アダム・グリーンバーグ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・グリーンバーグ
Adam Greenberg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ニューヘイブン
生年月日 1981年2月21日(33歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 2005年7月9日
最終出場 MLB / 2012年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イスラエルの旗 イスラエル
WBC 2013年


アダム・グリーンバーグAdam Daniel Greenberg, 1981年2月21日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン出身のプロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

2002年のMLBドラフト9巡目でシカゴ・カブスに指名され契約。

2005年7月9日の対フロリダ・マーリンズ戦(ドルフィンズ・スタジアム)の9回表にウィル・オーマンの代打で出場してメジャーデビューを果たすが、バレリオ・デロスサントスが投じた初球の92mph(148km/h)の速球を後頭部に受ける死球により退場。この結果、視覚障害などの後遺症に悩まされ、メジャーでの出場はこの1打席のみに終わっていた。その後はマイナーリーグでプレーし、2008年シーズン途中から2011年まではアメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟するブリッジポート・ブルーフィッシュでプレー。彼の野球への情熱を失わず、メジャー昇格を目指す姿が、カブスファンの心を動かし、"ONE AT BAT GREENBERG"(グリーンバーグにもう1打席を)というファン主導のムーブメントを引き起こす。

2012年9月27日、2005年に後頭部死球を受けた試合の対戦相手のマイアミ・マーリンズ(当時はフロリダ・マーリンズ)からの申し出によりマーリンズと「1日限定契約」を結び、10月2日の対ニューヨーク・メッツ戦(マーリンズ・パーク)に出場させると発表され、グリーンバーグにとって7年ぶりのメジャー復帰が決まった[1]。この試合の6回裏にブライアン・ピーターセンの代打として出場し、この年奪三振王&サイヤング賞となるR・A・ディッキーの前に3球で空振り三振に終わったが、場内の観客からは温かい拍手が送られ、グリーンバーグも大喜びした[2][3]この一日だけメジャーリーグでプレーしたことで、日割り勘定されて受け取るメジャーリーガーとしての最低報酬額が$3,000となるが、これはすべて、運動選手の脳疾患を研究する財団に寄付すると発表。

2012年第3回WBCの予選にイスラエル代表として出場。[4]1回戦の南アフリカ共和国戦では代走による出場で1得点を記録。2回戦のスペイン戦では守備交代要員として出場。2回戦敗退でイスラエル代表は敗退した。両試合で打席に立つことはなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
2005 CHC 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 ---- 1.000 ---- ----
2012 MIA 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .000 .500 .000 .500

背番号[編集]

  • 17 (2005年)
  • 10 (2012年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]