那須氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
那須氏
家紋
一文字
十六葉菊に一文字
本姓 藤原北家長家流那須国造流?)
家祖 藤原資家
種別 武家
士族
出身地 下野国那須郡
主な根拠地 下野国那須郡
著名な人物 那須資隆(那須与一)
支流、分家 千本氏(武家)
福原氏(武家)
伊王野氏(武家)
稲沢氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

那須氏(なすし)は、日本氏族のひとつ。下野国那須郡を発祥とする。

出自[編集]

藤原北家の後裔を称し、各種系図によると藤原道長の六男・藤原長家の孫資家(貞信)を祖とし、元は須藤氏を称していたが、那須資隆(太郎)の時、那須氏を称したとされる[1][注釈 1]

一般には屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一(資隆の子)で知られるが、『吾妻鏡』によって明確に存在が確認されるのは鎌倉時代初期の那須光資からであり、与一の存在も含めそれ以前の系図や事跡・伝承には疑わしい部分も多く[注釈 2]、出自は必ずしも明らかではないが、阿倍氏の一族で那須国造家である那須直の後裔とする説がある[[#cite_note-FOOTNOTE太田1963<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000003-QINU`"'-4|[2]]]。また、光資以後の系譜についても問題があるとする見方がある。通説では光資の後を継いだとされる那須資村が那須氏惣領(当主)として認められた記録がなく、光資の弟で伊王野氏の祖とされる那須資長が惣領であったことを示す古文書(文永9年4月5日付関東下知状:『鎌倉遺文』11005号)が存在する。これは、鎌倉時代後期に光資系と資長系が惣領の地位を巡って争っており、白河結城氏の文書(「白河文書」)などで南北朝時代北朝方惣領としてその存在が確認できる那須資宿(太郎→遠江守)やその後継者とされる那須資直(周防守)など、現在の那須氏の系譜には登場しない惣領(当主)も資長系の人物であったとみられている[[#cite_note-FOOTNOTE山本2012<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000005-QINU`"'-5|[3]]]

概要[編集]

鎌倉幕府成立後は御家人となり、室町時代には最盛期を迎え、結城氏佐竹氏と並んで、関東八屋形のひとつに数えられた。しかし15世紀前半に上那須家と下那須家の二つに分裂して衰退したとされる[注釈 3]。その後上那須家は室町幕府を、下那須家は鎌倉公方古河公方を頼って勢力争いを繰り返すことになる。永正11年(1514年)、上那須家が内紛により滅亡し、下那須家の那須資房が那須氏を統一するが、その後は宇都宮氏佐竹氏との抗争に明け暮れる。天正18年(1590年)、那須資晴豊臣秀吉小田原征伐に遅参したため所領を没収されたが家臣・大田原晴清の陳謝で資晴の子・那須資景に5,000石を宛てがわれ、かろうじて改易は免れた。

関ヶ原の戦いでは東軍に属し、江戸時代には下野那須藩1万4,000石の大名となる。3代藩主那須資祗の時、2万石に加増され同下野国烏山藩転封。しかしその養子那須資徳お家騒動(幕法違反)により改易され、以後1,000石の交代寄合として那須資穀の代で明治維新を迎えた。明治に入り養子縁組で関係があった津軽氏を頼って弘前に移住した。

第二次世界大戦後、那須氏は農地改革により財産である小作地の多くを失って没落、この時期に36代当主の那須隆昭和24年に起きた弘前大学教授夫人殺人事件の被告人となり有罪が確定したが、服役後に真犯人が判明したことにより再審請求を経て無罪を勝ち取り、冤罪が証明された。事件発生から再審無罪確定まで約30年を要しており、その間那須氏は代々の支援者の殆ど全てを失った上に、助力を申し出る詐欺師にも度々翻弄され、文字通り廃絶寸前まで追い込まれたが、「自分で自分に強くなればそれでいい」との一心で那須隆は出所後も弘前へ留まり続け[5]、僅かに残された那須氏血縁者の支えにも助けられた事により、新たな職や家族にも巡り合い生活の安定を取り戻し、戦国期以来最大の家名断絶の危機を免れている[6]。那須隆は2004年(平成16年)に、那須氏ゆかりの地として知られる栃木県大田原市道の駅那須与一の郷」がオープンした[7]際、戦後の困窮と40年に渡る裁判闘争中の散逸を免れた家宝など701点を大田原市へ寄託し[7][注釈 4]2007年(平成19年)10月に「那須与一伝承館」が開館すると、その名誉館長に就任している[7]2008年(平成20年)1月24日に那須隆は84歳で逝去し[7]、2016年現在は那須正美が37代当主を務めている[8]

なお、この他に鎌倉時代に備中国荏原荘に下った那須氏の庶流が存在し、那須与一の伝説などは備中那須氏において伝承され、中世後期まで下野那須氏ではほとんど認識されていなかったとする指摘もある[注釈 5][[#cite_note-FOOTNOTE山本2012<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000015-QINU`"'-15|[10]]]

一族[編集]

須藤家[編集]

那須家[編集]

