那須資隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
那須資隆
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 太郎
氏族 那須氏
父母 父:須藤宗資
兄弟 須藤隆良資隆
宇都宮朝綱娘?
森田光隆(太郎)、佐久山泰隆芋淵幹隆福原久隆資之(五郎)、滝田実隆
沢村満隆堅田義隆稗田朝隆
千本為隆(十郎)、資隆頼資?

那須 資隆(なす すけたか)は、平安時代後期の武士那須氏初代当主。那須与一の父。

出自[編集]

那須氏は、藤原北家藤原道長の曾孫で下野国那須郡に下向し、須藤貞信と称した藤原資家を祖とする。以後須藤氏を名乗っていたが、資隆の代から那須氏に改姓したという。

略歴[編集]

須藤宗資(那須武者所)の子として誕生。

元々、源氏方の武士であった那須氏(須藤氏)は、平治元年(1160年)に勃発した平治の乱において、源義朝に従った須藤資満資清が敗死している。しかし、資隆の頃には平氏寄りの立場をとったため、義朝の遺児・源頼朝治承4年(1180年)に伊豆国で挙兵した際も、従ったのは資隆の子のうち十郎為隆と与一(宗隆、のち資隆)のみであり、残り9人の兄達は平氏に与した。

十一男・与一は、治承・寿永の乱の際、源氏方に与し元暦2年/寿永4年(1185年)の屋島の戦いなどで活躍し、兄達を差し置いて那須氏当主となったと伝えられる。四男・福原久隆那須七騎の一角・下野福原氏の祖であり、十男・為隆は同じく那須七騎・千本氏の祖である。五男・資之は与一の跡をうけて那須氏当主となった。他の子達もそれぞれ那須氏の支族の祖となり、那須氏の発展の礎となった。

4代当主・頼資も資隆の庶子とする説もある。