クイーン+ポール・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クイーン+ポール・ロジャース
2005年、バーミンガムでのライヴ}
2005年、バーミンガムでのライヴ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ロック
活動期間 2004年 - 2009年
レーベル パーロフォン
ハリウッド (北米のみ)
共同作業者 クイーン
バッド・カンパニー
フリー
公式サイト 公式サイト
メンバー
ブライアン・メイ
ポール・ロジャース
ロジャー・テイラー

{{{Influences}}}

クイーン+ポール・ロジャース (Queen + Paul Rodgers) は、クイーンブライアン・メイロジャー・テイラー、元バッド・カンパニーポール・ロジャースが結成したイギリスロックバンド

メンバーと主な担当楽器[編集]

ライヴのサポート・メンバー
  • スパイク・エドニー(キーボード)
  • ジェイミー・モーゼス(ギター)
  • ダニー・ミランダ(ベース)

来歴[編集]

1986年のマジック・ツアー以来、長年クイーンとしてのツアーは行われず、フレディの死後は音楽業界から引退したジョン・ディーコンを除いて、ロジャー・テイラーブライアン・メイはしばらくはソロ活動に活路を見出そうとしていた。2000年ごろからはチャリティ・コンサートなどに2人でクイーン名義で出演していたが、フレディのような絶対的なボーカリストが不在の中、本格的な活動再開には至らなかった。

そんな中、2004年フェンダー・ストラトキャスター発売50周年イベントで、ブライアンがポール・ロジャースと共演。ブライアンとポールは、それ以前にもロイヤル・アルバート・ホールでのイベントやポールのアルバム『マディ・ウォーター・ブルーズ』などで何度も共演していたが、改めてポールとの間に強いケミストリーを感じたブライアンは、ロジャーも参加した上で3人のコラボレーションを計画。英国音楽殿堂の授賞式で「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、「伝説のチャンピオン」、そしてフリーの「オール・ライト・ナウ」の3曲を一緒に演奏した。この共演に強い手ごたえを感じた3人は、2005年に「クイーン+ポール・ロジャース」としてワールド・ツアーを行うことを発表した。

フレディと全く異なるスタイルを持つポールの起用には一部から疑問の声もあったが、ヨーロッパ・ツアーのチケットはソールドアウトするなど多くのファンからは熱狂的に迎えられ、同年9月にはライヴアルバム『リターン・オブ・ザ・チャンピオンズ』を発表。10月には来日公演も実現し、さいたま横浜名古屋福岡で10万人を動員。「手をとりあって」や「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」などは日本のみで演奏された。2006年初頭にはクイーンとしては1982年以来となる北米ツアーも実現し、全世界20カ国で計66公演にも及ぶツアーは大きな成功を収めた。この勢いを受けて、8月には新曲のレコーディングのためにスタジオ入りすることをブライアンが自らのホームページで宣言。

2008年9月、デビューアルバム『ザ・コスモス・ロックス』を発表。日本では「13年ぶりのクイーン最新作」と宣伝されたが、アルバムの内容はブルースロック色が強く、セールス面では全英5位と健闘したものの、ファンや評論家からの評価は賛否両論となった。アルバム発表後、再び大規模な世界ツアーを開始。全世界21カ国で計40公演が行われたが、再度の来日公演は実現しなかった。

2009年5月、ポールは「クイーンとはもうやり尽くした」として、「クイーン+ポール・ロジャース」としての活動に終止符を打つことをインタビューで明かし、バッド・カンパニーの再始動に移行した[1]。ただ、今後チャリティなどで再び共演することはありえるとしている[2]。 しかしロジャーは、自らとポールの関係については今でも良好であるとしつつも、ブライアンとポールの意見が食い違い始めたことを解散の原因として挙げており、「今の状態を考えると、将来もリユニオンはないような気がする」と発言している[3]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]