  1. 那須資隆(太郎)
  2. 那須資隆(初名宗隆、与一)
  3. 那須資之(初名之隆、五郎)
  4. 那須頼資肥前守宇都宮氏の縁者)
  5. 那須光資(肥前守)
  6. 那須資村(肥前守)
  7. 那須資家加賀権守
  8. 那須資忠安芸守
  9. 那須資藤備前守
  10. 那須資世越後守
  11. 那須資氏刑部大輔
  12. 那須資之(越後守)

上那須家[編集]

  1. 那須資之
  2. 那須氏資大膳大夫
  3. 那須明資(大膳大夫)
  4. 那須資親(大膳大夫)
  5. 那須資永(太郎、資親養子。実父は結城義永

下那須家[編集]

  1. 那須資重(五郎、資之弟、初め沢村姓)
  2. 那須資持越後守
  3. 那須資実伊予守
  4. 那須資房修理大夫、上那須家滅亡後は統一那須家初代)

統一那須家[編集]

  1. 那須資房
  2. 那須政資壱岐守
  3. 那須高資修理大夫
  4. 那須資胤(修理大夫)
  5. 那須資晴(修理大夫、小田原征伐に遅参し改易
  6. 那須資景左京大夫那須藩
  7. 那須資重美濃守
  8. 那須資弥遠江守、実父は青木利長烏山藩
  9. 那須資徳(与一、実父は津軽信政
  10. 那須資隣
  11. 那須資虎
  12. 那須資明
  13. 那須資礼(与一、実父は佐竹義方
  14. 那須資興(実父は本庄宗秀
  15. 那須資穀

氏族・家臣[編集]

那須七騎[編集]

千本氏[編集]

大田原氏(大俵氏)[編集]

大関氏[編集]

福原氏[編集]

蘆野氏[編集]

伊王野氏[編集]

その他の支族・家臣[編集]

系譜[編集]

支配城[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「山内首藤系図」や「那須系図」の一本(いずれも『続群書類従』巻第149所収)では、藤原師尹の孫・為任の後裔とする。
  2. ^ 那須氏はたびたび分裂していた上に、現存の那須氏系譜で最古のものは元和年間(矢板市観音寺所蔵「那須系図」)であり、中世期の系譜が現存していない。
  3. ^ ただし、14世紀後半の段階で上那須家の特徴である「仮名:太郎・受領名:大膳大夫」を名乗る人物と下那須家の特徴である「仮名:五郎・受領名:越後守」を名乗る人物がともに登場するようになっており、南北朝時代には既に両那須氏の分裂が始まっていたとする見方もある[[#cite_note-FOOTNOTE江田2008<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000007-QINU`"'-6|[4]]]
  4. ^ 那須与一伝承館パンフレット - 5ページ目に記載の「太刀銘成高」とその拵(こしらえ)も、屋島の戦いで与一が腰に帯びていたとされる那須家の伝来品であり、国の重要文化財である[7]
  5. ^ 文和4年(1355年)の東寺合戦において「那須五郎」が参陣しているが、那須五郎が先祖の武勇を語る同一エピソードを取り上げている筈の『太平記』と『源威集』が全く違う話を伝えている。前者は備中の那須五郎が那須与一の扇の的の故事を取り上げ、後者は那須備前守資藤(五郎)が奥州での戦いの時に那須資忠が源頼義から鎧を与えられた故事を取り上げられている。これは那須与一の伝説の担い手が西国の那須氏であって、東国の那須氏の間では認識されていなかったことを示しているとされる。なお、当時の状況からして東西の那須五郎がともに足利軍の一員として東寺合戦に参加していた可能性が高いものの、『太平記』も『源威集』も両者の存在が分別されずに描かれている[9]

出典[編集]

  1. ^ 「那須系図」(『続群書類従』巻第149所収)、「那須系図」(『下野国志』所収)、「田原族譜」など。
  2. [[#cite_ref-FOOTNOTE太田1963<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000003-QINU`"'_4-0|^]] 太田 1963, p. [要ページ番号].
  3. [[#cite_ref-FOOTNOTE山本2012<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000005-QINU`"'_5-0|^]] 山本 2012, p. [要ページ番号].
  4. [[#cite_ref-FOOTNOTE江田2008<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000007-QINU`"'_6-0|^]] 江田 2008, p. [要ページ番号].
  5. ^ 弘前大学アムネスティ・クラブ、福島至「インタビュー いまも続く、冤罪の苦しみ - 那須隆氏に聞く」、『法学セミナー』第37巻第1号(通巻第445号)、日本評論社、1992年1月、 84-88頁、 ISSN 04393295NAID 40004892366、88頁。
  6. ^ 鎌田慧 『弘前大学教授夫人殺人事件』 新風舎〈新風舎文庫 か-138〉、2006年(原著1978年)。ISBN 978-4797489910194頁。
  7. ^ a b c d e 井上安正 『冤罪の軌跡 - 弘前大学教授夫人殺害事件』 新潮社新潮新書 402〉、2011年ISBN 978-4106104022198-202頁。
  8. ^ 「平家物語」の那須与一の子孫、那須家37代目ご当主にお話をうかがいました - アイデアニュース、2016年10月31日。
  9. ^ 山本 2012, p. 229-235.
  10. [[#cite_ref-FOOTNOTE山本2012<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年7月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000015-QINU`"'_15-0|^]] 山本 2012, p. [要ページ番号].

参考文献[編集]

系譜参考文献

関連項目[編集]