ヤン・スヴァトプルク・プレスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jan Svatopluk Presl

ヤン・スヴァトプルク・プレスル(Jan Svatopluk Presl、1791年10月4日 - 1849年4月6日)はチェコの動物学者、鉱物学者である。19世紀のチェコの重要な科学者で、多くのチェコ語の学術用語を作った。

略歴[編集]

プラハで生まれた。プラハの修道会学校で学んだ後、医学を学んだ。動物学と鉱物学の助手を務めた後、1818年にオロモウツで2年間、働いた後、プラハに戻りプラハ大学で28年間教えた。

鉱物学、化学、動物学、植物学などの分野で、チェコ語の学術用語を作ったことで知られる。プレスルの作った学術用語は後に、Vojtěch Safarikや Alexandr Summer Batek (1874-1944)、Emil Votoček らによって改訂された。

愛国的な活動でも知られ、ヨセフ・ユングマンのチェコ国家復興運動のグループの一人で、メンバーと国立博物館の創設を計画した。1821年にチェコで最初の学術雑誌、「Krok」(「前進」)を創刊した。

弟のK.B.プレスル(Karl Bořiwog Presl)もプラハ大学の植物学教授で、1819年に共著で『チェコの植物』("Flora čechica: indicatis medicinalibus, oeconomicis technologicisque plantis")を出版した。

チェコの植物学会の雑誌、"Preslia"はプレスル兄弟を記念して命名されており、シソ科の属名、Presliaハッカ属mentha のシノニム)に献名されている。

著作[編集]

  • Flora Čechica (1819, 共著) – 1498種の植物種を記載
  • Mantissa I. ad Floram Čechicam (1822、補足版)
  • Lučba čili chemie zkusná (1828–1835)
  • Nerostopis čili Mineralogie (1837)

参考文献[編集]

  • Eva Hoffmannová: Jan Svatopluk Presl, Karel Bořivoj Presl. Melantrich, Prag 1973 (Odkazy pokrokových osobností naší minulosti. 34, ZDB-ID 1147274-1).