良性発作性頭位めまい症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
良性発作性頭位めまい症
分類及び外部参照情報
ICD-10 H81.1
Patient UK 良性発作性頭位めまい症
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう、英:Benign paroxysmal positional vertigo:BPPV)は、耳石の異常により起こると考えられている末梢性めまいである。1921年にRobert Baranyによって報告された。めまい専門外来で診る末梢性めまいの約40%を占めるという報告がある[1]

定義(概念)[編集]

特定の頭位を取るか頭位を変換する(頭の向きを変える、寝た状態から起きあがる等)ことで数秒〜十数秒の回転性めまいを生じ、安静によって沈静化する特徴を持つ。再び頭位を変換することで回転性めまいが誘発される。しばしば嘔吐を伴う。蝸牛症状(難聴耳鳴など)は見られない。

分類[編集]

  • 後半規管型(主)
  • 外側半規管型

原因[編集]

仮説として以下のようなものがある。

診断[編集]

回転性めまいのうち「頭を動かしたときのみ起きる」「じっとしていると30秒以内で止まる」「何度も頭を動かしていると軽くなっていく」等の症状があれば、まずこれを疑う。

  • Nylen-Barany試験でめまいが誘発され、持続時間が十数秒以内であるほか、蝸牛症状が存在しないことを確認すれば診断が確定する。
  • Dix-HallPike test
患側を診断するために行う。患側が判明したら、このままEpley maneuverにうつり、治療する。
  • 患者をベッドなどに座らせ、頭を患側として疑われる左右のいずれかに45度回旋させる。
  • 患者の頚部の回旋を維持したまま患者を背臥位にして、眼振・めまいが誘発されれば陽性で、下になった側が患側。
  • 症状がみられなければ、反対に回旋させて試す。

鑑別すべき疾患としては「メニエール病」、「前庭神経炎」、「脊髄小脳変性症」、「小脳腫瘍」、「小脳障害」などがある。

治療[編集]

半規管内の浮遊物を卵形嚢に戻す浮遊耳石置換法(エプリー法英語版)が有効な治療法である。また、めまいが起こる頭位を取れば改善していくので、安静は避ける。

予後[編集]

良い。

診療科[編集]

耳鼻咽喉科

参考文献[編集]

  • 植村研一 『頭痛・めまい・しびれの臨床―病態生理学的アプローチ』 医学書院。ISBN 978-42601172722012年2月29日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ 二木隆:めまいの診かた・考えかた、医学書院、2011

関連項目[編集]

外部リンク[編集]