太陽帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽帆の構想図

太陽帆(たいようほ)はソーラー帆ソーラーセイルとも呼ばれ、薄膜鏡を巨大なとして、太陽などの恒星から発せられるイオンなどを反射することで宇宙船の推力に変える器具のこと。これを主な推進装置として用いる宇宙機は太陽帆船宇宙ヨットなどと呼ばれる。

化学ロケット電気推進と比べ発生する推力は小さいものの、燃料を消費せずに加速が得られるという利点がある。現在は研究段階だが、実用化すれば惑星間などの超長距離の移動が容易になる。また、将来的な構想として、出発地から照射された強力なレーザーを帆に当てて推進力とする宇宙船も考案されている(レーザー推進を参照)。

20世紀初頭の起想より、長らく「SFに描かれる未来の技術」という存在であったが、2010年7月9日、日本の宇宙開発機関JAXAの打ち上げた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」において、史上初の太陽帆航行が確認された。

起想[編集]

最初のアイデアは、17世紀ドイツ天文学者ヨハネス・ケプラーにより、もたらされたともいわれている。1873年ジェームズ・クラーク・マックスウェル放射圧の仮説を発表し、1899年ピョートル・レベーデフ英語版が光が鏡に当たり反射すると鏡に圧力が加わることを実験により証明し[1]、実現性がでてきた。これを惑星間移動の宇宙船の推力に使用するというアイデアは、1919年に発表されたロシアの科学者のコンスタンチン・ツィオルコフスキーフリードリッヒ・ツァインダーらにより、1924年により具体的な太陽帆の[2]理論が発表された。

イギリスの物理学者ジョン・D・バナール英語版は、1929年に発表した著作『宇宙・肉体・悪魔英語版』において、太陽光の光圧を帆で受けて宇宙へと旅立つ宇宙帆船を構想している。

また近年では、「太陽」帆ではないが同じく光子加速を用いる将来技術として、出発地から照射された強力なレーザーを帆に当てて推進力とする宇宙船も考案されている(レーザー推進を参照)。

原理[編集]

太陽からの太陽風によって推進していると誤解される場合が多いが、そうではなく、光子の反射によって生じる反作用によるものである。光の粒子が太陽帆を形成する薄膜に当たり反射すると、薄膜には光の入射方向と逆向きの力が発生する。この力は、セイルの面積と光圧力に比例する。光圧力は光源からの距離の二乗に反比例する値となる。地球での太陽からの光圧力は、約4.57 ×10−6 N/m2である。船舶で使用される帆とは異なり、流体力学的に発する揚力は発生しないため、帆に発する力は帆に反射する光の圧力のみとなる。

実用化研究の現状[編集]

太陽帆の実用計画「コスモス1

実際に宇宙船の推力源として太陽帆を利用するためには、極めて軽量かつ極めて広い面積を保持できる薄膜鏡が必要であり、長らくは夢物語に過ぎなかった。初期にはアルミニウムの薄膜などが太陽帆の素材として候補になっていたが、あまりにも強度が不足しており、特に巨大な帆を宇宙空間で広げる際に帆を壊さずに広げる技術の開発が難しかった。しかし21世紀になって炭素繊維など素材の研究開発が進み、太陽帆に使用可能な薄膜の生成に実現性が帯びてきた。

太陽帆の研究は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) を始めとして、世界各国で行われている。アメリカ惑星協会2001年2005年に太陽帆式宇宙船「コスモス1」の試作機を打ち上げたが、いずれも打ち上げ用ロケットのトラブルで衛星軌道に乗れず失敗した。その後動きは無かったが、アメリカ惑星協会は新たな太陽帆実証機「ライトセイル」のプロジェクトを立ち上げた。

日本では、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の宇宙科学研究所により研究が行われている。2004年8月には太陽帆実現を目的とした、直径10m、厚さ7.5μmのポリイミドフィルム製の大型薄膜の宇宙空間での展開実験に成功している。また、太陽光圧の力だけでの推進・姿勢制御は難しいので、セイルに薄膜太陽電池をつけ、イオンエンジンとソーラーセイルの併用する「ソーラー電力セイル」構想が持ち上がった。2010年5月に打ち上げられた日本のソーラー電力セイル実証機IKAROSは、世界ではじめてソーラーセイルによる光子加速を実証し、同年12月8日には金星フライバイに成功するなど大きな成果を挙げた。

