マナサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マナサー像

マナサーManasā, ベンガル語:মনসা)は、インド神話に登場するナーガ族の女性(ナーギニー)。カシュヤパ仙とカドゥルーの間に生まれた1000のナーガの1人で、蛇王シェーシャの妹。ジャラトカール仙の妻、アースティーカ仙の母。蛇の毒を癒す力を持つことからマナサー・デーヴィーと称され、女神としても崇拝される。マナサーが聖仙に嫁いだことで、神々、聖仙、蛇、人間との間に平和が保たれたとされ、蛇王タクシャカパリークシット王(英雄アルジュナの孫)を噛み殺したためにナーガ族が滅亡に瀕したときは、神々の要請によって息子アースティーカに仲裁を命じた。

ジャガトガウリー(世界で最も輝く女)、ニティヤー(永遠の女)、ヴィシャハラー(毒を除く者)などの別名がある。