オール・ライト・ナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・ライト・ナウ
フリーシングル
収録アルバム ファイアー・アンド・ウォーター英語版
B面 マウスフル・オブ・グラス
リリース 1970年
規格 7インチ・シングル
ジャンル ブルースロックハードロック
時間 5分29秒(アルバム)
4分13秒(シングル)
レーベル アイランド・レコード
A&Mレコードアメリカ合衆国の旗カナダの旗
作詞・作曲 アンディ・フレイザー英語版ポール・ロジャース
プロデュース フリー
チャート最高順位
フリー シングル 年表
アイル・ビー・クリーピング
1969年
オール・ライト・ナウ
(1970年)
ザ・スティーラー
(1970年)
テンプレートを表示

オール・ライト・ナウ」(All Right Now)は、イギリスロックバンドフリー1970年に発表した楽曲。メンバーのうちアンディ・フレイザー英語版ポール・ロジャースが共作した。3作目のスタジオ・アルバムファイアー・アンド・ウォーター英語版』(1970年)からの先行シングルとしてリリースされ、フリーにとって初のシングル・ヒット曲となった。

背景[編集]

フレイザーによれば、ダラムの大学で行われたギグにおいて、わずか30人ほどしか客が入らず、本人たちも演奏を楽しむことができないまま終演し、その後の悪い雰囲気を緩和するためにフレイザーが「オール・ライト・ナウ」と歌ったことをきっかけとして生まれた曲だという[9]。また、フレイザーは、この曲のコードについてピート・タウンゼントから影響を受けたと説明している[9]

反響[編集]

フリーは本作で初めて全英シングルチャート入りを果たし、最高2位に達した[1]。また、1973年には再度ヒットして全英15位に達し、1991年にも全英8位を記録している[1]。アメリカのBillboard Hot 100では自身唯一のトップ40入りを果たし、最高4位に達した[2]

元メンバーによるセルフ・カヴァー[編集]

ポール・ロジャースはフリー解散後のライヴでも頻繁に「オール・ライト・ナウ」を歌い、ソロ名義のアルバム『ポール・ロジャース・ライヴ』(1996年)、バッド・カンパニー名義のアルバム『バッド・カンパニー イン・コンサート 2002』(2002年)、クイーン+ポール・ロジャース名義のアルバム『リターン・オブ・ザ・チャンピオンズ』(2005年)等にライヴ音源が収録された。また、ロジャースのソロ・アルバム『クロニクル』(1994年)には、イアン・ハットンをゲストに迎えてレコーディングされたセルフ・カヴァーが収録されている[10]

サイモン・カーク英語版は、1997年、1999年、2000年にリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのツアーに参加した際「オール・ライト・ナウ」を歌っている[11]

他メディアでの使用例[編集]

「オール・ライト・ナウ」は多数の映画のサウンドトラックで使用された。例として『コードネームはファルコン』(1985年公開)[12]、『ナッシング・パーソナル』(1995年公開)[13]、『Dearフレンズ』(1995年公開)[14]、『ボーデロ・オブ・ブラッド/血まみれの売春宿』(1996年公開)[15]、『アメリカン・ビューティー』(1999年公開)[16]、『ワンダーランド』(2003年公開)[17]、『スノーケーキを君に英語版』(2006年公開)[18]、『オールド・ドッグ』(2009年公開)[19]等がある。

また、イギリスではコマーシャルソングとしても多用され、とりわけ、1990年にリグレーチューインガムのコマーシャルで使用された例はよく知られている[20]

カバー[編集]

ロッド・スチュワート[編集]

オール・ライト・ナウ
ロッド・スチュワートシングル
収録アルバム カムフラージュ
B面 ダンシン・アローン[21]
リリース 1984年
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
時間 3分55秒
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース マイケル・オマーティアン
チャート最高順位
  • 72位(アメリカ[22]
テンプレートを表示

ロッド・スチュワートは、1984年に発表されたアルバム『カムフラージュ』に「オール・ライト・ナウ」のカヴァーを収録した。アメリカではシングル・カットされ、Billboard Hot 100で72位に達している[22]

その他のカヴァー[編集]

出典[編集]