耳石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

耳石(じせき)は、脊椎動物内耳にある炭酸カルシウムの結晶からなる組織である。いわゆる平衡胞に含まれる平衡石であり、平衡感覚聴覚に関与する。ヒトのものは聴砂とも呼ばれる。
 魚類のものが有名で、特にイシモチの名はこれにちなむものである。その断面は木の年輪のような同心円状の輪紋構造がみられ、1日に1本が形成される。これを日輪(にちりん)と呼び、年齢推定を日単位で行うことができる。