スイレン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイレン科
Hitsujigusa.jpg
ヒツジグサ(Nymphaea tetragona)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スイレン目 Nymphaeales
: スイレン科 Nymphaeaceae
学名
Nymphaeaceae
英名
Water lily

本文参照

スイレン科(学名:Nymphaeaceae)は、双子葉植物の分類群の一つで河川などで見られる水草である。世界に約70種ある。

スイレンのほかコウホネオニバスオオオニバスなどを含む。

水底の土中に地下茎を持ち、は水面に浮くかまたは水上に出る。葉の形は円形、やじり形など。花弁と雄蕊は多数あり、雌蕊も多数の心皮からなるが、合生して柱頭は放射状になる。

スイレン属は花が美しいのでよく栽培される。南米原産のオオオニバスは葉が巨大なので有名。

かつてはハス科ハス)やハゴロモモ科ジュンサイなど)も含めていたが、これらは心皮が離生することなどからクロンキスト体系では別科に分けている(バルクラヤ属もバルクラヤ科として分けているが、APG植物分類体系ではスイレン科に含める)。

分子系統学的研究によれば、スイレン科やハゴロモモ科は被子植物の中で最も原始的な群に属する。一方ハス科はスイレン科などとは系統が大きく異なりヤマモガシ目に属する。

主な属[編集]

ギャラリー[編集]