ヒツジグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒツジグサ
ヒツジグサ
ヒツジグサ(群馬県尾瀬ヶ原・2002年8月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スイレン目 Nymphaeales
: スイレン科 Nymphaeaceae
: スイレン属 Nymphaea
: ヒツジグサ tetragona
学名
Nymphaea tetragona
和名
ヒツジグサ
(未草)

ヒツジグサ(未草)は、スイレン科スイレン属の水生多年草。

地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を1つ浮かべる。花の大きさは3~4cm、萼片が4枚、花弁が10枚ほどの白い花を咲かせる。花期は6月~11月。

未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、ヒツジグサと名付けられたといわれるが、実際は朝から夕方まで花を咲かせる。

分布と生育環境[編集]

日本全国の池や沼に広く分布している。寒さに強く、山地亜高山帯高層湿原にも生えている。

日本以外ではシベリア欧州中国及び朝鮮半島インド北部北アメリカに分布している。

参考文献[編集]

  • 北村四郎・村田源編『原色日本植物図鑑 草本編II 離弁花類』、1980年、保育社、ISBN 4-586-30016-7

関連項目[編集]