大田原晴清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大田原晴清
Ootawara Harukiyo.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄10年(1567年
死没 寛永8年2月5日1631年3月7日
戒名 奪勝院殿印国永金大居士
墓所 栃木県大田原市山の手 光真寺
官位 従五位下右兵衛[1]備前[1][2]
幕府 江戸幕府
主君 那須資晴徳川秀忠家光
下野大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原綱清、母:角田源左衛門
兄弟 晴清増清勝政忠為勝清典清
福原資広正室、大関清増正室、伊王野資友
那須資貞
政清資清福原資盛室、大田原延清室、大田原政継室、岡本義政[3]

大田原 晴清(おおたわら はるきよ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名下野大田原藩初代藩主。

生涯[編集]

大田原氏の独立[編集]

永禄10年(1567年)、大田原綱清の子として誕生。天正13年(1585年)、那須資晴宇都宮国綱との戦いである薄葉ヶ原の戦いで父・綱清や弟・増清と共に参じたのが初陣。

天正18年(1590年)に大田原氏の家督を継ぐ。同年の小田原征伐に参じる為に駿河国沼津豊臣秀吉に謁見した際には、弟・増清が既に豊臣秀吉と謁見を済ませていた事もあって主君・那須資晴が所領を没収され、他の那須七騎の諸氏も減封処分を受ける家が出る中で大田原氏は7,100石の所領を安堵された。この時に秀吉より備前国勝光・宗光両作の太刀を賜った事から備前守を称した。

小田原落城後は降服した成田氏長忍城接収の任を浅野長政に属して務めた。戦後、晴清は遅参の罪を問われて所領を没収された那須氏の再興を願い出る為、資晴の息子・資景(藤王丸)を伴い、奥州仕置の中途で大田原城に着陣した秀吉に陳謝し、その甲斐有ってか那須資景は新たに秀吉から5,000石を与えられ、那須氏は小さいながらも領主として復活する事が出来た。

文禄元年(1592年)の文禄の役の際には名護屋城まで出陣したが渡航はしなかった。

関ヶ原の戦い[編集]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、上杉景勝の所領の様子を諜報し徳川家康に報告を入れている。同年6月には石川重次内藤忠清らを奉行とした歩卒1,000人余りを大田原城に迎え、陸奥国境の城郭修造の任にあたった。この時、徳川秀忠から境目の往来禁制の事も重ねて申し付けられている。更に同じ月に援軍として皆川隆庸服部正成らが大田原城に入り、長筒の大砲十挺が配備された。

7月24日には大関資増伊王野資信らと共に下野国小山に参じ家康に謁見。上杉景勝南進の際には大田原城に籠城するよう申し付けられ、家康から正恒の太刀と黄金100両、秀忠から金熨斗付きの長船師光の刀を与えられた。8月25日には家康より書状で景勝が人数を出すに及んだ時は速やかに注進する事を命じられている。

関ヶ原の戦いで家康率いる東軍が勝利した後には下野森田に800石を加増され7,900石に加増。慶長6年(1601年)7月に服部正成が大田原城を去る際には対上杉用の備えとして持ち込まれた徳川軍の大砲十挺のうち三挺がそのまま大田原城に与えられた。

慶長7年(1602年)7月には関ヶ原で西軍に属して改易された陸奥の相馬義胤の居城であった相馬中村城の守備に弟・増清と共にあたり、同年12月25日に下野芳賀郡那須郡、陸奥磐城郡に4,500石を加増され、合わせて1万2,400石を領する大名となり大田原藩を立藩した。

江戸時代[編集]

慶長19年(1614年)9月に安房国里見忠義が改易された際には一族と共に館山城の接収を行い、同城の守衛として暫く入った。また同年冬からの大坂冬の陣では徳川方として本多正信に属して参陣し、翌年の大坂夏の陣でも本多正信に属して戦い敵の首を70個挙げた。

元和3年(1617年)には徳川秀忠の上洛に近従し、京から戻った後の8月から12月まで駿府城の城番を務めた。元和8年(1622年)に出羽国最上義康が改易された時も弟・増清と共に同年の9月から10月まで山形城に入って守備にあたっている。

元和9年(1623年)にも秀忠の上洛に供奉。寛永2年(1625年)に従五位下叙任。寛永4年(1627年)3月には酒井直次と共に陸奥二本松城の城番を務めた。

寛永8年(1631年)、江戸で病死した。享年65。家督は長男・政清が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大田原家譜』
  2. ^ 『寛永諸家系図伝』
  3. ^ 大田原晴清の四女について、岡本義保室とする説があるが、義保室は寛永19年(1642年)に62歳で没しているため、生年を逆算すると天正9年(1581年)となり、大田原晴清が15歳の時に生まれた事になるが、義保室とされているのは晴清の四女であり、さらには、兄であるはずの大田原政清の生年である慶長17年(1612年)を大きく上回る事になってしまうため、整合性がとれない。他方、大田原氏の系図には、晴清の四女は義保の子である岡本義政室であると記しており、岡本氏系譜でも義政室と記しているため、晴清の娘を義保室とするのは誤解である。

出典[編集]

外部リンク[編集]