ジェイソン・ボッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイソン・ボッツ
Jason Botts
カンペチェ・パイレーツ
JasonBotts.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州パソロブレス
生年月日 1980年7月26日(33歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1999年 MLBドラフト46巡目
初出場 MLB / 2005年9月14日
NPB / 2008年7月8日
最終出場 NPB / 2009年10月10日
年俸 4,700万円(2009年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイソン・カール・ボッツJason Carl Botts , 1980年7月26日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パソロブレス出身のプロ野球選手内野手)。

パソロブレス出身としてはハル・レインに次いで史上2人目のメジャーリーガーである。

来歴[編集]

米国時代[編集]

1999年MLBドラフトで、テキサス・レンジャーズから46巡目指名を受け入団。

2005年9月14日、対ボルチモア・オリオールズ戦でテキサス・レンジャーズからメジャーデビュー。当時は、後に阪神タイガースでプレーするケビン・メンチ外野手とチームメイトであった。この年は27打数で8安打3打点を挙げたものの13三振を喫した。

2006年5月28日のオークランド・アスレチックス戦でカーク・サールースからメジャー初本塁打を放つ。しかしこの年もほとんどを3Aで過ごすことになった。

2007年は8月1日にメジャー再昇格し、自己最多の48試合に出場。打率.240、2本塁打、14打点という成績を残す。また、指名打者での出場がほとんどだった。

2008年は2本塁打を放ったものの打率.158と結果を残すことが出来ず、4月29日にレンジャーズから戦力外に。その後傘下の3Aでプレーしていたが、6月13日に北海道日本ハムファイターズから入団が発表された(名前が「ジェイソン」だったことと、当日が「13日の金曜日」だったことで話題となった)。

日本ハム時代[編集]

日本ハム入団後、7月1日のファームデビュー戦でいきなりサヨナラ本塁打を放つと、7月5日には左右両打席で本塁打を放ち、首脳陣の度肝を抜いた。

翌週には一軍に昇格するが、日本特有の落ちるボールに苦戦し、しばらくは打率.160と低迷。左打席では1本も安打を打てず、右投手相手に右打席に入ったこともあった。[1]。しかし、8月中旬森本稀哲から精神面でのアドバイスを受けたことや、自らが日本の野球に慣れたことで8試合連続安打2本塁打と打撃が軌道に乗り始め、終盤は左投手相手のスタメンや代打などでの出場が増え、8月以降の打率が.307という活躍で最終的には打率も.254まで上げた。さらに右打席では3割5分を超える打率を残した。 来日1年目で、シーズンとクライマックスシリーズを通し、自身が在籍する日本ハム以外のパ・リーグ5球団から本塁打を打っている。

当初は2008年のシーズン終了までの契約だったが、後半戦の活躍から来季の飛躍を期待するとして12月3日に1年間の契約延長が正式に発表され、ブライアン・スウィーニーターメル・スレッジと共に2009年も日本ハムに在籍することになった。

2009年、キャンプを一軍でスタートするも、オープン戦で結果を残すことができず開幕は二軍スタートとなった。5月に不調に陥ったルイス・ヒメネスに代わり一軍に昇格。チームの都合上すぐ抹消されたが、印象に残る満塁本塁打や火の出るようなタイムリーを放って存在感をアピールした。そして10月7日の西武戦と10月8日のオリックス戦では4番一塁手として出場した。同年10月11日付で退団となった[2]

日本ハム退団後[編集]

2010年は、シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約したが、その後独立リーグであるアトランティックリーグカムデン・リバーシャークスと契約。

2011年もアトランティックリーグのヨーク・レボリューションで開幕を迎えたが、5月19日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。

人物[編集]

応援歌は、来日当初はトニー・ブリューワ用に作られ、後にマイク・マーシャルナイジェル・ウィルソンに使われたものが用意された。一方、打てないボッツに業を煮やした関東の応援団が、同年8月10日の対埼玉西武ライオンズ戦から『崖の上のポニョ』の主題歌のサビの替え歌を関東の球場限定の応援歌として使用開始。この応援歌の歌詞の最後は、当初「大きなファウル」だったが、後に彼の調子が上がっていき、「大きなホームラン」に変わった。なお、この応援歌は当の本人も少なからず心を痛めたといい、球団側は翌年のキャンプでは練習中にこの主題歌の使用を禁止するなど配慮した。後に、札幌の応援団がこの件に関してファンに謝罪している。2009年シーズンより新しい応援歌が作られた。 [2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 TEX 10 30 27 1 8 0 0 0 8 3 0 0 0 0 3 0 0 13 1 .296 .367 .296 .663
2006 20 60 50 8 11 4 0 1 18 6 0 0 0 2 8 1 0 18 0 .220 .317 .360 .677
2007 48 190 167 19 40 8 1 2 56 14 1 0 0 1 19 0 3 59 8 .240 .326 .335 .662
2008 15 46 38 2 6 3 0 2 15 5 0 0 0 0 8 0 0 18 0 .158 .304 .395 .699
日本ハム 55 159 142 14 36 9 0 5 60 16 0 0 0 1 14 0 2 53 2 .254 .327 .423 .750
2009 11 24 21 4 5 3 0 1 11 6 0 1 0 0 1 0 2 7 0 .238 .333 .524 .857
MLB:4年 93 326 282 30 65 15 1 5 97 28 1 0 0 3 38 1 3 108 9 .230 .325 .344 .669
NPB:2年 66 183 163 18 41 12 0 6 71 22 0 1 0 1 15 0 4 60 2 .252 .328 .436 .763
  • 2009年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 44(2005年)
  • 20(2006年)
  • 19(2007年)
  • 29(2008年)
  • 39(2008年 - 2009年)
  • 41(2011年 - )

記録[編集]

NPB

脚注[編集]

  1. ^ この間、当時ヒット中だった映画『崖の上のポニョ』をもじって「崖っぷちのボッツ」と新聞の見出しにされたこともあった
  2. ^ [1] 日本ハムファイターズ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]