ザ・モスクワ・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・モスクワ・タイムズ(The Moscow Times)は、1992年からロシアモスクワで発行されている英語の新聞(日刊紙)。2008年の発行部数は35,000部[1]である。通常はフリーペーパーの形式で、ロシアに在住する英語話者が利用するようなホテルカフェレストランに置かれているが、定期購読制もあり、さらに英語を使うロシア人によって読まれるケースも増えてきている。[2]新聞・雑誌販売所では入手できない。[3]

創刊当初は週二回の発行であったが、数ヵ月後に日刊紙となった。古いプラウダの本社に拠点を置きつつ、ロシアで最初の西欧向け日刊紙であった。[4]

2005年までは、所有者はインディペンデント・メディアIndependent Media)であった。インディペンデント・メディアはモスクワ登録の出版社であり、ロシア語日刊紙ヴェドモスチВедомости)、ザ・サンクトペテルブルク・タイムズThe St. Petersburg Times:モスクワ・タイムズのサンクトペテルブルク版)、広く知られたロシア語版高級雑誌(FHM, Men's Health, Cosmopolitan[4]も発行している。2005年、インディペンデント・メディアは、フィンランドの出版グループ、サノマSanoma)に買収された。

編集長は2006年に就任したAndrew McChesney。

モスクワ・タイムズは定期的に、ロシアの優れたジャーナリストによる記事を発行している。大体においてロシア連邦の現政府に対し批判的な者が多い。2009年に、モスクワ・タイムズは「初心者向けのロシア:外国人向けロシアガイド」を外国人向けに出版。これはロシア在住の外国人によって書かれたものであり、彼等のロシアでの経験が書かれている。[5]

モスクワ・タイムズは、姉妹版である「ザ・サンクトペテルブルク・タイムズ」と同様、フィンランドに拠点を置くサノマに所有されている。

インターナショナル・ヘラルド・トリビューンと提携している。

脚注[編集]

  1. ^ About the newspaper (PDF)”. English Media Kit. The Moscow Times. 2009年4月7日閲覧。
  2. ^ Richardson, Dan. (2001). The Rough Guide to Moscow. Rough Guides. p. 56. ISBN 978-1858287003
  3. ^ Charlton, Angela. (2007). Frommer's Moscow & St. Petersburg. John Wiley and Sons. p. 63. ISBN 978-0764588990
  4. ^ a b Lawton, Anna. (2004). Imaging Russia 2000: Film and Facts. New Academia Publishing, LLC. p. 107. ISBN 978-0974493435.
  5. ^ "Russia for Beginners. A Foreigner’s Guide to Russia". The Moscow Times. March 3, 2009.

外部リンク[編集]