過失致死傷罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
過失致死傷罪
Scale of justice 2.svg
法律・条文 刑法209条、210条
保護法益 生命・身体
主体
客体
実行行為 過失により人を死傷させる
主観 過失犯
結果 結果犯、侵害犯
実行の着手 -
既遂時期 各類型による
法定刑 各類型による
未遂・予備 なし
テンプレートを表示

過失致死傷罪(かしつちししょうざい)とは、過失により人を死傷させる罪である。

過失により人を傷害した場合に過失傷害罪となり(刑法209条1項)、法定刑は30万円以下の罰金又は科料。同条2項により、親告罪とされている。一方、過失により人を死亡させた場合に過失致死罪となる(同210条)。法定刑は50万円以下の罰金。こちらは親告罪ではない。

過失[編集]

両罪とも暴行や傷害の故意がなく、死傷の結果について過失があることが要件となっている。暴行や傷害の故意があれば傷害罪・傷害致死罪が成立する。

また、業務上の過失である場合には業務上過失致死傷罪に、重過失があれば重過失致死傷罪に該当し、それぞれ重く処罰される。 もっとも、「業務」の範囲が広く認められているため、また業務でなくとも(立件されるほどの事案であれば)重大な過失があったと認定する傾向があるため、過失致死傷罪に該当する事例は相当狭い範囲に限られている。

関連項目[編集]