オスカー・ピストリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスカー・ピストリウス Portal:陸上競技
Oscar Pistorius 2 Daegu 2011.jpg
2011年世界陸上でのピストリウス
選手情報
フルネーム オスカー・レオナルド・カール・ピストリウス
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
種目 短距離走
生年月日 1986年11月22日(28歳)
生誕地 ハウテン州ヨハネスブルグ
身長 183cm
体重 80kg
自己ベスト
100m 10秒91(2007年)
200m 21秒30(2012年)
400m 45秒07(2011年)
 
獲得メダル
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
男子 陸上競技
パラリンピック
2004 アテネ 100mT44
2004 アテネ 200mT44
2008 北京 100mT44
2008 北京 200mT44
2008 北京 400mT44
2012 ロンドン 200mT44
IPC世界選手権
2006 アッセン 100mT44
2006 アッセン 200mT44
2006 アッセン 400mT44
2011 クライストチャーチ 200mT44
2011 クライストチャーチ 400mT44
2011 クライストチャーチ 4×100mT42-46
2011 クライストチャーチ 100mT44
編集 テンプレートのヘルプを表示する
北京オリンピックに、ピストリウスが参加することを認めないとした国際陸上競技連盟の決定を報じる南アフリカの新聞(2008年1月16日)
「ブレードランナー」の異名の元になった義足。2011年9月8日、ロンドントラファルガー広場にて撮影。

オスカー・レオナルド・カール・ピストリウスOscar Leonard Carl Pistorius1986年11月22日 - )は、南アフリカ共和国パラリンピックオリンピック陸上選手

両足義足のスプリンターで、アイスランド義肢メーカーオズール(Össur) が制作した、まるで(Blade)のように薄い炭素繊維製の競技用義肢を使用しているため、"ブレードランナー"(Blade Runner)の異名を持つ。両足切断者クラスの100m200m400m世界記録保持者。健常者の大会にも出場するなど、障害者スポーツの印象を覆す活躍で注目を集めている。

略歴[編集]

南アフリカ共和国ヨハネスブルグ近郊のサントンで、先天性身体障害により腓骨が無い状態で誕生。生後11ヶ月時、両足のから下を切断

高校時代はラグビー水球テニスレスリングなどを経験[1]。ラグビーで膝を負傷しリハビリ中の2004年1月陸上競技を勧められる[1]2004年9月、アテネパラリンピック100m銅メダル(11秒16)、200m金メダル(21秒97)。その後2008年時点、プレトリア大学で、経営学スポーツ科学を履修[1]

パラリンピックからオリンピックへの挑戦[編集]

北京オリンピックに400mで出場を目指していたが、国際陸上競技連盟(IAAF)はカーボン製の義足による推進力が競技規定に抵触するとしてこれを却下。2008年5月16日スポーツ仲裁裁判所(CAS)はIAAFの判断を覆し、ピストリウスが健常者のレースに出場することを認める裁定を下す。今後、参加標準記録(A標準45秒55、B標準45秒95)を突破すればオリンピックに出場できる。突破できなくても、1600mリレーのメンバーに入れば出場は可能。

2008年7月16日、スイスで行われた競技会で400mに出場し、自己ベストとなる46秒25を記録したが、五輪参加標準記録を突破できず同種目での北京オリンピック出場を逃した。さらに同月18日、南アフリカ陸上競技連盟は、4x400メートルリレーでのピストリウスの不選出を発表。悲願の北京オリンピック出場は果たせなかった。

2008年9月、北京パラリンピックにて100m、200m、400mに出場、金メダル三冠を達成した。

2011年、韓国で行われた世界陸上競技選手権大会に、健常者と共に出場する[2]。ピストリウスは8月29日、400メートル競走に出場し、準決勝まで進んだが、そこで敗れ決勝には進めなかった。準決勝のタイムは46秒19で、自己ベストより1秒以上遅かった[3]。9月2日には、4x400メートルリレー決勝が行われ、南アフリカは銀メダルを獲得した。ピストリウスはこの決勝には出場しなかったが、予選には走者として出場しており(国際陸上競技連盟から、他の国の選手と接触することがない第1走者なら出場が認められた[4])、規定によりピストリウスにも銀メダルが贈られた[5]

