ボニー・タイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボニー・タイラー
ボニー・タイラー(右)2006年5月撮影}
ボニー・タイラー(右)
2006年5月撮影
基本情報
出生名 Gaynor Hopkins
出生 1951年6月8日(63歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ
ジャンル ポップスプログレッシヴ・ロックロックンロールカントリー・ロック
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1975年 -
公式サイト http://www.bonnietyler.com/

ボニー・タイラーBonnie Tyler1951年6月8日 - )は、ウェールズ女性歌手。本名はゲイナー・ホプキンスGaynor Hopkins)。

略歴[編集]

労働者層の6人兄弟の家庭に育つ。父は鉱山労働者で、子供たちはオペラ好きの母から音楽の影響を受ける。ジャニス・ジョプリンティナ・ターナーに感化され、10代の頃に "Bobby Wayne and the Dixies" というグループで歌い、その後 "Imagination" というバンドを結成する。約10年間、「ボニー・タイラー」とは別の名前で、サウスウェールズ各地のパブやナイトクラブで活動する。

1975年に最初のシングル "My My Honeycomb" を RCAレコードから発表するが、チャートに上ることはなかった。2枚目のシングル "Lost in France" は風変わりな曲で、紙の上では無意味な言葉が歌の中では外見上はどれぐらい豊かな意味を持つことができるか実証しようとしていた。この曲では彼女のパワフルな歌声の可能性が発揮され、英国のポップ・ミュージック・チャートのトップ10入りした。

"Lost in France" がヒットしたタイラーは、1977年に最初のアルバム The World Starts Tonight を出す。売上はそこそこでしかなかったが、彼女は「ヨーロッパ中でツアーを行なうには充分だった」と語っている。このアルバムのリリースに先立って、タイラーは声帯にできたポリープを切除する手術を受けたのだが、医者に止められていたにもかかわらず、完治する前に声を出してしまったために、彼女の歌声はかすれてしまう。これで歌手としての経歴は終わると最初は思っていたが、1978年の次のシングル "It's A Heartache" でスターとなる。この曲は6ヶ国で1位となり、UKでは最高4位、USポップチャートでは3位、USカントリーチャートでは10位になった。

1982年CBSレコードへ移籍する。アルバム Faster Than the Speed of Night は大ヒットし、ジム・スタインマン作のシングル "Total Eclipse of the Heart" は4週連続1位を記録した。"Faster Than the Speed of Night" はUKアルバムチャートで初登場1位となり、これは女性アーティストとしてはボニーが初達成で、ギネスブックに認定されている。シングル TOEOTH では1983年のグラミー賞最優秀女性ポップボーカルパフォーマンスにノミネートされ、アルバム "Faster Than the Speed of Night" ではグラミー賞最優秀女性ロックボーカルパフォーマンスにノミネートされた。

グラミー賞で "Eclipse" が高く評価された1984年に、"Here She Comes" でグラミー賞最優秀女性ロックボーカリストにノミネートされる。この曲は、映画『メトロポリス』を1984年に再編集したサウンドトラックの一部である。同じ1984年の映画『フットルース』のサウンドトラックからのシングル "Holding Out for a Hero" は、U.S. Hot 100 の 34位に入る。U.S. Top-40 に入るのは3度目だが、これが最後である。"Holding Out for a Hero"は映画『ショート・サーキット2』やゲーム『Saints Row: The Third』にも使用されている。続けてアルバム Secret Dreams and Forbidden FireHide Your Heart を発表するが、これまでのようなヒットにはならなかった。

1990年代の初めに、タイラーはアルバム Bitterblue をレコーディングする。このアルバムはノルウェーではクワドラプル・プラチナ、オーストラリアではプラチナ、ドイツ、スイス、スウェーデン、その他の国々ではゴールドを獲得。続くアルバム Angel Heart でも、Bitterblue のヒットと同様にゴールドやプラチナを獲得した。1993年にリリースされた Silhouette in Red で、タイラーはエコー賞の最優秀国際女性ボーカリストを受賞する。その後も彼女のライブは多数のファンを引き寄せ続けたが、若いフランス人の歌手 Kareen Antonn がデュエットのレコーディングを持ちかけるまで、レコーディングは芳しくなかった。そのデュエットは2004年1月に "Si Demain" ( "Total Eclipse of the Heart" のフランス語バージョン)としてリリースされ、フランスベルギーポーランドで1位を達成し、世界中で200万枚の売上を記録した。

2005年には、バーミンガムで開催された "Jasper Carrott's Rock With Laughter" に参加し、Bill BaileyJasper CarrottLenny HenryBobby DavroLord of the Dance の一団らと共演した。

2006年9月にはアメリカのテレビに久々に出演し、Celebrity Duetsルーシー・ローレスと 'Total Eclipse' をデュエットした。

2008年から全日本プロレス太陽ケアが愚連隊(GURENTAI)に所属になった際に、"Holding Out for a Hero" を入場テーマ曲にしている(ただしそれ以前のオリジナルテーマ曲も併用している)。テーマ曲に変更した。

ディスコグラフィ[編集]

