プロジェクト:医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ:

数人のウィキペディアンが 医学関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく集まりました。これら単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです!  


「ウィキプロジェクト 医学」について[編集]

プロジェクト名[編集]

ウィキプロジェクト 医学

スコープ[編集]

このウィキプロジェクトの目的は、医学関係の記事に共通のスタイル・編集方法の提示、およびそのための議論場所の提供です。Portal:医学と医療も併せて参照してください。(ウィキプロジェクトとウィキポータルとの違い

上位プロジェクト[編集]

上位プロジェクトは今のところありません。

下位プロジェクト[編集]

他に以下のような下位プロジェクトが提案されています。カテゴリに関してはCategory:医学のノートを参照して下さい。

  • ウィキプロジェクト 診療科(∋循環器内科、整形外科、等)→開始・発展の歴史、学閥、学会、等
    英語版:WikiProject Clinical medicine
  • ウィキプロジェクト 解剖名
  • ウィキプロジェクト 生理(∋ネフロン(の正常な機能)、(正常な)骨代謝、(正常な)血行路、等)
  • ウィキプロジェクト 検査(∋徒手屈筋力テスト、24時間蓄尿検査、等)→かかる時間・痛み・値段・リスク、等
  • ウィキプロジェクト 症状(∋肥満痴呆、等)→生理的異議の歴史的変遷、社会的偏見などの歴史、等
  • ウィキプロジェクト 徴候(∋反跳痛、項部硬直、等)→発見の歴史、生理的意義、等
  • ウィキプロジェクト 疾患(∋ハンチントン舞踏病、SARS、等)→発見の歴史、疾患概念の歴史的変遷、疫学、検査(∋感度、特異度、等)、分類、診断、治療、等
  • ウィキプロジェクト 症候群(∋AIDS、、等)→疾患や病態との違い、等
  • ウィキプロジェクト 病態(∋DIC、ショック、腎不全、(異常な)骨代謝、等)→疾患や症候群との違い、等
  • ウィキプロジェクト 治療(∋Hardy法、chop療法、等)→発明・開発の歴史、かかる時間・痛み・リスク・費用、NNT、等
  • ウィキプロジェクト 生体物質 (∋ハプトグロビン、ホルモン、ビタミン、等)→ウィキプロジェクト 化学の議論と結果に準じた方が良いかと存じます。
  • ウィキプロジェクト 組織(∋脂肪、平滑筋、移行上皮、等)→ウィキプロジェクト 生物の議論と結果に準じるべき?
  • ウィキプロジェクト 器官(∋水晶体、血管、尿管、等)→ウィキプロジェクト 生物の議論と結果に準じた方が良いかと存じます。
  • ウィキプロジェクト 臓器(∋目、脳、腎臓、等)→ウィキプロジェクト 生物の議論と結果に準じるべき?

類似のウィキプロジェクト[編集]

類似のウィキプロジェクトには以下のものがあります:

参加者[編集]

このウィキプロジェクトに賛同して頂ける方は、以下に署名をお願いします。(チルダ3つ ~~~で署名ができます)

運用方法[編集]

議論はノートページで行い、議論の結果は本記事に随時反映させていきます。

記事の作成方法[編集]

医学関係の記事に共通のテンプレートのようなものはありません。

{{Medical-stub}}の扱い[編集]

医学に関連するスタブには、{{Medical-stub}}と表示することが望まれています。これを本文中に記入することで、以下のような注意文が表示されます。

表示位置ですが、本文の一番下に配置する方法と、本文の最終段落(主要な説明が掲載されている)の後で、外部リンクや参考文献が表示される部分の前に配置する方法と、2通りがあります。今後統一が望まれています。

ただし、医学に関係する単語すべてに上記テンプレートを貼付する必要はありません。臨床的に、疾病の診断・治療などに直接関係しない単語であるなら、テンプレートは省略しても構いません。

スタブのカテゴリについてはWikipedia:スタブカテゴリに纏められています。

カテゴリ[編集]

