諏訪バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道20号標識
諏訪バイパス
国道20号バイパス
路線延長 未定(約 14km
開通年 1981年 -
起点 長野県茅野市宮川
終点 長野県諏訪郡下諏訪町東町中
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0142.svg国道142号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

諏訪バイパス(すわバイパス)は、長野県茅野市から同県諏訪市を経由し、同県諏訪郡下諏訪町にかけて計画・整備されている国道20号バイパスである。

現在は茅野市側約3kmのみ供用しており、残り約11km区間は計画段階評価の手続中である。

概要[編集]

道路諸元[編集]

長野県茅野市宮川付近

概説[編集]

諏訪IC関連事業として整備された区間
(諏訪市沖田町4丁目にて)

当該道路は諏訪盆地における国道20号現道の慢性的な渋滞を分散・解消させる為、1970年代に茅野市から岡谷市に至る全長19.2kmの道路として計画された[1]1971年にルート案を公表し、翌72年12月には茅野市宮川から下諏訪町東町中の国道142号接続部までの14.6kmの都市計画を決定[1]。 このうち茅野市宮川の中河原北交差点から諏訪市四賀の飯島交差点までの区間は 1981年中央自動車道諏訪IC開設に合わせ、インターへのアクセス向上を図る“諏訪インター関連事業”として同年3月と1996年7月にそれぞれ暫定2車線で供用された[2]。この区間の用地は将来的に4車線拡幅できるよう用地確保されている。

一方、諏訪市四賀から下諏訪町東町中までの約11km区間においては、一部地域において“地域が分断される”との声が上がるなど計画ルートの地元理解が得られず、長期間に渡り事業の進展が見られなかった事から、1991年国土交通省が計画の白紙化を表明するに至った[3]。 しかしながら、当該区間は幹線国道の一部を成す関係で大型車等の往来も多く、狭隘・屈曲区間が続く域内にはJR中央本線との踏切が2箇所存在するなど、物流ネットワークのボルトネックとなる状況が続いた[2]。 地域では、多発する渋滞やそれに伴う追突事故の増加、第3次救急医療施設である諏訪赤十字病院へのアクセス強化が喫緊の課題となっており、加えて2006年7月の豪雨では域内の中央自動車道と国道20号が共に全面通行止となるなど、その脆弱性も指摘された[2][注釈 1]。 こうした状況を踏まえ、国道20号の安全性・定時制を確保して域内の“命の道”としての機能を守り、産業・観光面の振興をインフラ面から支えるべく、2013年5月に国土交通省は事業化に向けてルート等を再度検討する計画段階評価手続きに入る事を表明[3]2014年7月には(1)現道拡幅案や(2)当初の都市計画ルート案、都市計画案より山側を切り土や盛り土、橋梁、トンネルでバイパスする(3)山側ルート案を提示し、同年9月と10月に実施したアンケートの結果も踏まえた上で比較検討を行い、(3)の山側バイパス案を整備計画とする方針を示した[4]2016年4月開催の関東地方整備局関東地方小委員会では国土交通省方針が了承されており、今後は正式な対応方針決定を経て3年程度の時間を要し環境影響評価を行うと同時に都市計画変更等の手続きが取られ、詳細ルート・設計を決定する事となる[4]

将来的には、起点側(甲府・東京方面)で接続する坂室バイパスや、終点側(岡谷方面)で接続する下諏訪岡谷バイパス[注釈 2]と一体的に諏訪地域における広域ネットワークを形成し、諏訪湖を挟んで南側を通る中央道と北側を通る国道20号とでダブルネットワークが構築される予定である。

接続道路[編集]

茅野市
国道20号 国道152号
諏訪市
中央自動車道諏訪IC県道183号県道487号、(国道20号、県道424号県道40号
下諏訪町
岡谷市
注:()の中は接続予定の道路

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後、2013年9月の台風18号でも国道20号は全面通行止になっている。
  2. ^ 現在事業中で2020年度頃の全通を見込む。

出典[編集]

  1. ^ a b “国道20号諏訪バイパス(過去の経過について)”. 諏訪市公式ページ (諏訪市国道バイパス推進室). (2009年3月25日). http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=1046 
  2. ^ a b c 一般国道20号長野県諏訪市~下諏訪町間 計画段階評価説明資料(国土交通省関東地方整備局)2013年11月15日 (PDF, 6.84 MiB)
  3. ^ a b “国道20号バイパス諏訪-下諏訪間 山側ルート帯案決定へ”. 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2016年3月30日) 
  4. ^ a b “国道20号諏訪バイパス未着手区間 山側ルート案了承”. 長野日報 (長野日報社). (2016年4月13日) 

関連項目[編集]