伊王野氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊王野氏
家紋
本姓 藤原北家長家流那須支流
家祖 伊王野資長
種別 武家
士族
出身地 下野国那須郡伊王野
主な根拠地 下野国那須郡伊王野
常陸国
著名な人物 伊王野坦
伊王野資宗
伊王野資信
伊王野資友
支流、分家 伊王野氏分家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

伊王野氏(いおのし、いおうのし)は藤原氏長家流那須氏の一族で下野国那須郡伊王野発祥の氏族


概要[編集]

元暦2年/寿永4年 (1185年)屋島の戦いで扇を射落として名を挙げた那須与一(宗隆、のち資隆)は十人いた兄達を押しのけて那須氏惣領となるが、諸事情により兄資之家督を譲り隠居したという(なお、与一は架空人物とする説もある)。

資之の実子は既に他家の養子となっていたため、与一の下の異母弟で宇都宮朝綱の娘を母とする(または従兄弟で娘婿にあたる宇都宮朝綱の子である)那須資頼を婿に迎え、家督を相続させた。

資頼は後に源頼朝の偏諱を受けて、那須頼資と名を改めた。その頼資の後を嫡男、那須光資が那須氏の家督を継いだが、その光資の弟で頼資の次男が伊王野氏初代となる次郎資長である。伊王野資長は後に左衛門尉となり伊王野次郎左衛門尉と称した。弟には、三郎朝資(荏原氏祖)、四郎広資(味原氏祖)、五郎資家(稲沢氏養子)、六郎資成(河田氏祖)、七郎資親沢村氏祖)らがいた。次男であった資長は弟たちを従えるなどしたため大きな勢力を誇り、那須七騎の筆頭となった。ただし、那須光資の没後に資長の系統が鎌倉幕府から那須氏の惣領家として認められ、その子孫から南北朝期においても惣領を輩出していたとする説もある[1]

延応元年(1239年)に資長が伊王野に伊王野館を築いて伊王野氏を名乗ったのが始まり。12代の伊王野資保までこの伊王野館に在住したが、13代の伊王野資清長享年間(15世紀後半頃)に背後の山に伊王野城を築いて乱世に備えた。15代の伊王野資広の時、資広に子がないため、同族の稲沢氏より養子を迎え、17代の伊王野資真となった。それらの過程を経て戦国時代に伊王野氏も突入し、18代の伊王野資直、19代の伊王野資宗の時代に那須氏を助けて勢力拡大させたが、時には那須氏に弓を引くこともあった。

天正18年(1590年小田原征伐に遅参したため、戦後豊臣秀吉により本領の735のみを安堵されたが、文禄・慶長の役関ヶ原の戦いで活躍し、江戸時代には旗本として家名を保った。しかし、無嗣断絶となり、子孫は水戸藩大田原藩鳥取藩などに仕えた。

鳥取藩に仕えた伊王野資壽の子である伊王野資年の末裔には明治時代政治家蘭学者(洋学者)伊王野坦を輩出した。

伊王野氏の著名な人物[編集]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
那須頼資
 
 
 
伊王野資長1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資遠2資親3沢村長満矢田長吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資砥資忠4
 
 
 
資義5
 
 
 
資秀6
 
 
 
資政7
 
 
 
資則8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資直資綱9
 
 
 
資久10
 
 
 
資光11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資保12資清13
 
 
 
資時14
 
 
 
資広15
 
 
 
資真17[※ 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資直18資勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資宗19大蔵薩摩守
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資信20直清23小田切直久五兵衛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資重資友21資壽小滝直秀沢村憲能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資直24資房22資年田中某
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資忠25資勝資起鳥取藩士
 
 
 
 
 
 
 
(略)
水戸藩士大田原藩士資明(坦)
 
 
 
 
資節26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資英27近藤忠行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資明28大内種全
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資生29[※ 2]資敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清愼[※ 3]資信30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資信平吉某資秀31資利
  1. ^ 稲沢弾正の子。
  2. ^ 小野修敬の3男。
  3. ^ 永田清嗣の2男。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本隆志「白河結城家文書のなかの那須文書」(初出:村井章介 編『中世東国武家文書の研究』(高志書院、2008年)/改題所収「関東御家人那須家の成立と東・西での展開」山本『東国における武士勢力の成立と発展』(思文閣出版、2012年) ISBN 978-4-7842-1601-7

参考文献[編集]

系譜参考[編集]