また直接の推進システムとしてではないが、2006年7月に小惑星探査機はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)の運用にて、太陽光圧を利用した姿勢制御が行われている。同様な姿勢制御用の光圧利用として、日本の運輸多目的衛星MTSATには姿勢制御用の太陽帆が搭載されている。

IKAROS[編集]

IKAROSの膜面形状・配置図(14m四方)

2010年5月21日、JAXAは近惑星まで航行可能な実証機「IKAROS[3]H-IIAロケット17号機により、金星探査機「あかつき」との相乗りで打ち上げた。計画ではイカロスの帆は一辺約14mの正方形で、厚さ7.5μmのポリイミド樹脂膜にアルミを蒸着したもの。約200m2の10%に薄膜太陽電池を貼る。直径1.6m、長さ1m、重さ300kgの本体を中心にX字形に畳んでおき、打ち上げ後、船体を一時的に高速回転させ、帆を遠心力で展開させ、その後ゆっくり回転させて帆の形を維持させる。

2010年6月3日からセイルの展開を開始し、6月10日に地球からの距離約770万kmにて、セイルの展張、及びセイルに配置されている薄膜太陽電池からの発電を確認した。7月初頭からは光子加速実証フェーズへと移行し、7月9日、ついにIKAROSが光子加速を行っていることを確認。12月8日16時39分(日本時間)、IKAROSは金星から80800kmの地点を通過し、金星スイングバイを成功させた。当初予定していたミッションはすべて完了したが、今後も数ヶ月かけて光子加速やセイル運用、薄型太陽電池の実証・研究が行われていくものと思われる。ソーラーセイルによる光子加速を実証し、ソーラーセイルで他の惑星まで飛行したのは、いずれも世界初。

ライト・セイル-1[編集]

帆を展開したナノセイルD

ライトセイル1号は現在惑星協会が惑星探査の為に開発中のソーラーセイルである。太陽からの光圧のみで推進する。2009年11月に発表され予定では2010年末に打ち上げられる予定である。帆はポリエステル製で4つの直角二等辺三角形で構成され、32平方mの面積である。打ち上げ時は3リットルの容積で軌道投入後に展開される。

フィクションに登場する太陽帆[編集]

宇宙版帆船というイメージが強く、海と帆船の伝統が長かった欧米の作品には太陽帆船が多く登場する。

SF小説[編集]

  • アーサー・C・クラーク太陽からの風英語版The Wind from the Sun - 太陽帆走のイメージを確立した作品。
  • コードウェイナー・スミス『星の海に魂の帆をかけた少女』The Lady Who Sailed The Soul - 太陽帆船の苦難に満ちた長期航海が描かれている。
  • 堀晃『太陽風交点』 - 太陽帆を自ら作り出す結晶生命が登場。
  • 小松左京さよならジュピター』 - 映画のノベライズ版に、太陽帆で地球-木星間を航行する輸送船団「ダンデライオン船団」が登場。
  • 吉岡平『ハウザーモンキー』(アンソロジー『宇宙(そら)への帰還』収録) - 太陽帆船同士の砲撃戦を、ナポレオン時代の海戦になぞらえて描いている。
  • 笹本祐一『星のパイロット4 ブルー・プラネット』 - 太陽系外にある地球型惑星の探査機に太陽帆が利用される(加速にはレーザー推進を利用している)。
  • 笹本祐一『ミニスカ宇宙海賊』 - 主人公がヨット部の活動で最初に乗る船として太陽帆船の運用と戦闘を描いている。

映画(実写)、TVドラマ[編集]

漫画、アニメ(TV、映画、OVA)[編集]

帆船型宇宙船が登場する作品はかなりあるが、実際に推進力として太陽帆を用いているものはごく少数。

脚注・出典[編集]

  1. ^ P. Lebedev, 1901, "Untersuchungen über die Druckkräfte des Lichtes", Annalen der Physik, 1901
  2. ^ JAXAトピックス
  3. ^ JAXA JESPEC活動計画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]