インペリアル・イースター・エッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インペリアル・イースター・エッグ

インペリアル・イースター・エッグ(英語:Imperial Easter Egg)は、ファベルジェ家により作られた宝石の装飾が施されたイースター・エッグのうち、ロマノフ朝ロシア皇帝アレクサンドル3世ニコライ2世のために作られた大きなエッグのこと。

アレクサンドル3世ニコライ2世が、皇后や母后であるマリアアレクサンドラのために、金細工師のピーター・カール・ファベルジェに依頼して作らせた。それらは美しく精緻な美術工芸品で、多くのものにはサプライズと呼ばれる独創的な仕掛けが仕込まれている。

1885年から1917年の間に58個作られたとされているが数については異説もある。現在、その所在が確認されているのは44個であり、約4分の1の14個が行方不明である。オークションに出品すると10億円の値打ちが出るものもある。

モスクワクレムリン宮殿の武器庫では、その一部が見ることができる。

歴史[編集]

最初のインペリアル・イースター・エッグは1885年、アレクサンドル3世が結婚20周年を記念して、妻であるマリア・フョードロヴナにイースター・エッグを贈るために作られたとされる。アレクサンドル3世のこの思いつきは、マリアの義理の伯母であるグリュックスブルク公爵夫人ヴィルヘルミーネ・マリーの所有していたエッグによると言われており、マリアは幼少時このエッグに想像力を掻き立てられていた。このエッグは「Hen Egg」として知られ、金で作られている。白くくすんだエナメル質の「殻」は開き、中にはくすんだ黄色の金で出来た卵黄がある。次に開けるとカラフルな金のめんどりがある。それには小さなルビーペンダントが掛けられた、ダイアモンドで出来た帝冠のレプリカが入っている。ただこれらの二つの仕掛け、帝冠とペンダントは現在は失われている[1]

帝冠の特注を受ける金細工師ファベルジェに依頼されたこの贈り物を、マリアはとても喜んだ。翌年ファベルジェはもう一つエッグの特注を受けた。その後家長のピーター・カール・ファベルジェはインペリアル・イースター・エッグ製作の完全な自由を与えられ、この時からデザインはより精巧になった。ファベルジェ家の言い伝えによれば、アレクサンドル3世でさえ、要求は一つ一つに仕組みがあることという仕様をわかっていた。1894年11月1日、アレクサンドル3世が死んだ後、彼の息子が妻Alexandra Fedorovnaと母マリアにファベルジェのエッグをプレゼントした。

1904年から1905年の間は日露戦争のため、エッグは作られなかった。一度ピーター・カール・ファベルジェにより初期草稿がデザインされ、その仕事はMichael Perkhin、Henrik Wigström、Erik August Kollinらによる職人集団によって受け継がれた。

インペリアル・イースター・エッグは高い評判を受け、コンスエロ・ヴァンダービルトやノーベル家、ロスチャイルド家、ユスポフ家など、少数の選ばれた客に対し大きなエッグが制作された。実業家のアレクサンダー・ケルヒに対しては7つのエッグシリーズが制作された。

エッグの登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Article on the first Hen egg”. Mieks.com (2008年11月13日). 2012年3月26日閲覧。

関連項目[編集]