2015年千葉県議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年千葉県議会議員選挙は、千葉県議決機関である千葉県議会を構成する議員を全面改選するために行われる選挙で、第18回統一地方選挙の前半戦投票日である4月12日投票が行われた。

概要[編集]

県議会議員の任期4年が満了したことに伴って実施された。46選挙区95議席に対し135名が立候補したが、18選挙区では定数と同じ候補者しか立候補せず、24名が無投票当選となり、残る28選挙区111名によって選挙戦が行われた[1]

基礎データ[編集]

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2015年4月3日
  • 投票日:2015年4月12日
  • 議員定数:95名
  • 選挙区:46選挙区(うち18選挙区で無投票)
  • 候補者数:135名(うち24人が無投票当選)。八千代市選挙区から立候補していた大沢一治については公職選挙法11条の2(被選挙権を有しない者)の規定に抵触していたため、4月7日に届け出が却下された[2]
党派 新旧別 無投票
当選
現職 元職 新人
自由民主党 54 46 0 8 (20)
民主党 21 13 0 8 (3)
維新の党 7 2 0 5
公明党 8 6 0 2
日本共産党 12 3 1 8
社会民主党 2 1 0 1
次世代の党 1 0 0 1
市民ネットワーク千葉県 2 2 0 0
無所属 28 5 3 20 (1)
135 78 4 53 24
出典:千葉県議会議員選挙区図 (PDF)”. 千葉県選挙管理委員会. 2015年4月7日閲覧。“県議選 28選挙区111人選挙戦”. 朝日新聞(千葉県版). (2015年4月4日). http://www.asahi.com/senkyo/local2015/news_images/chiba0403.html 2015年4月7日閲覧。 

選挙結果[編集]

自民党は51議席を獲得して選挙前の現有議席を維持。民主党は17議席を獲得して現有14議席から積み増すことができた。県議選初挑戦となった維新の党は新人2名が当選。公明党は8名の候補者全員が当選。共産党は5名が当選し、現有3議席から積み増した。社民党は現職1名が当選。県議選初挑戦の次世代の党は当選者を出せなかった。投票率は37.01%でこれまで最も低かった2011年の県議選における投票率(40.04%)をさらに下回って過去最低の低投票率となった[3]

  • 当日有権者数:3,994,669
  • 投票率:37.01%(前回比-3.03%)
出典:千葉県議会議員選挙投開票速報”. 千葉県選挙管理委員会. 2015年4月18日閲覧。
県議選の党派別当選者数
党派 新旧 無投票
当選
選挙前
議席
増減
現職 元職 新人
自由民主党 51 45 0 6 (20) 51 ±0
民主党 17 12 0 5 (3) 14 +3
維新の党 2 1 0 1
公明党 8 6 0 2 7 +1
日本共産党 5 3 1 1 3 +2
社会民主党 1 1 0 0 1 ±0
次世代の党 0 0 0 0
市民ネットワーク千葉県 2 2 0 0 2 ±0
無所属 9 3 1 5 (1) 8 +1
95 73 2 20 (24) 86※
出典:“自民維持、民主3増 県議選初挑戦の維新2議席”. 朝日新聞. (2015年4月13日). http://www.asahi.com/senkyo/local2015/news_images/chiba0412.html 2015年4月18日閲覧。 
※欠員9名あり

脚注[編集]

参考文献[編集]