2004年10月20日現在、現在医学関係で存在するカテゴリ、または関連してくると思われるカテゴリは以下の通りです。

また、生物学とのカテゴリの衝突も将来的に問題になるかもしれません。

カテゴリについては今後の合意形成が必要です。

記事の見出しについての大まかな指針[編集]

以下はあくまで、判断に迷った際のおおまかな指針を提供するものです。「バセドウ病か、グレーヴズ病か」「川崎病か、急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群か」などの微妙な例はキリがありませんが、いちいち争わずにリダイレクトで済ませましょう :-)

  • 可能な限り日本語名称を使います。これは日本語の正式名称を出来るだけ記事名に使うという日本語版ウィキペディアの方針に従うものです。ただしローマ字やギリシャ文字をそのまま読むような一部の病名についてはこの限りではありません。
  • 普及した読みが2通り以上あって判断に迷うような場合、原語読みを優先します。
  • 可能な限り現時点での正式名称を思われるものを使います。 日本語による学会が定めた名称がよいでしょう。
  • 可能なら、エポニムではなく病態生理に基づいた普遍的な病名を用います。病気とリダイレクトの一覧エポニム (医学)等を参考にして下さい。ただし程度問題ですので、一般の医学教科書に載っていないような名称を敢えて使う必要はありません。
    • 例:×アジソン病 ×Addison病 ○慢性原発性副腎皮質機能低下症
    • 例:×高安動脈炎 ○大動脈炎症候群
  • 俗称・通称に類しそうな単語で適切な置き換え語があるなら、俗称を見出しに立てることは控えます。
  • 以上すべてにおいて、リダイレクトは適切に配置してください。

用語や記法の統一[編集]

  • 記事作成ガイドラインからの転載ですが、特に医学関係の記事で注意を要するもの
    • 人名に敬称を付けない。「患者様」といった書き方は不要(→「患者」に統一)。
    • 「わが国」といった表記はNG(日本語のウィキペディアであり、日本用のウィキペディアではないからです)。日本とする。
    • 「現在のところ」といった表記は出来る限り避ける。「2002年の時点で」等とする。特に統計などの今後変わり得るものに関して「現在の死亡率は○○%」などと書かない。
  • 日本語の職業名の語尾に用いられる「士、婦、師」は随時日本の法律にあわせる

著作権に注意・医学版[編集]

一般的な著作権の注意についてはWikipedia:ガイドブック 著作権に注意を参照。

ICD-10DSM-IVから診断基準等を引用することは、通常の教科書なら全く正当な行為です。しかし、ウィキペディアでは記事がGFDLという特殊なライセンスの元に置かれる関係上、「引用」がグレーゾーンとなるという意見があります。少なくともこれらの日本語翻訳の一つをウェブサイトや教科書から見つけてきて、そのまま一字一句転載する、といった行為は止めた方が無難です。

その診断基準は、平易な自分の言葉で置き換えても、(専門書ではなく百科事典として)問題ない程度のものではないか、確認してみてください。

一般の医学教科書等に広く引用されているが、ウィキペディア上では問題となる可能性があるものとして以下があります。表やまとまった文章について単なる転載を行うよりは、その要約などの形で紹介することが望まれます(紹介自体は何の問題もありません)。

  • TNM分類は、UICC: International Union Against Cancer等が作成し、Wiley等が出版している著作物です。
  • ICD-10やその診断基準は、世界保健機構の策定した著作物です。
  • DSM-IVの診断基準は、アメリカ精神医学会が策定・出版している著作物です。
  • その他、「○○病ガイドライン」「○○病診断基準」等に類して出版されているようなものも、大抵の場合は各学会の著作物です。

一方で、十分記憶できるほど短く、著作権者も曖昧で(少なくともそれをテーマとするような出版物がなく)、長期間医学の世界で一般的に使われてきている、という条件が揃うなら、その概念・分類・診断法は「引用」としてではなく通常の記事として書くべきです。Japan Coma Scaleや、心不全についてのNew York Heart Association(NYHA)分類についての記事は、問題なくそれに該当し、特に引用という形を取らずとも、安全に紹介が可能でしょう。