千坂氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千坂氏(ちさかし、ちざかし)は、上杉氏の重臣で四家老家の一つ。江戸時代家格は侍組分領家。

発祥[編集]

千坂氏は長尾氏石川氏などと同じ上杉氏の根本被官である。本姓藤原氏家系については後に犬懸上杉庶流を名乗るが、鎌倉時代にも活動記録があり、整合性が取れず(上杉家分裂は南北朝期)、元々は那須氏もしくは狩野氏の系統だったといわれ、南北朝期以後、犬懸家庶流の者が、譜代の臣・千坂家を継いだとも考えられるが、信憑性のある有力な資料は見つかっていない。

鎌倉時代から安土桃山時代[編集]

上杉氏に仕えた時期は鎌倉時代と推測されるが、はっきりと名前がみえるようになるのは南北朝時代である。もとは犬懸上杉家の家臣であり、上杉朝宗のもとでは武蔵守護代を務めるなど家臣筆頭の地位にあった[1]上杉禅秀の乱の後には越後守護上杉家の家臣として現れ、越後国蒲原郡白河庄女堂村(新潟県阿賀野市女堂)の鉢盛城を本拠とした。

上杉謙信が上杉の名跡を継いだ後は、千坂景親(対馬守)が謙信の重臣となった。景親は、謙信の家臣の中にあっては、謙信を本営にて警固する、いわば親衛隊的な立場にあり、そのため謙信の本営が敵襲により危機に陥らないかぎり、景親には出動の機会はなかった。それが謙信の他の重臣と比して千坂景親の名前が上杉謙信の合戦記になかなか登場しない理由でもある。[要出典]

謙信の没後は、上杉景勝に仕える。主家の会津移封後は陸奥国大沼郡に5500石を受領。関ヶ原の戦いの戦後処理で徳川氏との折衝役を務め、その後米沢藩の初代江戸家老となった。

江戸時代以降[編集]

江戸時代は米沢藩の重職を務め、赤穂事件忠臣蔵)の話題で有名になった江戸家老・高房(経緯の詳細は「千坂高房」と「千坂高雅」を参照)や七家騒動上杉治憲竹俣当綱莅戸善政らの免職を要求して隠居閉門に追いこまれた千坂高敦戊辰戦争の際の米沢藩司令官であり明治時代の貴族院議員の高雅らが著名である。江戸時代の系図は「米沢藩#分領家(14戸)」を参照。

一族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山田邦明 「犬懸上杉氏の政治的位置」 『千葉県史研究』第11号別冊中世特集号『中世の房総、そして関東』、2003年。

関連項目[編集]