サンアソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンアソウ科
(クロンキスト体系)
Restio tetraphyllus0-2.jpg
Restio tetraphyllus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: サンアソウ目 Restionales
: サンアソウ科 Restionaceae
下位分類群

(本文参照)

サンアソウ科
(APG植物分類体系)
Alexgeorgea buried flowers.jpg
Alexgeorgea
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類
Commelinids
: イネ目 Poales
: サンアソウ科 Restionaceae

サンアソウ科(Restionaceae)は単子葉植物の科。

すべて多年草からなる。細長いを叢生し、見かけはイネ科などに似る。短い地下茎を持つ種や、イネ科に似た珪酸体を含む種もある。は両性または単性で穂状花序につく。花被は3または6、雄蕊は2または3、子房上位。果実は堅果またはさく果、1または3個の種子を含む。

40-50属、400-500種ほどからなるやや大きい科である。おもに南半球熱帯亜熱帯、南アフリカ、マダガスカル、オーストラリア、ニュージーランド、インドシナ、チリなどに分布し、特に南アフリカと西オーストラリアに多い。日本には自生しない。中国ではただ1種、Leptocarpus disjunctus海南島三亜付近に自生し、和名で三亜草(サンアソウ、中国名は薄果草)と呼ばれ科名のもとになっている。南アフリカ原産の高さ2-3メートルでのようになるものもあり、観賞用に栽培されることもある。

クロンキスト体系では単独でサンアソウ目としたが、APG植物分類体系ではイネ目に入れ、その中でイネ科にやや近いグループとしている。

下位分類[編集]

35属 (Watson & Dallwitz 1992 onwards) ないし58属 (Stevens 2001 onwards) を含める。下記はDallwitzのものである。

Alexgeorgia, Anthochortus, Askidiosperma, Calopsis, Cannomois, Ceratocaryum, Chaetanthus, Chondropetalum, Coleocarya, Dielsia, Dovea, Elegia, Empodisma, Harperia, Hopkinsia, Hydrophilus, Hypodiscus, Hypolaena, Ischyrolepis, Lepidobolus, Leptocarpus, Lepyrodia, Loxocarya, Lyginia, Mastersiella, Meeboldina, Nevillea, Onychosepalum, Platycaulos, Restio, Rhodocoma, Sporadanthus, Staberoha, Thamnochortus, Willdenowia, Winifredia

外部リンク[編集]