5ive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイブ
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ポップス ラップ
活動期間 1997年 (1997)–2001年 2006年-2007年 2012年-
レーベル BMG
共同作業者 スパイス・ガールズイースト17アトミック・キトゥンイン・シンク
メンバー
ショーン・コンロン
アブス
スコット・ロビンソン
リッチー・ネヴィル
旧メンバー
J


5iveファイヴ、Five)は1997年に結成された5人組イギリス・ボーイズグループ。男性バージョンのスパイス・ガールズを作ろうというオーディションがきっかけだった。世界中で成功したグループ。特に、ヨーロッパロシア日本ブラジルイスラエルオーストラリアで成功した。2001年9月27日に解散。

メンバーはスコット・ロビンソン、リッチー・ネヴィル、ジェイソン・J・ブラウン、リチャード・アブス・ブリーンとショーン・コンロン(ショーンは解散前に脱退している)。

2006年9月27日イギリスロンドンのBar Academy Islingtonにて再結成を発表したがショーンはこのメンバーに含まれていなかった。しかし、7ヵ月後の5月20日、公式ページを通じて再び解散することが発表された。

2012年10月にイギリスのリアリティ番組、"The Big Reunion"の企画で2度目の再結成を今度はJを抜いた4人ですることが決まった。

バイオグラフィー[編集]

5ive:デビュー[編集]

1997年、スコットJリッチーアブスショーンの5人はスパイス・ガールズの生み親であるボブ・ハーバートクリス・ハーバートによって、約3000人の中からオーディションで選ばれた。選ばれた後、5人はBMC/RCA(レコード会社)と契約する。同年12月に"Slam Dunk (Da Funk)"をリリース。UKチャート10位を記録した。また、この曲はアメリカでもリリースされたが、USチャート86位にとどまった。しかしながら、NBAの1998年公式テーマソングに選ばれた。この次にリリースされたWhen The Lights Go Outが彼らの初の“国際的な”ヒット曲となる。UKチャートで4位、USチャートで10位を記録した。その後、予定されていた1stアルバムのプロモーション活動のため、ディズニー・チャンネルMTVTRLなどさまざまな番組に出演する。結果、UKアルバムチャート、オーストラリア・アルバムチャート、ニュージーランド・アルバムチャートで1位、USアルバムチャートで27位を獲得した。1998年には"It's The Things You Do"をアメリカでリリース。USチャート53位と振るわず、そしてイン・シンクとアメリカツアーを行うなど、疲労がたまりイギリスに戻り、次のアルバム作成のために休みをとった。1998年には、"Everybody Get Up"、"Got The Feelin'"、"Until The Time Is Through"をリリースしトップ5を記録した。

Invincible[編集]

1999年8月、2ndアルバム、Invincibleからのファーストシングル、"If Ya Gettin' Down"をリリース。世界中で大ヒットとなるが、母国イギリスでの1位はまたしても叶わなかった。(リッキー・マーティンによって阻止された。)そして、1999年10月、"Keep On Movin'"で初めてのUKチャート1位を記録する。そして、同時にこのアルバム、InvincibleもUKアルバムチャート4位を記録する。2000年3月に"Don't Wanna Let You Go"をリリース、UKチャート9位を記録。同年3月3日にブリットアウォーズで次のシングル、"We Will Rock You"をQueenとパフォーマンスをした(後にこの曲は5iveの2度目のUKチャート1位を2000年7月に獲得する)。またこのときに、ベスト・ポップ・アクト賞を受賞した。2000年の上半期はUK、ヨーロッパロシアオーストラリア南アメリカをツアーでまわり成功をおさめた。 このツアーの後、5iveはUKでいくつかのコンサートをひらいた。また、5iveとアジアレコード会社の間に何らかの問題が生じ、アジアツアーはキャンセルされた。このような苦難からも5iveは次のアルバム制作に励みつづけた。この間、彼らはヨーロッパでいくつかの賞を受賞しつづけ、2000年12月には母国で2度目のツアーを開始。2001年1月には世界でも重要視されているフェスティバル、Rock In Rioリオ・デ・ジャネイロ)に参加した。ここでは約50万人のファンの前でパフォーマンスをした。

Kingsize、そして、時代の終わり[編集]

