ブルー (ボーカルグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルー
}
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
ジャンル ポップス
活動期間 2000年–2005年 2009年-
共同作業者 スティービー・ワンダー エルトン・ジョン
メンバー
リー・ライアン
アントニー・コスタ
サイモン・ウェブ
ダンカン・ジェイムス
2005年、イタリアでのコンサート

Blue(ブルー)はイギリス出身の男性4人組R&Bグループ。ロンドンを拠点に活躍。全世界で700万枚のアルバムと400万枚のシングルを売り上げる。2001年5月にデビュー。日本でのレコード会社は東芝EMI

経歴[編集]

2001年5月、シングル『All Rise(オール・ライズ)』でデビュー。UKチャート4位に初登場し、5週連続トップを飾る。のち、デビューアルバム『All Rise(オール・ライズ)』をリリース。イギリスではダブル・プラチナを獲得。周囲からの評価も高く、「スマッシュ・ヒッツ・アワード」の「ベスト・ニュー・カマー賞(最優秀新人賞)」や、サン紙の「ビザール・ポール」での「ニュー・カマー賞」、デイリイ・スター紙が選ぶ「ホット・ポール」の「ベスト・バンド賞」、ペプシ・チャートの「ピープルズ・チョイス・アウォゥズ」の「ベスト・ニュー・カマー賞」など、数々の賞を獲得。

2002年ブリット・アワードの2部門にノミネートされ、ブリティッシュ・ニュー・カマー賞を受賞。3月には「キャピタルFM・アワード」で、3つの賞「ベスト・シングル賞(If You Come Back)」、「ベスト・ニュー・カマー賞」、「ベスト・ポップ・アクト賞」を受賞。6月にエリザベス女王即位50周年イベントとなる「Queen's Jubilee」にQueenら有名アーチストと出演。11月にはセコンド・アルバム『One Love』を発表(日本では、2003年1月16日発売)。このアルバムでエルトン・ジョンとの共演をはたす。リリースしたのち、彼らは、グループ結成以来初の本格ツアーを開催。全英及びアイルランドのアリーナ級のビッグな会場を巡る超大規模なツアーとなる。そしてこの年、ヒイト・マガジン誌、ホット・スターズ・マガジン誌、及びデイリー・スター紙の年末投票で、それぞれ”ベスト・グループ”の栄誉ある賞を獲得。

2003年11月(日本は10月29日)、3枚目のアルバム『GUILTY』をリリース。日本版のボーナス・トラックには槇原敬之が書き下ろした曲『THE GIFT(ギフト)』を収録。

2004年に入り、ソロ活動が忙しくなった事などから、グループ活動の休止を発表。11月にはベスト・アルバムや同名ベストDVD『BEST OF BLUE』をリリース。 2005年の3月と4月にはUKアリーナ・ツアーも予定されたが、メンバーのリー・ライアンにドクトラーストップがかかりキャンセルとなった。その後解散。

メンバーのソロ活動としては、グループ活動休止前の2004年中にダンカンがいち早くシングルをリリース。2005年にはリーが「Lee Ryan」とサイモンが「SANCTUARY」をそれぞれアルバムを発表し、2006年にはダンカンが「FUTURE PAST」とアントニーが「Haert Full Of Soul」をリリースした。またアントニーは、リアリティ・サバイバル番組「おれはセレブなんだ、こっから出してくれ」に出演した。

日本ではアルバム『ONE LOVE』が35万枚という大ヒットを記録したほか、'04年のジャパン・ツアーは各地で大盛況と人気を見せ付けた。

再結成[編集]

2009年4月に新しくレーベル契約を結び再結成を果たす。2011年1月にはユーロビジョン・ソング・コンテストにイギリス代表として出場することを発表した。再結成後に仕上げた"I Can"という曲でエントリーを果たし、合計100ポイント、11位という結果だった。

