ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉)
クイーンシングル
収録アルバム ホット・スペース
B面 クール・キャット
リリース 1982年6月1日
規格 レコード (7")
録音 1981年 – 1982年
ジャンル ロック
時間 4:29
レーベル EMI
作詞・作曲 ブライアン・メイ
プロデュース クイーンマック
クイーン シングル 年表
"ボディ・ランゲージ"
(1982)
"ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉)"
(1982)
"コーリング・オール・ガールズ"
(1982)
テンプレートを表示

ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉) (Las Palabras de Amor (The Words of Love) ) は、イギリスロック・バンド、クイーンによるロックバラードである。この曲は、1982年のアルバム『ホット・スペース』の3番目のシングルとしてリリースされた。作曲はギタリストのブライアン・メイで、全英シングルチャートで17位を獲得し、イギリスでは前シングル(ボディ・ランゲージ)より人気があった[1]

背景[編集]

この曲の歌詞は、ギタリストのブライアン・メイによって書かれた[2]。ヴォーカルは、リードシンガーのフレディ・マーキュリーが中心となり、ブライアンは高いハーモニーのヴォーカルをとっている。この曲は、彼らの南アメリカのファンとの密接な関係によって刺激させられた。これは、トップ・オブ・ザ・ポップスにバンドで4番目に入った曲である(最初、2番目、3番目はそれぞれ輝ける7つの海キラー・クイーン懐かしのラヴァー・ボーイ)。この口パクパフォーマンスでブライアンは、グランドピアノを演奏しており、また、レコーディングにおいてはピアノとシンセサイザーの両方をアコースティックギターやエレクトリックギターに加えて演奏している。ブライアンは、「this time and evermore」というハーモニーのリードヴォーカルを歌っている。フレディ・マーキュリーが、1カ所、正しくない言葉で真似ている部分が見受けられる。

1992年にウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートでは、後半でズッケロとクイーンによってパフォーマンスされた3番目の歌である[3]。クイーン+ポール・ロジャース・ロック・ザ・コスモス・ツアー2008では、ブライアンが歌い、スペイン語圏で演奏された。

この歌は、1999年、クイーンのグレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜で『メイド・イン・ヘヴン』、『ヘヴン・フォー・エヴリワン』の後、ブライアン・メイのシングル『ドリヴィン・バイ・ユー』の前に収録されている[2]

歌手のエレイン・ペイジは、1988年のアルバムにクイーンのカバーバージョンを収録した。

シングルカバーの赤ちゃんの顔写真は、ザ・クロスのシングル『New Dark Ages』のものを再使用している。

担当[編集]

チャート[編集]

ピーク
イギリス 17

出典[編集]

  1. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums. London: Guinness World Records Limited
  2. ^ a b Palabras De Amor Las Palabras De Amor (The Words Of Love) Ultimate Queen. Retrieved 5 July 2011
  3. ^ The Freddie Mercury Tribute Concert: Las Palabras De Amor (The Words Of Love) Ultimate Queen. Retrieved 5 July 2011

外部リンク[編集]