マツモ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツモ科
Ceratophyllum demersum var.demersum..JPG
マツモ(Ceratophyllum demersum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スイレン目 Nymphaeales
: マツモ科 Ceratophyllaceae
: マツモ属 Ceratophyllum
  • 本文参照

マツモ科(Ceratophyllaceae)は被子植物に属す科で、沈水性の水草である。マツモ(通称キンギョモ)などが所属するマツモ属(6種ほどに分けられる)からなり、世界に広く分布する。

特徴[編集]

細長く裂けたが輪生し、はなく、代わりに仮根で水底に固着する。は単性で葉腋につき、小型の花被が12個ほどとりまく。雌蕊は1個、雄蕊は十数個がらせん状に配列する。

従来はスイレン目に含められていたが、新しいAPG植物分類体系では単独でマツモ目(Ceratophyllales)としている。ともに原始的な双子葉植物から進化したと考えられている。

主な種[編集]