スイレン目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイレン目
2007 nymphaea lotus.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
: スイレン目 Nymphaeales
学名
Nymphaeales Salisb. ex Bercht. & J.Presl

スイレン目 (Nymphaeales) は被子植物の一つ。スイレン科などの水草からなる。

分類[編集]

被子植物の中でもかなり基底的なグループで、アムボレラ目の次に分化したと考えられている。APG (1998) およびAPG II (2003) ではスイレン科は目に所属せず、被子植物の直下に置かれていたため、スイレン目は存在しなかった。APG IIIではスイレン目を立てて3科を含めている。

現生種は6属74種[1]

かつてスイレン科に類縁があると考えられたハス科は、真正双子葉類のヤマモガシ目に含められている。

過去の分類体系[編集]

クロンキスト体系ではモクレン亜綱に所属する目で、5科がある。ハゴロモモ科、ハス科、バークレア科はもとスイレン科に含まれていたが、多数の心皮が分立するなどの違いから分離された。

ダールグレン体系ではスイレン上目の中に置き、3科を含める。

  • ハゴロモモ科 Cabombaceae
  • スイレン科 Nymphaeaceae
  • マツモ科 Ceratophyllaceae

新エングラー体系ではスイレン目は存在しない。スイレン科はキンポウゲ目に入れられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nymphaeales in Stevens, P. F. (2001 onwards).”. 2014年12月19日閲覧。