その後、陸上の400mでは2011年7月に45秒07、2012年3月17日に45秒20といずれもオリンピックA標準記録をクリアする結果を残しており、ロンドンオリンピック出場へのチャンスが残っていた[6]

ロンドンオリンピック・パラリンピックへの出場[編集]

南アフリカ・オリンピック委員会は2012年7月4日、ロンドンオリンピック陸上男子400mおよび男子4x400mリレーのメンバーにピストリウスを選出。両脚が義足の陸上競技選手では初めて、オリンピックへの出場を果たした[7]。さらに、同オリンピックの閉幕後に開催されるロンドンパラリンピック陸上男子100m、200m、400m、4x100mリレーのメンバーにも選出。義足の陸上競技選手では初めて、オリンピック・パラリンピックの双方に出場することが決まった[8]

ロンドンオリンピック[編集]

個人種目の陸上男子400mでは、予選1組の2位で準決勝へ進出。しかし、準決勝2組で最下位(8位)に終わったため、決勝には進めなかった[9]

南アフリカチームの第3走者を任された陸上男子4×400mリレーの予選では、第2走者のオフェンツェ・モガワネがケニアの選手と接触して転倒したため、ピストリウスにバトンが渡らないままチームは棄権を余儀なくされた(ケニアチームは失格)。しかし、この転倒に対して南アフリカチームが国際陸上競技連盟に異議を申し出たところ、同連盟は審議委員会を開催。審議の結果、棄権の原因を「ケニアの選手による妨害による影響」と判断したうえで、救済措置として南アフリカチームの決勝進出を認めた[10]。なお、ピストリウスは決勝でアンカー(第4走者)を務めたが、チームは最下位(8位)に終わった。

ロンドンパラリンピック[編集]

個人種目の男子200mでは、2012年9月1日開催の予選で、21秒30の世界新記録を達成[11]。しかし決勝では、21秒52で2位に終わったため、パラリンピックでの連覇を逸した[12]。同じく連覇の掛かった男子100mでも、決勝を4位で終了[13]。その一方で、南アフリカチームのアンカーを務めた4×100mリレーの決勝では、チームの世界新記録達成(41秒78)と金メダル獲得に貢献した[14]

自己ベスト[編集]

  • 100m:10秒91 (2007年4月4日)
  • 200m:21秒30 (2012年9月1日、ロンドンパラリンピック予選)
  • 400m:45秒07 (2011年7月19日)

殺人容疑[編集]

プレトリアゲーテッドコミュニティ(要塞都市)にある自宅恋人リーバ・スティンカンプで射殺したとして逮捕され、2013年2月14日に国内メディアに報道された。報道では、侵入者と誤認して撃ったとされる[15]。一方、ピストリウスは、過去にDVで通報された経歴があり[16]、南アフリカの検察は「計画的殺人」であると主張している[17]

南アフリカの英雄とも言えるピストリウスの殺人容疑に、南アフリカのマスメディアの報道は過熱気味である[18]。また、この事件の担当刑事の1人が、過去に7件の殺人未遂容疑がかけられている不祥事が発覚、担当刑事が交代となるなど、捜査は混乱している[19]

2013年2月22日、南アフリカ検察は、ピストリウスに逃亡の恐れなどが無いとして、保釈を認めた。保釈金は100万ランドとなっている[20]。保釈については、当初は海外渡航が一切不可とされるなど、厳しい条件が課されていた。しかし、ピストリウスが抗議した結果、南アフリカの検察は、国外への競技参加などを許可するなど、条件を緩和した[21]

2013年10月29日、ピストリウスは2件の銃規制法の違反容疑で追訴された。公共の場で2回発砲した疑いをかけられている[22]

