012年3月7日 第1 - 2話 KIBA-1929
2 2012年3月28日 第3 - 4話 KIBA-1930
3 2012年4月11日 第5 - 6話 KIBA-1931
4 2012年4月25日 第7 - 8話 KIBA-1932
5 2012年5月9日 第9 - 10話 KIBA-1933
6 2012年5月23日 第11 - 12話 KIBA-1934
7 2012年6月6日 第13 - 14話 KIBA-1935
8 2012年6月27日 第15 - 16話 KIBA-1936
9 2012年7月11日 第17 - 18話 KIBA-1937
10 2012年7月25日 第19 - 20話 KIBA-1938
11 2012年8月8日 第21 - 22話 KIBA-1939
12 2012年8月22日 第23 - 24話 KIBA-1940
13 2012年9月5日 第25 - 26話 KIBA-1941

劇場アニメ[編集]

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
監督 佐藤竜雄
脚本 佐藤竜雄
原作 朝日ノベルズ刊「ミニスカ宇宙海賊」
製作 劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会
出演者 小松未可子
下田麻美
音楽 Elements Garden
主題歌 ももいろクローバーZ
猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
撮影 岩崎敦
編集 坪根健太郎
製作会社 サテライト
配給 キングレコード
ティ・ジョイ
公開 日本の旗 2014年2月22日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

テレビアニメ版最終話の放送終了後、監督の佐藤竜雄による「劇場で逢いましょう」という文字が書かれたエンドカードや公式Twitterにて劇場版の製作が発表された。その後、2014年2月22日に『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』(モーレツパイレーツ アビス・オブ・ハイパースペース あくうのしんえん)のタイトルで公開となった。

公開に先駆け、2013年3月には一部スタッフが公表された[9]。大半がテレビアニメ版から続投しているが、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督は堀内修へ交代している。

公開前日の2014年2月21日には、公開記念プロモーション「『モーレツ乗っ取り計画』プレス発表会」が開催され、千葉県船橋市非公認ゆるキャラふなっしーがPR大使に就任して登壇した[10]。また、同日22:00にはニコニコ動画にて冒頭約6分間の本編や小松未可子と下田麻美によるメッセージ映像が、6時間限定で公開された[11]

公開初日の2014年2月22日には、新宿バルト9で初日舞台挨拶が開催され、主題歌歌手の中川翔子のほか、声優の小松未可子、金元寿子、松風雅也、原作者の笹本祐一、監督の佐藤が登壇した[12]

キャッチコピーは「さあ、海賊の時間だ!」、「だから君は、―この船に乗った。」、「亜空の流れ、その果ては何色か?」。

登場人物(劇場版)[編集]

無限彼方
声 - 下田麻美
無限博士の息子。
スカーレット・サイファ
声 - 能登麻美子
謎の女性。
無限博士
声 - 飛田展男
彼方の父。

スタッフ(劇場版)[編集]

主題歌(劇場版)[編集]

オープニングテーマ「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
作詞・作曲・編曲 - 前山田健一 / 歌 - ももいろクローバーZ
テーマソング「キラキラ-go-round」
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU / 歌 - angela Presents/中川翔子
エンディングテーマとして使用された。
イメージソング「Sail away
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU、松本祥平 / 歌 - 小松未可子
挿入歌として使用された。

ゲーム[編集]

ソーシャルゲーム化されており、フィーチャーフォン版の「GREE」と「Mobage」より、ニジボックスが提供している。後にスマートフォン版でも対応した。また、フィーチャーフォン版の「mixi」でもリリースされている。内容はテレビアニメに沿った内容であり、海明星で学園生活を送りながら、仲間となるカードの収集・育成を行って海賊船団を強化しつつ、「私掠免状」を獲得したら、定期的に開催されるイベント「海賊の時間」で海賊行為を行なって襲撃数を稼いでいく。襲撃数でランキングを取っており、上位に入ると様々なアイテムがプレゼントされる。

コラボレーション[編集]

