ライアン・ベイリー (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライアン・ベイリー Portal:陸上競技
PortraitRyanBailey.jpg
選手情報
ラテン文字 Ryan Bailey
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技短距離走
種目 100m
大学 アメリカ合衆国の旗 レンド・レイク大学英語版
生年月日 (1989-04-13) 1989年4月13日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 オレゴン州ポートランド
身長 193cm
体重 102kg
成績
オリンピック 100m:4位(2012年
国内大会決勝 全米選手権
100m:2位(2014年)
最高世界ランク 100m:5位 / 9秒88(2010年)
自己ベスト
60m 6秒50(2015年)
100m 9秒88(2010年, 2012年)
200m 20秒10(2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ライアン・ベイリーRyan Bailey1989年4月13日 ‐ )は、アメリカ合衆国ポートランド出身の陸上競技選手。専門は短距離走100m2012年ロンドンオリンピック男子100mファイナリスト(4位)である。

経歴[編集]

2008年[編集]

7月の世界ジュニア選手権(現・世界U20選手権)男子4×400mリレー予選でアメリカチーム(Marcus BoydBryan Miller、ベイリー、クリスチャン・テイラー)の3走を務め、3分05秒25をマークしての決勝進出に貢献した[1]。決勝でアメリカは3分03秒86をマークして優勝し、予選だけを走ったベイリーも金メダルを手にした。

2009年[編集]

5月に全米短期学生選手権(NJCAA選手権)に出場すると、男子100mは決勝で10秒07(+1.3)をマークし、アロンソ・エドワード(10秒09)を破り優勝した。男子200mは決勝でアロンソ・エドワード(20秒34)に敗れ、20秒47(-0.6)の2位に終わった[2]

2010年[編集]

2010年ダイヤモンドリーグ男子200mポイント対象最終レースとなった8月19日のヴェルトクラッセチューリッヒでは、20秒10の自己ベストをマークして3位に入った[3]。この結果、2010年ダイヤモンドリーグの男子200mでポイントランキング3位に輝いた[4]。同月29日のワールドチャレンジミーティングス・リエティ2010男子100m予選で9秒95(+1.1)をマークし、初めて10秒の壁を突破した。決勝では9秒88(+0.9)と記録を縮めたが、ネスタ・カーター(9秒78)に次ぐ2位に終わった[5]

2011年[編集]

ハムストリングスの負傷で6月の全米選手権を欠場した[6]

2012年[編集]

6月の全米選手権(兼オリンピックトライアル)男子100m決勝で9秒93(+1.8)をマーク。ジャスティン・ガトリン(9秒80)、タイソン・ゲイ(9秒86)に次ぐ3位に入り、マイク・ロジャース(9秒94)やダービス・パットン(9秒96)らに競り勝ちオリンピック代表に内定した[7][8]。8月のロンドンオリンピックでシニア世界大会デビューを果たすと、男子100m予選を自己ベストタイおよびオリンピック予選最速記録となる9秒88(+1.5)で突破[9]。準決勝もウサイン・ボルト(9秒87)に次ぐ9秒96(+1.0)の組2着で突破し、オリンピック初出場でいきなりファイナリストとなった。迎えた決勝では再び自己ベストタイの9秒88(+1.5)をマークするも、3位とは0秒09差の5位(当時)でメダルは逃した[10]。男子4×100mリレーは決勝のみの出場になり、アメリカは1走トレル・キモンズ、2走ジャスティン・ガトリン、3走タイソン・ゲイ、4走ベイリーで決勝に臨んだ[注 1]。決勝でアメリカは37秒04のアメリカ記録(当時)を樹立したものの、36秒84の世界記録を樹立したジャマイカに敗れ銀メダルに終わった[11]。しかし、翌年にタイソン・ゲイのドーピングが発覚し、2015年5月にリレーメンバー全員のメダルが剥奪された[12]。リレーの記録も抹消されたが[13]、100mの順位は5位から4位に繰り上がった[14]。8月17日のダイヤモンドリーグDNガラン男子100mを9秒93(+0.7)で制し、ダイヤモンドリーグ初勝利をあげた[15][16]

2013年[編集]

ハムストリングスの負傷で6月の全米選手権を欠場した[17]

2014年[編集]

6月の全米選手権男子100m決勝で10秒23(-1.7)をマークし、マイク・ロジャース(10秒09)に次ぐ2位に入った[18]

2015年[編集]

5月の世界リレー男子4×100mでアメリカチーム(マイク・ロジャース、ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイ、ベイリー)のアンカーを務め、決勝では37秒38の大会記録を樹立しての優勝に貢献した[19]。世界大会の4×100mリレーにおけるアメリカ男子チームの金メダル獲得は、2007年の大阪世界選手権以来8年ぶりだった[20]北京世界選手権アメリカ代表の座をかけて6月の全米選手権男子100mに出場するも、不正スタートで予選失格に終わった[21]

2016年[編集]

リオデジャネイロオリンピックアメリカ代表の座をかけて7月の全米選手権男子100mに出場するも、予選のレース中に左ハムストリングスを痛め10秒36(+3.8)で敗退した[22]2018年平昌オリンピック出場を目指してボブスレーに挑戦すると、9月21日の全米プッシュ選手権(National Push Championships)で優勝した[23]

2017年[編集]