2014年3月3日、プレトリア高等裁判所で、この事件の初公判が開かれた。ピストリウスは「恋人を侵入者と間違えた」と述べ、無罪を主張した[23]裁判の途中で、検察や警察が、事件現場となった風呂のドアの取り扱いで、不備があったと認定された。この事件では、風呂のドア越しに銃撃が行われた他、ピストリウスはクリケット用のバットでドアを破ったことから、ドアは弾丸弾道や、事件の概要を示す重要な証拠とされる[24]。また、公判は3月20日までの予定であったが、5月16日までに延長された。ピストリウスは裁判の費用を捻出するため、自宅を売却した[25]

2014年9月11日、プレトリア高等裁判所は、ピストリウスに対して殺人では無罪、過失致死では有罪の判決を下した。南アフリカの検察は、ピストリウスが計画的な殺人を実行したということを立証できなかった[26]

2014年10月21日、裁判所はピストリウスに禁錮5年の判決を言い渡した[27]。検察側は、この判決を不服として控訴した[28]。この控訴について、2014年12月10日、裁判所は可否を判断する公判を開き、控訴を認めると決めた。ただし、量刑に対する控訴は認めなかった[29]

ドーピング疑惑[編集]

前述の殺人容疑に関連した警察の捜査によると、自宅から筋肉増強剤と注射器が発見された。発見されたのはテストステロンであり、これは世界アンチ・ドーピング機関が禁止薬物に指定している物である[30]。ただし、パラリンピック等の大会時の検査では陰性であったという[31]

なお、「テストステロンが発見された」という証言は保釈請求で出廷した捜査官が述べたものだが、発表の数時間後、検察当局はこの薬物について「まだ捜査が完了しておらず何の薬物かは不明」として、主張を訂正した[32]

モットー[編集]

"You're not disabled by the disabilities you have, you are able by the abilities you have."[1](障害によって不可能なのではなく、持っている能力によって可能なのだ。)

