八王子南バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道20号標識
八王子南バイパス

八王子南バイパス(はちおうじみなみバイパス)は、国道20号バイパス道路東京都八王子市国道16号八王子バイパス)から圏央道高尾山ICを接続する道路として計画されている。八王子3・3・2号線に属し、東京八王子線の一部を構成する。2010年(平成22年)7月31日町田街道以西が開通した。トンネル掘割高架が多用され、既存道路との交差は大部分が立体交差となる予定である。

概要[編集]

[1]

歴史[編集]

  • 1997年平成9年)2月24日 : 都市計画決定。
  • 1997年度(平成9年度) : 事業化。
  • 2001年度(平成13年度) : 工事着手。
  • 2010年(平成22年)7月31日 : 館町(町田街道) - 南浅川町(高尾山IC)間が開通[2]
  • 2015年(平成27年)3月27日:大船町(八王子城山線) - 寺田町間の地上部が暫定2車線で開通[3]
  • 2021年(令和3年)4月27日:大船町 - 館町間が今後5か年程度で開通することを公表[4]

路線状況[編集]

町田街道以西[編集]

この区間は、歩道がないため歩行者は通行禁止。また自転車通行止めの規制もされている。原付および自動車が通行可能。

当区間の開通に伴い、既存の国道20号側は首都圏中央連絡自動車道高尾山ICとの十字路交差点となり、当バイパスへ乗り入れる形へ変更された。

町田街道以東[編集]

この区間は、歩道も整備されるため歩行者も通行可能。自転車も側道を通行可能となる。

構造物[編集]

  • 浅川トンネル(延長1,839 m)

地理[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国道20号 八王子南バイパス”. 国土交通省関東地方整備局相武国道事務所. 2022年9月16日閲覧。
  2. ^ 国道20号八王子南バイパス(八王子市館町〜南浅川町)が7月31日(土)に開通します (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局相武国道事務所 (2010年6月23日). 2022年9月16日閲覧。
  3. ^ 国道20号八王子南バイパス(八王子市大船町〜同市寺田町)が平成27年3月27日(金)14時から暫定2車線で開通します。 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局相武国道事務所 (2015年3月17日). 2022年9月16日閲覧。
  4. ^ 防災・減災、国土強靱化に向けた道路の5か年対策プログラム(関東ブロック版)を策定〜今後5か年の目標を示し、取り組みを重点的かつ集中的に実施〜 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 (2021年4月27日). 2022年9月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]