バトゥ洞窟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北緯3度14分16.25秒東経101度41分2.71秒

バトゥ洞窟(バトゥどうくつ、Batu Caves)は、マレーシアの首都クアラ・ルンプール近郊のセランゴール州ゴンバッ郡英語版バトゥ・ケーブス英語版町にある巨大な洞窟である。マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地の洞窟とされている。

概要[編集]

洞窟内には多くのヒンドゥー神話に基づく展示や壁画がある。洞窟を形成する石灰岩はおよそ4億歳とされている。

毎年1月下旬から2月上旬にかけて、ヒンドゥー教最大の祭「タイプーサム」が洞窟内で行われる。

洞窟に入るには、272段の階段を上がらなければいけない。また、周辺には数多くのサルが生息している。

アクセス[編集]

その他[編集]

  • 入場料:無料
  • 営業時間:8:00~19:00(現地時間)
  • 予約要否:不要
  • 休業日:無休

外部リンク[編集]