2001年5月、5人の音楽性が育ち、3rdアルバム、Kingsizeが完成した。(当初は"XL"というアルバム名の予定だった。リリースは2001年8月27日。)このアルバムがリリースされて1ヵ月後、メンバーのショーンが腺熱でダウン。5iveは4人で活動することになる。アルバム、Kingsizeからのファーストシングル、"Let's Dance"(UKチャート1位を2週間記録)のプロモーション・ビデオではショーンは段ボールでの登場となった。それから、スコットは婚約者であるケリー・オーカー妊娠したという知らせを聞き、一時的に5iveから離れることになった(2001年7月11日に子供が生まれる)。7月末にはショーンが療養中のなか、メンバーから脱退する。残ったメンバーのアブス、リッチー、Jの3人は激しいプロモーション活動におわれるようになる。7月のベルギーでのコンサートでは、リッチーが左足の激しい捻挫をし、5iveはついに活動を休止。これからのオプションと将来について考える時がこのときに来た。Let's Danceのリリースは遅れに遅れ、結局2001年8月の半ばにリリースされた。また、このアルバムはUKチャート3位をマークした。数ヵ月後、ついに5iveは解散することを決意。2001年9月27日にMTVセレクトを通して解散を発表した。次の日、スコットはケリー・オーカーと結婚する。

2001年11月、"Closer To Me"と"Rock The Party"をダブルAサイド・シングルとしてリリース。Closer To Meのプロモーション・ビデオでは彼ら自身がデビューから撮り続けていたビデオをつなげてつくったもので、Rock The Partyのプロモーション・ビデオでは5iveはアニメとして登場した。そして、5iveの集大成、Greatest Hits(2001年11月19日)がリリースされた。 この短い期間のなか、5iveは世界中で成功をおさめた。UKチャート1位が3曲、世界中で約2,000万枚のレコード売り上げ(700万枚のアルバムを含む)。そしていくつもの賞を受賞した。

その後[編集]

アブスは2001年11月にオーストラリアブルーと一緒にパフォーマンスを行うと、2003年にソロアルバム、Abstract Theoryをリリース。このアルバムからは3曲、UKチャート・トップ10にはいった。 リッチーとショーンもまた、ソロ活動を開始しようとしたが、もう1歩のところであきらめざるをえなくなった。しかしながら、ショーンはSonyと契約し、リッチーはテレビ・ゲストスター、プレゼンター俳優などと、さまざまな場面でテレビに登場するようになった。 スコットは地元のラジオ局でDJになった。また、2004年の後半から2005年のほとんどにおいて、ミュージカル、ブギー・ナイト2に出演した。また2006年9月13日に第二子を授かる。Jは約4年間、姿を消したが、それからは作詞家プロデューサーとして活躍している。

4人での再結成[編集]

2006年9月17日、5iveのオフィシャルページを通して、5iveがなんらかの告知をするという情報がながれた。そして、同月27日、解散からちょうど5年、5iveはまた活動を再開すると発表。しかしメンバーにはショーンは含まれておらず、(ショーンはソロ活動を続けていきたい方向)5iveは4人で活動を再開した。2007年にはツアーを行う予定であった。

2007年3月8日の深夜、ファイブは新曲の一部(1分ほど)を彼らのMySpaceで公開。その2曲は"'70 Days"と"Settle Down"であった。

再結成発表後のたった7ヶ月で5iveは解散することを彼らの公式ページで発表。理由はレーベル契約をどことも結べなかったことをあげている。

2012年10月、イギリスのリアリティ番組、"The Big Reunion"の企画でまたもや再結成することが決まった。しかし今回はJを抜いた4人のメンバーである。同番組では同じようにビー・ウィッチドアトミック・キトゥンリバティ・エックスなどがカムバックを果たしている。番組内でJの代わりになるメンバーを探している所が見られたが、今のところまだ4人のままで活動をしている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

