クスノキ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クスノキ目
Cinnamomum camphora6.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
以下の分類はクロンキスト体系による
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: クスノキ目 Laurales
学名
Laurales
Perleb (1826)

本文参照

クスノキ目 (Laurales) は双子葉植物綱(モクレン綱)の植物である。双子葉植物の古い特徴を残すグループであり、モクレン目と非常に近い性質を持つ。約2500種からなる[1]

[編集]

APG体系[編集]

新しいAPG分類体系ではクスノキ目には以下の科が属す。アンボレラ科は他のクスノキ目の植物よりさらに原始的で、被子植物門の中でおそらく最も早く分岐したと考えられるため、含まれていない。

クロンキスト体系[編集]

クロンキストの体系では、クスノキ目には以下の科が含まれる。

新エングラー体系[編集]

図鑑ハーバリウムの配列に使われる新エングラー体系にはクスノキ目はなく、クロンキストが所属させた科はモクレン目に含まれるものが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馬渡峻輔・加藤雅啓・岩槻邦男 『バイオディバーシティ・シリーズ 植物の多様性と系統』 裳華房1997年10月20日ISBN 978-4-7853-5825-9

外部リンク[編集]