ANA Cargo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 ANA Cargo
ANA Cargo Inc.
Ana cargo logo.svg
ANA Cargo が運航する貨物機
ANA Cargo が運航する貨物機
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-7190
東京都港区東新橋1丁目5番2号
汐留シティセンター
設立 2013年平成25年)10月1日
法人番号 4010801015407
事業内容 航空貨物事業
代表者 外山 俊明 (代表取締役社長
資本金 1億円
純利益 11億4900万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 113億2700万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 約900名
主要株主 ANAホールディングス (100%)
外部リンク http://www.anacargo.jp/
テンプレートを表示

株式会社 ANA Cargo(エイエヌエイ・カーゴ) は、日本航空貨物事業会社である。貨物航空機全日本空輸エアージャパン日本貨物航空が運航しており、貨物航空会社ではない。
貨物航空機は、主に全日本空輸が運航している。成田-ソウル線はエアージャパンによる運航でコードシェア運航を実施、成田-那覇間の一部は日本貨物航空 (NCA) の貨物機(ボーイング747)をチャーターしていた。

沿革[編集]

2013年10月1日全日本空輸 (ANA) のANA貨物事業室と、ANAロジスティクサービス株式会社の業務を統合する目的で設立された[2]2014年4月1日から営業開始した[3]

保有機材[編集]

ANA Cargo 保有機材 767-300Fと767-300BCFは、ANAの中近距離国際線などを運航するエアージャパンのパイロットが操縦、777FはANAのパイロットが担当する[4]

2018年3月23日ANAホールディングスはアジア・中国と北米間の航空貨物需要逼迫により2019年度から2機導入で運用予定(発注はANAホールディングス)を発表[5]。初号機(JA771F)は同年12月5日に引き渡された。日本着は翌年5月24日夜で、羽田空港に到着[4]。2号機(JA772F)は6月11日に米シアトルで受領し、翌12日に羽田に到着した[6]。初号機と2号機は、北米に生息する青い翼の鳥・アオカケスから「BLUE JAY(ブルージェイ)」と愛称を命名し、貨物ドア近くの機体左側後部にデザインした[6]2019年7月2日初号機就航[6]。この777F初号機が日本の航空会社で初導入[6]

画像[編集]

塗装はそれぞれの機体で少しずつ異なり、多様である。

運用路線網[編集]

主に、ボーイング767-300の貨物型機(12機)により運航しているが、一部路線では、旅客機(ボーイング777-300、ボーイング787)を貨物スペースのみ深夜定期運用(ベリー便)している。

那覇空港を深夜時間帯のハブ空港としており[7]東京/羽田東京/成田名古屋/中部大阪/関西の国内4地点と、アジアソウル/仁川上海/浦東広州青島大連天津厦門台北/桃園バンコク/スワンナプームシンガポール[8][9]ジャカルタの12地点を結んでいる。

また、国内貨物定期便として、東京/羽田、大阪/関西、札幌/新千歳佐賀の4地点に運航していて[7][10]、2018年6月4日から九州エリアの半導体や自動車産業などの製造業が集積し、貨物需要が増加している北九州路線を関西/北九州/那覇で片道週5便新たに開設予定[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]