  • 嫁コレ - NECビッグローブのスマートフォン向けのカードコレクションゲームに2012年3月16日からカードが登場。
  • うたスキ - JOYSOUNDの2012年4月6日から会員制サービス「うたスキ」の課題曲、アバターに「モーレツ宇宙海賊」が登場。
  • ルビニアサーガ - ゲームオンにより2012年6月20日からオンラインゲーム『ルビニアサーガ』とのコラボレーションを実施。
  • トイ・ウォーズ - ガンホー・オンライン・エンターテイメントにより2012年8月13日からオンラインゲーム『トイ・ウォーズ』とのコラボレーションを実施。
  • CONQUERX2 - OnNetにより2012年10月4日からオンラインゲーム『CONQUERX2』とのコラボレーションを実施。
  • 喋る!海賊ファンタジア - D2Cにより2012年11月19日からソーシャルゲーム『喋る!海賊ファンタジア』とのタイアップが実施。2014年2月26日からも実施。
  • Master of Epic -The ResonanceAge Universe- - ウィローエンターテイメントにより2012年12月18日からオンラインゲーム『Master of Epic -The ResonanceAge Universe-』とのコラボレーションを実施。2013年2月5日から第2弾を実施。
  • Webパワードール - ガマニアデジタルエンターテインメントによりオンラインゲーム『Webパワードール』とのコラボレーションを2013年12月4日より実施。
  • クルセイド - バンダイのトレーディングカードゲーム『クルセイド』に参戦し2014年2月21日に発売された。
  • ジョリーロジャー~謎の文明と海賊島~ - コロプラによりカードバトル位置ゲー『ジョリーロジャー~謎の文明と海賊島~』とのコラボレーションを2013年11月28日より実施。
  • あっぱれ!天下御免 乱 - BaseSonによりオンラインゲーム『あっぱれ!天下御免 乱』とのコラボレーションを2013年12月18日より実施。
  • チョコットランド - NHN PlayArtによりオンラインゲーム『チョコットランド』とのコラボレーションを2013年12月24日より実施。
  • ブラウザ銀河大戦 - モブキャストグローバルによりオンラインゲーム『ブラウザ銀河大戦』とのコラボレーションを2014年1月29日より実施。
  • エミル・クロニクル・オンライン - ガンホー・オンライン・エンターテイメントにより2014年1月30日からオンラインゲーム『エミル・クロニクル・オンライン』とのコラボレーションを3ヶ月連続で実施中[13]
  • パールイズミ - 自転車用ウェア・サイクルジャージを販売するパールイズミとのコラボレーションサイクルジャージが2014年1月31日より受注開始。
  • マルイアネックス - 新宿マルイアネックス6階スペースワンにて期間限定の特設ショップ『BENTEN OIOI』が2014年2月15日からオープン。
  • Patisserie Swallowtail Annex - スイーツ店『Patisserie Swallowtail Annex』とのコラボカスイーツが2014年2月13日より実施。
  • キング・オブ・ザ・パイレーツ - 飲食店『キング・オブ・ザ・パイレーツ』とのコラボメニューが2014年2月20日より実施。
  • SHIROBACO - 飲食店『SHIROBACO』とのコラボメニューが2014年4月1日より実施。
  • コインガチャ - DeNAにより2014年3月23日からアバター衣装用の『コインガチャ』とのコラボレーションした。
  • スプラッシュガールズ! - ガマニアデジタルエンターテインメントにより2014年4月18日から『スプラッシュガールズ!』とのコラボレーションした。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本作を含め笹本作品全般では『電子攻撃』『電子戦』とはいわゆるサイバー攻撃のこと。『電子戦』で敵艦の機能を麻痺させたり制御を奪取することで、ドンパチ(笹本作品で実戦を指す)を始める前に決着がつくことが多い。
  2. ^ 「鯨座宮」「たう」という表記は原文通り。実在するくじら座タウ星との関係は明かされていない。
  3. ^ アニメ版では、中盤でマミの手により船長服を手直しされている。
  4. ^ アニメ版では、第5話で茉莉香から船長就任の決意を伝えられた際の一度だけ「お母さん」と呼ばれている。茉莉香がここでだけ梨理香をそう呼ぶのは、「同居人としての梨理香」へではなく「母親としての梨理香」に対し、人生の重大な決意の告白を行ったということを意味する。序盤を丹念に描いてきたアニメ版では、その最後の仕上げとして重要な部分となっている。
  5. ^ 劇中の説明によれば物語開始の2〜3日前に死亡。
  6. ^ スター・システム的な扱い。
  7. ^ ちなみに、予定されていた結婚式場は『ARIEL』にも登場した機動要塞結婚式場「銀英殿」であった。
  8. ^ 劇中では明言されていないが、この事件で保護観察処分になったと思われる。原作では軍のサーバにハッキングをかけた際、プロ相手の電子戦に敗北したことが本人の口から語られており、その時に補導されたものと思われる。
  9. ^ ケルビンセルシウスファーレンハイトは、いずれも温度の単位であり、作中でも指摘されている。
  10. ^ アニメ版では「オデット二世」。
  11. ^ 1巻では小学校からの一貫教育を旨とするとあるのだが、4巻では中高一貫教育となっている。
  12. ^ 内政不干渉を基本とする政治体制や企業名などに同じ作者の『ARIEL』と共通するものがあるが、本作と『ARIEL』が同一世界かどうかは明かされていない
  13. ^ 交付・更新時から、或いは海賊行為から起算して50日間。
  14. ^ アニメ版では言及されていない。
  15. ^ 原作8巻後書きによれば、当初は「ミニスカ〜」にするつもりだったがクレームがつけられたために変更した。
  16. ^ 19話は小松の揮毫で、劇中にも登場した。最終話は劇場版告知。
  17. ^ ただし異性関係に限るようで、原作でもあったジェニーとリンの関係はそのまま存置され、後半のオリジナルパートではリンが後を追いかけて宇宙大学へ行こうとしている展開が追加された。 (進学確定にまでは至らず)
  18. ^ 作中のケアレスミスについては、Blu-ray・DVD化の際に修正されたものもある。
  19. ^ 佐藤竜雄が以前に監督を担当した『宇宙のステルヴィア』にも、「グレンノース」姓の人物が登場している。
  20. ^ 特別編成により6月9日6月23日の放送を休止。そのため、第23話を6月16日に、第24話、第25話を6月30日に、第26話を7月7日に放送した。
  21. ^ 初回1週間は、SAILING 1からSAILING 5までを一挙配信。

