クスノキ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クスノキ目
Cinnamomum camphora6.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : モクレン類 magnoliids
: クスノキ目 Laurales
学名
Laurales
Perleb (1826)

クスノキ目 (Laurales) はモクレン類に属する被子植物である。

双子葉植物の古い特徴を残すグループであり、モクレン目と非常に近い性質を持つ[1]

分類[編集]

7科におよそ100属2900種が属すが、その大部分はクスノキ科である[2]

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[2]



ロウバイ科





Siparunaceae




ゴモルテガ科



アセロスペルマ科






モニミア科




ハスノハギリ科



クスノキ科






過去の分類体系[編集]

クロンキスト体系では以下の科が含まれる。

アムボレラ科は被子植物門の中で最も早く分岐した別系統の植物と考えられるため、APG植物分類体系では外された。トリメニア科はアウストロバイレヤ目に移され、イディオスペルムム科はロウバイ科に統合された。

新エングラー体系にはクスノキ目はなく、クロンキストが所属させた科はモクレン目に含まれるものが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馬渡峻輔・加藤雅啓・岩槻邦男 『バイオディバーシティ・シリーズ 植物の多様性と系統』 裳華房1997年10月20日ISBN 978-4-7853-5825-9
  2. ^ a b Laurales in Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website Version 7, May 2006 [and more or less continuously updated since].