山田邦明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 邦明(やまだ くにあき、1957年12月18日[1] - )は、日本歴史学者。専門は日本中世史。愛知大学教授。

経歴[編集]

新潟県中魚沼郡川西町(現・十日町市)生まれ。芝中学校・高等学校を経て1981年東京大学国史学科卒、1984年同博士課程中退、同大史料編纂所助手、助教授を経て、2008年愛知大学教授。1997年「鎌倉幕府と関東」で東大文学博士

著書[編集]

単著[編集]

  • 『鎌倉府と関東 中世の政治秩序と在地社会』 校倉書房1995年
  • 『戦国のコミュニケーション 情報と通信』 吉川弘文館2002年
  • 『戦国の活力 戦国時代』 小学館〈全集日本の歴史 第8巻〉、2008年
  • 『室町の平和』 吉川弘文館〈日本中世の歴史 5〉、2009年
  • 『日本史のなかの戦国時代』 山川出版社〈日本史リブレット〉、2013年
  • 『鎌倉府と地域社会』 同成社、2014年

共著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年