IAAFワールドリレーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IAAFワールドリレーズ
Tommy Robinson National Stadium.jpg
トーマス・ロビンソン・スタジアム
主催 国際陸上競技連盟
創立 2014年
開催時期 5月
開催地 バハマの旗 バハマナッソー
実施種目 トラック競技リレー種目
種目数 10種目 (男子5, 女子5)
サイト IAAFワールドリレーズ

IAAFワールドリレーズ(IAAF World Relays)は、国際陸上競技連盟が主催するリレー種目の国際競技大会である。世界リレー選手権大会とも呼ばれる[1][2]

概要[編集]

リレー種目だけの世界大会として2014年に新設された[3][4]オリンピック世界陸上競技選手権大会の正式種目である4×100mリレー4×400mリレー、主要国際大会では実施されない4×200mリレー4×800mリレーなど、男女計10種目が2日間の日程で行われる。4×100mリレーと4×400mリレーには参加標準記録が設けられており、この2種目は決勝で8位以内に入れば翌年に開催されるオリンピックか世界陸上競技選手権大会の出場権を早期獲得できる。また、この2種目に限りB決勝が行われ、A決勝において失格や棄権など順位がつかなかったチームが出た場合、B決勝1位のチームから順に出場権が与えられる。

大会では各種目8位以内のチームにUSドルの賞金と得点が与えられる。賞金は1位5万ドル、2位3万ドル、3位2万ドル、4位1万2千ドル、5位1万ドル、6位8千ドル、7位6千ドル、8位4千ドルで、更に世界新記録を出したチームにはボーナスとして5万ドルが用意されている。得点は1位8点、2位7点、3位6点、4位5点、5位4点、6位3点、7位2点、8位1点で、男女総合得点1位のチームには「ゴールデンバトン」と呼ばれるバトンを型どったトロフィーが授与される。なお、各種目で3位以内に入ったチームにはメダルが授与されるが、第1回大会ではメダルは授与されなかった(表彰式では花束が贈呈された)[5]

2014年に第1回大会、2015年に第2回大会がバハマナッソーで開催された。第1回大会で8位以内に入った国は2015年世界陸上競技選手権大会の出場権、第2回大会で8位以内に入った国は2016年オリンピックの出場権を獲得した[6]。2017年の第3回大会もバハマのナッソーで開催され、以降は隔年での開催になる[7]

実施種目[編集]

2015年大会実施種目[編集]

  • 4×100mリレー
    • 参加標準記録:男子39秒00、女子44秒00(記録有効期間:2014年1月1日 - 2015年4月20日)
  • 4×200mリレー
  • 4×400mリレー
    • 参加標準記録:男子3分04秒10、女子3分33秒50(記録有効期間:2014年1月1日 - 2015年4月20日)
  • 4×800mリレー
  • ディスタンスメドレーリレー(1200m + 400m + 800m + 1600m)

過去に実施された種目[編集]

大会一覧[編集]

回数 開催日程 開催国 開催都市 開催会場 総合優勝
第1回英語版 2014年5月24日 - 25日 バハマの旗 バハマ ナッソー トーマス・ロビンソン・スタジアム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第2回英語版 2015年5月2日 - 3日 バハマの旗 バハマ ナッソー トーマス・ロビンソン・スタジアム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第3回 2017年 バハマの旗 バハマ ナッソー

大会記録[編集]

太字の記録は世界記録も兼ねる

男子[編集]

種目 記録 選手 国籍 年月日 大会
4×100mリレー 37秒38 マイク・ロジャーズ
ジャスティン・ガトリン
タイソン・ゲイ
ライアン・ベイリー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月2日 第2回
4×200mリレー 1分18秒63 ニッケル・アシュミード
ウォーレン・ウィア英語版
ジャーメイン・ブラウン英語版
ヨハン・ブレーク
ジャマイカの旗 ジャマイカ 2014年5月24日 第1回
4×400mリレー 2分57秒25 デイヴィッド・ヴァーバーグ英語版
トニー・マッケイ
クリスチャン・テイラー英語版
ラショーン・メリット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2014年5月25日 第1回
4×800mリレー 7分04秒84 デュエイン・ソロモン英語版
Casimir Loxsom英語版
ロビー・アンドリューズ英語版
エリック・ソウィンスキー英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月2日 第2回
4×1500mリレー 14分22秒22 コリンズ・ケンボイ英語版
サイラス・キプラガト英語版
ジェームス・キプラガト・マグト英語版
アスベル・キプロプ
ケニアの旗 ケニア 2014年5月25日 第1回
ディスタンスメドレーリレー
(1200+400+800+1600m)
9分15秒50 カイル・メルバー
Brycen Spratling
ブランドン・ジョンソン英語版
Ben Blankenship
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月3日 第2回

女子[編集]

種目 記録 選手 国籍 年月日 大会
4×100mリレー 41秒88 ティアナ・バートレッタ英語版
アレクサンドリア・アンダーソン英語版
ジェネバ・タモー英語版
ラキーシャ・ローソン英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2014年5月24日 第1回
4×200mリレー 1分29秒45 シャロンダ・ソロモン英語版
タワンナ・メドウス
ビアンカ・ナイト英語版
キンバリン・ダンカン英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2014年5月25日 第1回
4×400mリレー 3分19秒39 フィリス・フランシス英語版
ナターシャ・ヘイスティングス英語版
サーニャ・リチャーズ=ロス
フランセナ・マッコロリー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月3日 第2回
4×800mリレー 8分00秒62 Chanelle Price英語版
マギー・ヴェッセイ英語版
Molly Beckwith-Ludlow
アリシア・ジョンソン・モンタノ英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月3日 第2回
4×1500mリレー 16分33秒58 メルシー・チェロノ英語版
ファイス・キピエゴン英語版
イレナ・ジェラガト英語版
ヘレン・オンサンド・オビリ英語版
ケニアの旗 ケニア 2014年5月24日 第1回
ディスタンスメドレーリレー
(1200+400+800+1600m)
10分36秒50 サーニャ・リチャーズ=ロス
Treniere Moser英語版
シャノン・ロウベリー英語版
アジー・ウィルソン英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年5月2日 第2回

脚注[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]