LPIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Linux Professional Institute Certification
英名 Linux Professional Institute Certification
略称 LPIC
実施国 日本の旗 日本アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国など世界180カ国以上
資格種類 民間資格
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT
認定団体 Linux Professional Institute
認定開始年月日 2001年5月
等級・称号 LPIC1 - LPIC3
公式サイト www.lpi.org
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

LPICとは、Linux Professional Institute (LPI) によって運営されているLinux技術者の技術者認定資格の名称。

概要[編集]

LPICとは、Linux技術者認定を中立公正な立場で行うための非営利団体 (NPO) であるLinux Professional Institute (LPI) によって運営されているLinux技術者の技術者認定資格の名称。「Linux Professional Institute Certification」の略であり、正式には「エルピック」と発音する。

日本国内では、東京都内に事務局をおくLPI日本支部が運営事務を行っている。試験の実施に関する業務以外にも、教育機関の支援を行うトレーニングパートナ制度の運用も行っている。

LPICの特徴として、ベンダー・メーカーに依存しない「中立」な資格であること、「世界規模」で実施されており、「世界最大」のLinux技術者認定資格で、国際標準の認定で日本だけの認定ではないことを挙げている。

2018年6月末現在、全世界のLPICの受験者総数は延べ60万人以上、日本国内では延べ20万人以上が受験しており、世界の中で日本の認定者は30%程度になっている。

LPICの試験は、世界各国からのボランティアによる業務内容分析 (JTA) や出題問題の提供によって支えられており、最終的にはLPI本部のスタッフによる出題、サイコメトリック(計量心理学)を活用した統計処理によって作成されている。

資格の種類[編集]

LPICはレベル1~レベル3までの3段階の認定が提供されている。各認定に対応する試験は、英語もしくは日本語で受験できる。

レベル1[編集]

Linuxの基本操作、システム管理の基本を中心として、Linuxディストリビューションを利用するために必要な知識を幅広く問う資格。レベル1に認定されており、101試験と102試験の両方に合格すると認定される。LPIC-1と表記されることもある。LPIC-1の概要

レベル2[編集]

Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を問う資格。レベル2に認定されており、201試験と202試験の両方に合格されると認定される。LPIC-2と表記されることもある。LPIC-2の概要

レベル3[編集]

2007年1月29日より試験および認定が開始された。レベル3の認定は、「300試験」「303試験」「304試験」の3試験で構成され、有 意なLPIC-2認定を保有し、かつ、レベル3のいずれか1試験に合格すると「LPIC-3 Specialty」に認定される。

レベル3は、専門分野ごとに試験が提供されることになっているが、2015年6月現在では、「LPI-300 Mixed Environment(300試験)」「LPI-303 Security(303試験)」「LPI-304 Virtualization & High Availability(304試験)」が提供されている。

LPI-300 Mixed Environmentでは、Sambaを中心としたファイルサーバ・ドメインコントローラ構築に関する技術的な内容が問われる。

LPI-303 Securityでは、暗号化やアクセス制御をはじめとしたセキュリティに関する知識が問われる。

LPI-304 Virtualization & High Availabilityでは、仮想化や負荷分散等が試験の主題となっている。

LPIC-3 Specialtyとして認定されるには、300試験、303試験、304試験のいずれかに合格し、有意なLPIC-2認定を保有している必要がある。

受験方法[編集]

試験は、コンピュータベース (CBT) で提供されており、随時指定のテストセンターで受験することができる。2018年8月現在、LPICの試験を受験できるのは「ピアソンVUE」のテストセンターとなっている。受験にはLPI IDの登録が必要となっており、LPIのWebサイトで取得できる。

再試験ポリシー[編集]

不合格の場合に再受験する際は、2回目は1回目の受験日の翌日から数えて7日目以降にならなければ受験できない。また3回目以降は、30日目以降でなければ受験できない。
またすでに合格した科目を再び受験するには、2年以上を経過する必要がある。

日本における認定[編集]

日本においては、2000年に設立されたLPI-Japanが長らくLPICの実施、提供およびサービスに関する独占的権利を保有しており、同団体を通じて試験が実施されてきた[1]。一方で、LPI-JapanはLPICを将来置換える目的で、2018年3月より日本独自の認定試験LinuCを開始した[2]。これに対して、LPIは同年6月にLPI日本支部を設立して日本でのサービスを開始[3]、LPI-Japanは5月31日より、LPICのバウチャー販売を停止、8月17日に受験者情報データベースへのアクセスを切断されたとして同団体によるLPICの取り扱い停止を発表した[4]。LPICの試験は、ピアソンVUEで引き続き受験できる。2018年10月にLPIはLPIC-1の新バージョンV5.0とLinuxの入門資格Linux Essentialsの日本語版をリリースした。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]