全日空整備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全日空整備株式会社
ANA AIRCRAFT MAINTENANCE CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
560-8548[1]
大阪府豊中市箕輪3-8-1
設立 1970年4月10日
事業内容 航空機の整備・修理および改造、航空機乗務員の訓練機器の保守・整備・開発
代表者 代表取締役社長 泉 弘毅
資本金 1億円
従業員数 422名(2011年4月1日時点)
外部リンク http://www.anam.co.jp/
テンプレートを表示

全日空整備株式会社(ぜんにっくうせいび、ANA AIRCRAFT MAINTENANCE CO.,LTD.)は、かつて存在した全日本空輸(ANA)の航空機整備部門に属するグループ会社。

1970年4月10日に会社設立。主な業務は全日空が所有する機体の定時整備、ペイント、修理、改修作業、整備時に使用する器具の整備事業、また乗員訓練用のフライトシミュレータの整備を行う。

2012年10月1日にANAテクノアビエーション株式会社・ANAエアフレームテクニクス株式会社と合併し、ANAベースメンテナンステクニクス株式会社となったが、新設合併のため、全日空整備の法人格は消滅した。

会社概要[編集]

所在地

沿革[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]