2010年7月に再結成後初のアルバムの制作に取り掛かり、ブルーノ・マーズニーヨなどと曲を仕上げているとインタビューで語った。 2013年にアルバム、「ルーレット」をリリースした。

メンバー[編集]

1981年6月23日生まれ。ミドルセックス州エッジウェア出身。身長175cm。
1979年4月7日生まれ。ウィルツ州ソールズベリー出身。身長180cm。
1983年6月17日生まれ。ケント州チャタム出身。身長180cm。
1979年3月30日生まれ。マンチェスター出身。身長178cm。

音楽[編集]

アルバム[編集]

  1. "All Rise"(2001/11/26、2004/1/16に再発売)
  2. "One Love"(2002/11/4、国内版2003/01/16)
    • "One Love Special Edition" (2003/07/16)
  3. "Guilty"(2003/11/03、国内版2003/10/29)
  4. "Remixes"(日本独自企画限定盤、2004/01/28)
  5. "Best Of Blue"(2004/11/15)
    • "Best Of Blue Fun Edition"(2004/11/15)
    • "Best Of Blue Japan Only Memorial Edition "(日本独自企画盤、2005/02/29)
  6. "4EVER BLUE"(2005/05/30、国内版2005/08/10)
  7. "Platinum Collection"(2006/02/27、国内版2006/06/07)
  8. "Roulette" (2013/02/04)
    • "Roulette(UK盤)"13曲目「I Can」→「Sing For Me」に変更(2013/04/29)
    • "Roulette(US盤)"(2013/06/11)

シングル[編集]

  1. "All Rise"(2001/05/21)
  2. "Too Close"(2001/08/17)
  3. "If You Come Back"(2001/11/26)
  4. "Fly By II"(2002/03/18)
  5. "One Love"(2002/10/19、国内版2002/10/30)
  6. "Sorry Seems To Be The Hardest Word(悲しみのバラード)" feat. Elton John(2002/12/10)
    • 日本版"Sorry Seems To Be The Hardest Word(悲しみのバラード)/If You Come Back"(2003/01/16)
  7. "U Make Me Wanna"(2003/03/29)
  8. "Guilty"(2003/10/18、国内版2003/10/29)
  9. "Signed, Sealed, Delivered I'm Yours(涙をとどけて)" feat. Stevie Wonder & Angie Stone(2003/11/28)
    • 日本版"THE GIFT(ギフト)/Signed, Sealed, Delivered, I'm Yours(涙をとどけて)"(2003/12/27)
  10. "Breathe Easy"(2004/03/22、国内盤2004/03/31)
  11. "Bubblin'"(2004/06/28、国内版2004/07/07)
  12. "Curtain Falls"(2004/11/28、国内版2004/11/15)
  13. "Get Down On It" feat. KOOL & THE GANG and LIL'KIM (2005/02/02)
  14. "I Can" (2011/05/01)
  15. "Hurt Lovers (2013/01/15)
  16. "Black Box (2013)

DVD/ビデオ[編集]

  1. "A Year In The Life Of"(2003/01/29)
  2. "One Love Live Tour"(2003/05/08、国内版2003/07/16)
  3. "Close To Blue"(2003/12/15)
  4. "Guilty Live From Wembley"(2004/04/28)
  5. "Best Of Blue"(2004/12/15)

ソロ[編集]

ダンカン・ジェイムス
  1. シングル "I Believe My Heart" <ダンカン・ジェイムス&キーディー> (2004/12/15)
  2. アルバム "Future Past" (2006/06/12、国内版2006/06/07)
リー・ライアン
  1. アルバム"Lee Ryan"(2005/09/21)
サイモン・ウエッブ
  1. アルバム"Sanctuary"(2005/11/02)
  2. アルバム"Grace" (2006/11/13)
アントニー・コスタ
  1. アルバム"Heart Full Of Soul"

書籍[編集]

  • フィオナ・イングリス(ダンカン・ジェイムスの母親)
  1. "二人ぼっち(Just The Two Of Us)"(2004/01/16)

外部リンク[編集]