主なアルバムのみ掲載。より詳しくは Bonnie Tyler discography を参照。

  • Faster Than The Speed Of Night (スピード・オヴ・ナイト) 1983年
    1. "Have You Ever Seen the Rain?" 4:08 (雨を見たかい)
    2. "Faster Than the Speed of Night" 6:45 (スピード・オヴ・ナイト)
    3. "Getting So Excited" 3:31 (ゲッティング・ソー・エクサイテッド)
    4. "Total Eclipse of the Heart" 6:58 (愛のかげり)
    5. "It's a Jungle Out There" 4:38 (ジャングル・アウト・ゼアー)
    6. "Going Through the Motions" 4:08 (ゴーイング・スルー・ザ・モーション)
    7. "Tears" 3:50 (ティアーズ)
    8. "Take Me Back" 5:21 (テイク・ミー・バック)
    9. "Straight from the Heart" 3:42 (フロム・ザ・ハート)
  • Secret Dreams and Forbidden Fire (秘めた想い) 1986年
    1. "Ravishing" 6:24 (ラヴィシング)
    2. "If You Were a Woman (And I Was a Man)" 5:16 (イフ・ユー・ワー・ア・ウーマン(男と女の物語))
    3. "Loving You's a Dirty Job but Somebody's Gotta Do It" 7:48 (愛はダーティ・ジョブ)
    4. "No Way to Treat a Lady" 5:18 (ノー・ウェイ)
    5. "Band of Gold" 5:51 (バンド・オブ・ゴールド)
    6. "Rebel Without a Clue" 8:36 (反逆児)
    7. "Lovers Again" 4:32 (ラヴァーズ・アゲイン)
    8. "Before This Night Is Through" 5:21 (ビフォア・ジス・ナイト・イズ・スルー)
    9. "Holding Out for a Hero" 5:49 (ヒーロー)
  • Silhouette In Red (シルエット・イン・レッド) 1993年
    1. "Sally Comes Around" 3:38 (サリー・カムズ・アラウンド)
    2. "Fire In My Soul" 4:35 (ファイア・イン・マイ・ソウル)
    3. "Stay" 4:02 (ステイ)
    4. "Send Me The Pillow" 3:31 (センド・ミー・ザ・ピロー)
    5. "From The Bottom Of My Lonely Heart" 3:32 (ロンリー・ハート)
    6. "Silhoutte In Red" 3:57 (シルエット・イン・レッド)
    7. "I Climb Every Mountain" 3:33 (エヴリ・マウンテン)
    8. "Bad Dreadms" 3:45 (バッド・ドリームス)
    9. "James Dean" 3:11 (ジェームス・ディーン)
    10. "Clouds In My Coffee" 3:19 (クラウズ・イン・マイ・コーヒー)
    11. "Years May Come" 3:49 (イヤーズ・メイ・カム)
    12. "Cryin' A Little" 3:35 (クライン・ア・リトル)
    13. "You Are So Beautiful" 2:19 (ソー・ビューティフル)
    14. "Before We Get Any Closer" 4:07 (ビフォー・ウィ・ゲット・エニィ・クローサー)
    15. "You Won't See Me Cry" 2:45 (ユー・ウォント・シー・ミー・クライ)
  • Free Spirit (フリー・スピリット) 1995年
    1. "Nothing To Do With Love" 4:53 (ナッシング・トゥ・ドゥ・ウィズ・ラヴ)
    2. "You're The One" 3:59 (ユーアー・ザ・ワン)
    3. "Making Love (Out of Nothing At All)" 7:47 (渚の誓い)
    4. "Given It All" 5:44 (ギヴン・イット・オール)
    5. "What You Got" 5:32 (ホワット・ユー・ゴット)
    6. "Bridge Over Troubled Water" 4:59 (明日に架ける橋)
    7. "Time Mends a Broken Heart" 3:30 (タイム・メンズ・ア・ブロークン・ハート)
    8. "Driving Me Wild" 5:12 (ドライヴィング・ミー・ワイルド)
    9. "Sexual Device" 4:10 (セクシュアル・デヴァイス)
    10. "Make It Right Tonight" 5:43 (メイク・イット・ライト・トゥナイト)
    11. "All Night To Know You" 5:40 (オール・ナイト・トゥ・ノゥ・ユー)
    12. "Foreget Her" 4:13 (フォゲット・ハー)
    13. "Two Out Of Three Ain't Bad" 8:40 (66%の誘惑)
    14. "Sexual Device (The Vari Mix)" 5:00 (セクシュアル・デヴァイス)
  • Greatest Hits (グレイテスト・ヒッツ) 1989年
    1. "Total Eclipse of the Heart" 4:30 (愛のかげり)
    2. "Holding Out for a Hero" 4:24 (ヒーロー)
    3. "(The World is Full of) Married Men" 3:49 (素敵なマリッド・メン)
    4. "A Rockin' Good Way (To Mess Around And Fall in Love)" 2:52 (ロッキン・グッド・ウェイ)
    5. "Here She Comes" 3:42 (ヒア・シー・カムズ)
    6. "Band of Gold" 3:47 (バンド・オブ・ゴールド)
    7. "Faster Than the Speed of Night" 4:42 (スピード・オブ・ナイト)
    8. "Lovers Again" 4:15 (ラヴァーズ・アゲイン)
    9. "Lost in France" 3:54 (パリに消えた恋)
    10. "It's a Heartache" 3:30 (愛は哀しくて)
    11. "Getting So Excited" 3:31 (ゲッティング・ソー・エキサイテッド)
    12. "Have You Ever Seen the Rain?" ?:?? (雨を見たかい)
    13. "I Believe in Your Sweet Love" 3:43 (あなたに夢中)
    14. "If I Sing You a Love Song" 4:46 (あなたへの愛の歌)
    15. "More Than a Lover" 4:14 (モア・ザン・ア・ラヴァー)
    16. "Straight From The Heart" 3:43 (フロム・ザ・ハート)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]