山本隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 隆志(やまもと たかし、1947年4月8日[1] - )は、日本中世史学者、筑波大学名誉教授

群馬県生まれ。1971年東京教育大学史学科卒、76年同大学院文学研究科博士課程中退[2]。1993年「荘園公領制展開過程の研究」で筑波大学文学博士。筑波大学助教授教授、2012年定年退官名誉教授。専攻は日本中世史。

著書[編集]

  • 『荘園制の展開と地域社会』刀水書房 1994
  • 新田義貞 関東を落すことは子細なし』ミネルヴァ書房 ミネルヴァ日本評伝選 2005
  • 『東国における武士勢力の成立と展開 東国武士論の再構築』思文閣出版 2012
  • 山名宗全 金吾は鞍馬毘沙門の化身なり』ミネルヴァ書房 ミネルヴァ日本評伝選 2015

編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 研究者情報