出典[編集]

  1. ^ 第8巻133ページより。白凰女学院ヨット部の倉庫に保健医姿で現れている。
  2. ^ 原作4巻190ページ
  3. ^ アニメ版では武器は免許制のため非武装でも民間機登録出来なかった模様
  4. ^ 月刊コミックアライブにて、いよいよコミカライズスタート!”. 劇場版 モーレツ宇宙海賊. StarChild. 2013年12月27日閲覧。
  5. ^ 佐藤竜雄 (2012年2月7日). チャラいとモーレツにならない〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督インタビュー前編〉. インタビュアー:丸本大輔. エキサイト.. http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20120207/E1328536207701.html 2012年2月8日閲覧。 
  6. ^ 佐藤竜雄 (2012年3月16日). “今回監督と総監督やってる二作品は、...”. Twitter. 2012年3月16日閲覧。
  7. ^ 作者がアニメ版の設定を自由にしていい許可を出した事が原作7巻と8巻のあとがきに載っている。
  8. ^ 【オリコン】『モーレツ宇宙海賊』シリーズ初のBD総合首位”. ORICON STYLE (2012年5月16日). 2013年11月4日閲覧。
  9. ^ “劇場版 モーレツ宇宙海賊 公式サイト”. http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/ 2013年4月8日閲覧。 
  10. ^ “ふなっしー、劇場版「モーレツ宇宙海賊」PR大使!タモリにイジられ「名誉なこと」 - 芸能ニュースラウンジ”. http://newslounge.net/archives/116404 2014年2月22日閲覧。 
  11. ^ “劇場版『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』冒頭映像&小松未可子、下田麻美のビデオメッセージ ‐ ニコニコ動画:GINZA”. http://www.nicovideo.jp/watch/1392956616 2014年2月22日閲覧。 
  12. ^ “中川翔子、劇場版『モーパイ』の公開に大興奮!「黒歴史を白歴史に…」 - シネマトゥデイ”. http://www.cinematoday.jp/page/N0060725 2014年2月23日閲覧。 
  13. ^ ECO公式コラボサイト
    劇場版公式サイトコラボ告知
    アニメ版公式Twitter 告知
    アニメ版公式Twitter 告知

外部リンク[編集]