チャート最高位 シングル
  • アルバム名: 5ive
  • リリース日: 1998年6月22日 UK; 1998年7月14日 US
  • UK チャート最高位: #1
  • US チャート最高位: #27
  • AUS チャート最高位: #1
  • NZ チャート最高位: #1
  • SWE チャート最高位: #6
  • UK 売り上げ*: 600,000枚 (2 x プラチナ)
  • US 売り上げ*: 1,000,000枚 (プラチナ)
  • AUS 売り上げ*: 210,000 (3 x プラチナ)
  • NZ 売り上げ*: 60,000 (4 x プラチナ)
  • "Slam Dunk (Da Funk)"
  • "When The Lights Go Out"
  • "Got The Feelin'"
  • "Everybody Get Up"
  • "Until The Time Is Through"
  • "It's The Things You Do"
  • アルバム名: Invincible
  • リリース日: 1999年11月8日 UK; 2000年5月16日 US
  • UK チャート最高位: #4
  • US チャート最高位: #108
  • AUS チャート最高位: #13
  • NZ チャート最高位: #16
  • SWE チャート最高位: #12
  • UK 売り上げ: 600,000枚 (2 x プラチナ)
  • AUS 売り上げ: 140,000枚 (2 x プラチナ)
  • NZ 売り上げ: 15,000枚 (プラチナ)
  • "If Ya Gettin' Down"
  • "Keep On Movin'"
  • "How Do Ya Feel" (CMソング ペプシ)
  • "Don't Wanna Let You Go"
  • "We Will Rock You" (with Queen)
  • アルバム名: Kingsize
  • リリース日: 2001年8月27日
  • UK チャート最高位: #3
  • US チャート最高位: -
  • AUS チャート最高位: #12
  • NZ チャート最高位: #16
  • SWE チャート最高位: #41
  • UK 売り上げ:100,000枚 (ゴールド)
  • AUS 売り上げ: 35,000枚 (ゴールド) [1]
  • NZ Sales*: -
  • "Let's Dance"
  • "Closer To Me"
  • "Rock The Party"
  • アルバム名: Greatest Hits
  • リリース日: 2001年11月19日
  • UK チャート最高位: #9
  • US チャート最高位: -
  • AUS チャート最高位: -
  • NZ チャート最高位 #41
  • UK 売り上げ: 300,000枚 (プラチナ)
  • このアルバムからリリースされたシングルはない。

シングル[編集]

シングル アルバム 最高位
UK
[2]
US
[3]
AUS NZ
[4]
NED SWE
[5]


1997年 "Slam Dunk (Da Funk)" 5ive 10 86 51 28 10 28
1998年 "When the Lights Go Out" 5ive 4 10 2 20 32 7
1998年 "Got The Feelin'" 5ive 3 -- 4 3 4 12
1998年 "Everybody Get Up" 5ive 2 -- 3 1 9 5
1999年 "It's The Things You Do" 5ive -- 53 -- -- -- --
1998年 "Until The Time Is Through" 5ive 2 -- 9 14 15 11
1999年 "If Ya Gettin' Down" Invincible 2 -- 2 1 6 6
1999年 "Keep On Movin'" Invincible 1 -- 9 7 3 10
1999年 "How Do Ya Feel" Invincible -- -- -- -- -- --
2000年 "Don't Wanna Let You Go" Invincible 9 -- 17 5 13 22
2000年 "We Will Rock You (with Queen" Invincible 1 -- 3 29 20 35
2001年 "Let's Dance" Kingsize 1 (2週間) -- 3 11 22 20
2001年 "Closer To Me" Kingsize 4 -- -- -- -- 不明
2001年 "Rock The Party" Kingsize 不明 -- 56 44 -- 不明

ツアー[編集]

  • Invincible ツアー(2000年2月~5月)
  • UK ツアー (2000年12月)

[編集]

ブリット・アウォーズ

  • ベスト・ポップ・アクト賞(2000年)

MTVヨーロッパ・ミュージック・アウォーズ

  • MTV セレクト賞(1998年)

シルバー・クレフ・アウォーズ

  • ベスト・ニューカマー賞 (2000年)

スマッシュ・ヒット・ポール・ウィナー・パーティー

  • ベスト・ニュー・アクト賞(1997年)
  • ベスト・ヘア・カット賞(スコットが受賞:1997年~1998年)
  • ベスト・ブリティッシュ・バンド賞(1998年~2000年)
  • ベスト・アルバム賞(1998年)
  • ベスト・カバー賞(1998年)

TMF アウォーズ

  • ベスト・シングル賞(2000年)
  • ベスト・アルバム賞(2000年)
  • ベスト・インターナショナル・グループ賞(2000年)

TV ヒット・アウォーズ

  • ベスト・ニュー・バンド賞(1999年)
  • ベスト・シングル賞(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ ARIA Top 50 Accreditations”. Album Accreditations for 2001. 2006年8月5日閲覧。
  2. ^ everyHit.com”. Chart positions. 2006年8月5日閲覧。
  3. ^ Billboard.com”. Artist Chart History. 2007年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年1月1日閲覧。
  4. ^ NZ Top 50 archives”. Chart positions. 2005年11月19日閲覧。
  5. ^ Swedish Charts”. Chart Peak Positions. 2006年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]