ザ・ミラクル (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ミラクル
クイーンシングル
収録アルバム ザ・ミラクル
B面 "ストーン・コールド・クレイジー" (live)
リリース 1989年11月27日
規格 レコード (7", 12")、コンパクトカセットCD
録音 1988年1989年
ジャンル ロック
時間 5:02
レーベル パーロフォンEMI
作詞・作曲 クイーン
プロデュース クイーン、デヴィッド・リチャーズ
クイーン シングル 年表
"スキャンダル"
(1989)
"ザ・ミラクル"
(1989)
"イニュエンドウ"
(1991)
テンプレートを表示

ザ・ミラクル (The Miracle) は、クイーン1989年同名のスタジオアルバムから5番目で最後のシングルである。フレディ・マーキュリージョン・ディーコンが主に作曲しているが、クレジットは「クイーン」になっている。[1]。この曲は、アルバムの6ヶ月ほど後の、1989年11月下旬にシングルとしてリリースされた。これは、このアルバムからリリースされた最後のシングルであり、EMIから出されたクイーンのアルバムでは最初に出された5番目のシングルである。

シングルのジャケットには、ホログラムを逆にしたアルバムのジャケットが使われている。シングルのB面には、アルバム『世界に捧ぐ』からの『マイ・メランコリー・ブルース』と共に『ストーン・コールド・クレイジー』のライヴバージョンが収録されている。

フレディとジョン・ディーコンがコードを書き、テーマを決定した後、フレディがメロディを書き始めた。歌詞や音楽アイディアは4人それぞれから集められた。彼らがアルバム収録時に同意したため、曲は実際の作曲者に関わらず、クレジットはクイーンとなっている。フレディとブライアンは、この曲をお気に入りの1つとしているが、ロジャーは、グレイテスト・ビデオ・ヒッツIIのオーディオコメントで「この曲は気に入っていないが、『信じられないほど複雑なトラック』としてこの曲を尊重する」と述べている。

この曲では、『神の創造した大小のもの(all god's creations great and small)』として、金門橋タージ・マハルのような著名な建造物、他にバベルの塔カインとアベルといった聖書の記述、キャプテン・クックジミ・ヘンドリクスのような有名人を挙げており、この曲では全てが「奇跡 (miracle)」とされている。

プロモーションビデオ[編集]

この曲のためのプロモーションビデオでは、4人の小さな少年(ブライアン・メイとしてポール・ハワード、ジョン・ディーコンとしてジェームズ・カーリー、ロジャー・テイラーとしてアダム・グラディシュ、そしてフレディ・マーキュリーとして当時知られていなかったロス・マッコール)がクイーンとしてステージでパフォーマンスする。ビデオの中で、フレディ役のマッコールは、70年代(ロングヘア、ハーレキンレオタード)、80年代初期(濃い口ひげ、革ジャケット、パンツ)、80年代中期のライヴ・エイド、86年マジック・ツアー(黄色の革ジャケット、パンツ、アディダスのスニーカー)と、フレディの4つの衣装を着ている。ビデオの最後に本物のクイーンが現れる。ロジャー・テイラーによれば、フレディはビデオでの演技が上手かった少年たちについて「(当時もうツアーをしないと宣言していた)自分たちに代わって少年らをツアーに送ろう」と冗談を言ったという。ロックマガジンのNMEの2011年版によれば、ブライアン・メイを演じた少年(ホワード)は、現在ロンドンのロックバンド、シルバリーのフロントマンであるという。

担当[編集]

チャート[編集]

チャート (1989年) ピーク 週間
オランダ[2] 16 9
ドイツ[3] 78 4
アイルランド[4] 23 1
イギリス[5] 21 5

出典[編集]

外部リンク[編集]