タイ・バンバークレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ・バンバークレオ
Ty Van Burkleo
クリーブランド・インディアンス コーチ #29
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オークランド
生年月日 1962年10月7日(51歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1981年 アマチュアFA
初出場 NPB / 1988年4月9日
MLB / 1993年7月28日
最終出場 NPB / 1991年
MLB / 1994年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

タイラー・リー・バンバークレオTyler Lee Van Burkleo, 1962年10月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り〜日本球界時代[編集]

1981年ミルウォーキー・ブルワーズと契約。メジャー昇格のないまま1984年6月27日にブルワーズとの契約を解除となり、同年8月4日にカリフォルニア・エンゼルスと契約するが、ここでもメジャーに昇格することのないまま1987年6月2日にエンゼルスとの契約を解除となった。

エンゼルス退団後すぐに西武ライオンズに入団。長身に加え、甘いマスクで、家族共に日本入りした姿が野球ファンの間で話題になった。登録名は最初はバンバークレオであったが、すぐにバークレオに変更されている。

西武入団1年目は外国人枠の関係もあり二軍で過ごしたが、2年目の1988年は認められ、一軍の5番に定着して打ちまくり、満塁本塁打4本を含む38本塁打を放ち、チームのリーグ優勝・日本一に貢献(なお、2年目までの推定年俸は当時のレートで700万円と格安であった)。3番・秋山幸二、4番・清原和博の後を打ち、3人はAKB砲といわれた。この3人で100本以上の本塁打を打ち、他球団から恐れられた。

しかし、1989年以降は変化球攻めに苦しみ低打率となり、監督の森祇晶は新加入したスイッチヒッターのオレステス・デストラーデを起用するようになる。桁違いの飛距離を誇るにもかかわらず、当時は外国人は一軍登録2人制のため(エース級の郭泰源もいた)再び二軍生活を余儀なくされ、1990年限りで西武を退団。西武での応援歌の原曲は、名前にちなんだ「歌えバンバン」。1990年にはチームほぼ全員の応援歌が作り直され、バークレオにも新曲が作られたが、こちらはあまり歌われる機会のないままに終わっている(後にブライアン・ラービーに転用されたが、彼もまた1年通しての活躍はできなかった)。

1991年には広島東洋カープに移籍し、チームはリーグ優勝を果たしたが、自身は活躍できず1年で退団した。

アメリカ球界復帰後[編集]

帰国後の1992年にエンゼルスと再契約。1993年7月28日の対オークランド・アスレチックス戦(アナハイム・スタジアム)で7番・一塁手としてメジャーデビューを果たす。同年8月3日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦で、8回裏にスタン・ベリンダからMLB初安打となる二塁打を放った。8月16日の対デトロイト・タイガース戦では、メジャー唯一の本塁打を同じくNPB経験者であるビル・ガリクソンから放っている。

1994年コロラド・ロッキーズでプレー。1996年にエンゼルス傘下(当時)のA+級レイクエルシノアでプレーしたのを最後に引退。

引退後、1997年からエンゼルスやアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下のマイナーで打撃コーチなどを務めた。2007年から2008年までオークランド・アスレチックスの打撃コーチを務め、2009年からはシアトル・マリナーズのベンチコーチに就任。しかし、2010年8月9日にチームの成績不振のため、監督のドン・ワカマツと共に解任された。

2012年ヒューストン・アストロズ傘下のマイナーチームにて打撃コーチに就任したが、同年8月19日に解任されたマイク・バーネットの暫定の後任コーチとしてアストロズの打撃コーチを務めた。2013年からはクリーブランド・インディアンスの打撃コーチを務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 西武 118 453 366 67 98 10 2 38 226 90 3 4 0 1 82 3 4 120 4 .268 .406 .617 1.024
1989 37 135 119 14 25 4 1 6 49 11 0 1 0 0 16 0 0 35 1 .210 .304 .412 .715
1990 41 129 112 22 22 3 0 9 52 22 2 0 0 0 14 0 3 34 3 .196 .302 .464 .767
1991 広島 29 73 59 2 12 2 0 2 20 5 0 0 0 0 12 0 2 22 3 .203 .356 .339 .695
1993 CAL 12 39 33 2 5 3 0 1 11 1 1 0 0 0 6 0 0 9 0 .152 .282 .333 .615
1994 COL 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
NPB:4年 225 790 656 105 157 19 3 55 347 128 5 5 0 1 124 3 9 211 11 .239 .367 .529 .896
MLB:2年 14 44 38 2 5 3 0 1 11 1 1 0 0 0 6 0 0 10 0 .132 .250 .289 .539

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 29 (1987年 - 1990年、2013年 - )
  • 5 (1991年)
  • 46 (1993年)
  • 27 (1994年)
  • 39 (2007年 - 2008年)
  • 44 (2009年 - 2010年)
  • 45 (2012年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]