画像[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d Davies, Gareth A. (interviewer) (2007年5月23日). “My sport: Oscar Pistorius”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/main.jhtml?xml=/sport/2007/05/09/somysp09.xml 
  2. ^ 新たな領域へ 義足ランナー、オスカー・ピストリウスの挑戦 スポーツナビ 2011年8月22日
  3. ^ 陸上=両脚義足のピストリウス、男子400m決勝進出ならず ロイター 2011年8月30日
  4. ^ World Athletics 2011: Pistorius must run relay first leg”. BBC (2011年8月26日). 2014年12月9日閲覧。
  5. ^ 世界陸上:義足のピストリウス「銀」 千六百リレー - 毎日新聞 2011年9月3日
  6. ^ “両脚が義足のランナー、五輪参加標準記録を突破”. 読売新聞. (2012年3月18日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/track/short/1/20120318-OYT1T00544.htm 2012年3月19日閲覧。 
  7. ^ “義足ランナー、初の五輪へ 南アのピストリウス選手”. 日本経済新聞. (2012年7月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKD1005_U2A700C1000000/ 2012年7月5日閲覧。 
  8. ^ “「ブレードランナー」ピストリウスがロンドン五輪出場へ”. AFP. (2012年7月5日). http://www.afpbb.com/article/london2012/london2012-athletics/2887998/9218200 2012年8月13日閲覧。 
  9. ^ “五輪=義足ピストリウスは決勝進出ならず、陸上男子400m”. ロイター. (2012年8月6日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE87503220120806 2012年8月13日閲覧。 
  10. ^ “五輪陸上:義足スプリンターのピストリウス、リレー決勝へ”. 毎日新聞. (2012年8月9日). http://mainichi.jp/sports/news/20120810k0000m050060000c.html 2012年8月13日閲覧。 
  11. ^ “パラリンピック=義足のピストリウス、200m予選で世界新”. ロイター. (2012年9月2日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE88100E20120902 2012年9月3日閲覧。 
  12. ^ “パラリンピック=義足のピストリウス、陸上200mで連覇ならず”. ロイター. (2012年9月3日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE88200M20120903 2012年9月3日閲覧。 
  13. ^ “パラリンピック=義足のピストリウス、100mでも連覇逃す”. ロイター. (2012年9月7日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE88600T20120907 2012年9月9日閲覧。 
  14. ^ “パラリンピック=ピストリウス擁する南アが金、日本4位 400mリレー”. 朝日新聞デジタル. (2012年9月6日). http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201209060134.html 2012年9月6日閲覧。 
  15. ^ “五輪=義足のピストリウス逮捕か、自宅で交際相手死亡”. Reuters. (2013年2月25日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE91D04H20130214 2013年2月15日閲覧。 
  16. ^ “五輪=恋人射殺容疑のピストリウス、過去にDVで通報か”. Reuters. (2013年2月25日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE91D07M20130214 2013年2月15日閲覧。 
  17. ^ “ピストリウス容疑者出廷 検察側「誤射ではなく殺人」”. 朝日新聞. (2013年2月25日). http://www.asahi.com/international/update/0215/TKY201302150295.html 2013年2月15日閲覧。 
  18. ^ “殺人者か誤射か、一転疑惑の人物「義足の英雄」が送っていた被災地日本への“心温まるメッセージ””. 産経新聞. (2013年2月23日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130223/wsp13022312010001-n1.htm 2013年2月23日閲覧。 
  19. ^ “ピストリウス選手 恋人殺害事件 国際ニュース”. AFPBB News. (2013年2月23日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2930236/10328052 2013年2月23日閲覧。 
  20. ^ “ピストリウス容疑者を保釈 逃亡の恐れ認めず”. CNN. (2013年2月22日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35028642.html 2013年3月22日閲覧。 
  21. ^ Susan NJANJI-MATETAKUFA (2013年3月28日). “ピストリウス被告に出国許可、南ア裁判所が保釈条件緩和”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2936237/10513391 2013年3月28日閲覧。 
  22. ^ “陸上=恋人殺害容疑のピストリウス被告、銃規制法違反で追訴”. ロイター. (2013年10月30日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE99T03X20131030 2013年11月23日閲覧。 
  23. ^ 杉山正 (2014年3月3日). “ピストリウス被告、無罪を主張 恋人射殺、南アで初公判”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG335QVWG33UHBI022.html 2014年3月30日閲覧。 
  24. ^ Stephanie FINDLAY (2014年3月13日). “ピストリウス被告の裁判、重要な証拠が損失か”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3010228 2014年3月30日閲覧。 
  25. ^ “南ア義足の五輪ランナー、公判期間5月まで延長”. 産経新聞. (2014年3月24日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140324/mds14032410590001-n1.htm 2014年3月30日閲覧。 
  26. ^ “義足ランナーのピストリウス被告、過失致死で有罪判決”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年9月12日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580149471492135424 2014年9月12日閲覧。 
  27. ^ Stephanie FINDLAY (2014年10月21日). “ピストリウス被告に禁錮5年、南アフリカ”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3029506 2014年12月10日閲覧。 
  28. ^ “【陸上】O・ピストリウス裁判 検察側が控訴”. サンケイビズ. (2014年11月6日). http://www.sankeibiz.jp/express/news/141106/exe1411061315003-n1.htm 2014年12月10日閲覧。 
  29. ^ “ピストリウス裁判、検察側の上訴認められる”. AFPBB News. (2014年12月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3033942 2014年12月10日閲覧。 
  30. ^ “ピストリウス容疑者にドーピング疑惑 自宅に筋肉増強剤”. 朝日新聞デジタル. (2013年2月20日). http://www.asahi.com/international/update/0220/TKY201302200328.html 2013年2月20日閲覧。 
  31. ^ “ピストリウス被告の寝室からドーピング禁止薬物、捜査当局発表”. AFPBB News. (2013年2月20日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2929652/10317242 2013年2月20日閲覧。 
  32. ^ “義足ランナー宅の薬物「テストステロンかはまだ不明」、南ア検察”. AFPBB News. (2013年2月21日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2929677/10318343 2013年2月22日閲覧。 

外部リンク[編集]