1月に行われたボブスレーの大会のドーピング検査で興奮剤の陽性反応が出たため、2019年6月22日までの2年間の資格停止処分が下った[24][25]

自己ベスト[編集]

種目 記録 風速 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒88 +0.9m/s 2010年8月29日 イタリアの旗 リエーティ
+1.5m/s 2012年8月4日 イギリスの旗 ロンドン オリンピック予選最速記録
+1.5m/s 2012年8月5日 イギリスの旗 ロンドン
200m 20秒10 +0.4m/s 2010年8月19日 スイスの旗 チューリッヒ
室内
60m 6秒50 2015年2月14日 アメリカ合衆国の旗 シアトル
200m 20秒86 2010年1月23日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2008 世界ジュニア選手権 ポーランドの旗 ブィドゴシュチュ 4x400mR 予選 3分05秒25(3走) 決勝進出[注 2]
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 100m 4位 9秒88(+1.5) 自己ベストタイ
大会終了後に5位から順位繰り上がり
4x100mR 2位
失格
37秒04(3走)
DQ
アメリカ記録
ドーピング処分
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 優勝 37秒38(4走) 大会記録

ダイヤモンドリーグ[編集]

ダイヤモンドリーグの総合成績を記載。獲得ポイント欄の( )内は出場したポイント対象レースの数を意味する。

種目 総合順位 獲得ポイント
2010 200m 3位 4(3レース)
2012 100m 3位 6(2レース)

優勝したダイヤモンドリーグ個人種目の成績を記載。金色の背景はポイント対象レースを意味する。

大会 場所 種目 記録 備考
2012 DNガラン スウェーデンの旗 ストックホルム 100m 9秒93(+0.7)
2013 アディダスグランプリ アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク 100m 10秒15(-0.8) 大会終了後に2位から順位繰り上がり[注 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカは予選で37秒38のアメリカ記録(当時)を樹立したが、決勝では予選のメンバーを2人入れ替えた。
  2. ^ 予選のみ出場。決勝のアメリカは3分03秒86で優勝。
  3. ^ 優勝したタイソン・ゲイのドーピング処分により

出典[編集]

  1. ^ 第12回世界ジュニア選手権男子4×400mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  2. ^ 2009 NJCAA Track and Field Championships Result”. 全米短期大学体育協会. 2016年2月28日閲覧。
  3. ^ 2010年ヴェルトクラッセチューリッヒ男子200m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  4. ^ 2010 Season final points”. ダイヤモンドリーグ公式サイト. 2014年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月28日閲覧。
  5. ^ リエティ2010男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  6. ^ Oregon track & field rundown: Portland sprinter Ryan Bailey will miss the USA Championships with hamstring issues”. OregonLive.com (2011年6月18日). 2016年2月28日閲覧。
  7. ^ ガトリンとゲイが陸上男子100m五輪米国代表に”. AFPBB News (2012年6月25日). 2014年10月12日閲覧。
  8. ^ 2012年全米選手権男子100m決勝リザルト”. 全米陸上競技連盟. 2014年10月12日閲覧。
  9. ^ ボルト不満の1位突破「スタート直後につまずいた」”. スポーツニッポン (2012年8月5日). 2014年10月12日閲覧。
  10. ^ London 2012 - Event Report - Men's 100m Final”. 国際陸上競技連盟 (2012年8月5日). 2016年2月28日閲覧。
  11. ^ Jamaica crush 4x100m Relay World record - 36.84 in London!”. 国際陸上競技連盟 (2012年8月11日). 2016年2月28日閲覧。
  12. ^ 陸上=米男子リレーの五輪メダルはく奪、ゲイの薬物違反で”. ロイター (2015年5月14日). 2015年5月15日閲覧。
  13. ^ 第30回オリンピック男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  14. ^ 第30回オリンピック男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  15. ^ 五輪5位ベイリー男100制す/陸上”. 日刊スポーツ (2012年8月18日). 2014年10月12日閲覧。
  16. ^ Stockholm: Zaripova's World Lead Highlights Parade of Olympians at DN Galan”. ダイヤモンドリーグ公式サイト. 2012年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月28日閲覧。
  17. ^ Track & Field's All-Star World Team”. アメリカオリンピック委員会 (2013年6月24日). 2016年2月28日閲覧。
  18. ^ 2014年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  19. ^ 2015年世界リレー男子4×100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月28日閲覧。
  20. ^ USA Men ends Jamaica’s Sprint Relay Winning Streak”. Team Jamaica (2015年5月3日). 2016年2月28日閲覧。
  21. ^ Rupp delivers a winner but Tyson Gay has work ahead”. ロイター通信 (2015年6月26日). 2016年2月28日閲覧。
  22. ^ Disappointment for Ryan Bailey at Olympic Trials”. KGW.com (2016年7月2日). 2016年7月9日閲覧。
  23. ^ タイソン・ゲイがボブスレー大会を欠場、元チームメートが初出場で優勝”. フランス通信社 (2016年9月22日). 2016年9月23日閲覧。
  24. ^ U.S. bobsledder Ryan Bailey hit with 2-year doping ban”. ESPN (2017年12月1日). 2018年2月2日閲覧。
  25. ^ Sanctions for anti-doping rule violations in athletics as of 29 January 2018 (PDF, 154 KB) 国際陸上競技連盟(IAAF Newsletter) 2018年2月2日閲覧

外部リンク[編集]